• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結露をピタリと止める裏ワザ!どの家庭にもあるアレで対策!

Date:2016.03.02

1画像8・TOP用

冬になると出てくる悩みがあります。それは、窓に溜まる水、「結露」です。

結露になると部屋が湿気たり、

  • カビ
  • ダニ

の原因にもなってしまいます。

「でも結露を防ぐ方法って換気したり、単純に拭き取るだけでしょ?」という声が聞こえてきそうですが…。実は結露を防ぐ画期的な方法があるんです。

少し手間をかけるだけで今までよりも結露になりにくくなるので試してみてください。

1画像2

※最終更新日:2016年3月2日

用意するものはたったこれだけ!どれも家にあるものばかり!

1画像3

  • バケツや容器
  • 計量カップ
  • 食器洗い用の洗剤
  • タオル

1.計量カップで水1リットルを量ります

1画像4
最初に水を1リットル量ります。1リットル量ったら、用意しておいた容器に水を入れます。

2.洗剤を量ります

1画像5
食器用の洗剤を量ります。だいたい50ミリリットル~100ミリリットル程度が良いと思います。結露が激しいという人は100ミリリットルにしておきましょう。

1画像6

今回は約70ミリリットル使用しています。

3.水を入れた容器に洗剤を投入します

1画像7

洗剤もさっきの容器に一緒に入れます。これで下準備は完了です!

4.あらかじめ、窓の水滴を拭き取っておきます

1画像8
用意しておいたタオルとは違うタオルで、窓に付いている水滴や汚れを取っておきます。

しっかりと拭き取っておかないと効果が半減してします。念入りに作業しましょう。

5.容器にタオルを入れる

1画像10
先ほど水と洗剤をいれた容器にタオルを入れます。

1画像11

水と洗剤がしっかりと混ざるようにタオルや手で泡立てるようにするのがポイントです!

5.タオルを絞って完成!

1画像13

写真くらい泡だったら、あとはタオルを絞るだけです。

6.窓を拭いていきます

1画像14

タオルで窓を拭いてきましょう。しっかりと力を込めて拭きます。

1画像15

このようにアルミ製の窓枠の場合は、この枠にも結露が出来ます。ここも忘れないように拭いておきましょう。

1画像16

そもそも結露が起こる原因は、部屋と外の温度差が激しく、部屋の中にある水蒸気が冷えて水に戻るという仕組みでによるものです。

ここで食器用の洗剤を使ったのは、水をはじかせて結露を防ぐ為です。食器用の洗剤には【ノニオン界面活性剤】という成分が配合されています。この成分は水分を弾く性質があるのでそれを利用した裏ワザになります。

長期間続く方法ではありませんが、この方法を使うのと使わないのでは断然効果が違うので、一度お試しください。

除湿機やエアコンの除湿機能も併用して効果を長持ちさせましょう!

1画像1

より長く、結露をしないようにするには部屋を除湿する事も大切です。

そのためには、

  • 除湿機
  • エアコンの除湿機能

を併用して使うと良いです。

身近にあるものだけで出来る方法なので、是非定期的に行ってみてください。

この記事をシェアする

関連記事

コメント

コメント一覧

  • Nkjhujhuh より:

    海面活性効果で見えなくなるだけで水の量は変わらんと思うのは私だけ?
    水をはじかせてって言い方してるぐらいだから化学をまるで理解してないアホだからしょうがないかw
     

    • Toimatsu より:

      あなたは人にものを言う言い方をご存じでないようですね。

    • Why より:

      「室内に存在する水の量」なら確かに変わらないでしょう、しかしそんなことを問うて何の意味があるのでしょうか。

    • Anony より:

      「海面活性効果で見えなくなるだけで水の量は変わらんと思うのは私だけ?」(キリッ

    • shiomagaru より:

      撥水性があれば結露しにくいことは素朴に考えてもわかります。
      水の量?海面?
      化学の前に簡単な科学を学んだらどうでしょうか。

    • 7474 より:

      化学とか持ち出して目的結果をすり替えてる朝鮮脳は帰れ

    • xxx より:

      確かに”水をはじかせて”というのは疑問。

      フッ素系やシリコン系の界面活性剤ならいざしらず、親水性の高い食器用洗剤の場合、ドライヤー等で乾燥させて完全に皮膜化させないと撥水効果は期待できない気がする。
      (結露の発生するような湿度の高い環境ならなおさらの事。)
      界面活性剤の親水効果によって水の表面張力が無くなり、水滴が玉にならず表面に滑らかに馴染んで目立ちにくくなるというのが目的ならばわかるが、撥水を期待するならば、素直に撥水用コーティング剤を使ったほうが
      良いと思う。手間もコストもほとんど変わらず、効果の持続性も高いので 。

  • 中山昇太 より:

    界面を海面と書いたりするのは変換ミスだとしても、撥水効果じゃないでしょ?
    界面活性剤って表面張力を無くすんだから水滴が出来ずに馴染んだ状態になるんじゃないですか?

  • Violin より:

    んで結局結露は出来るの出来ないの?
    窓に結露しないとしたらその水分はどうなるの?
    教えて偉い人w

  • Ray-kan より:

    窓に結露できなかった水蒸気は、部屋の別の場所に結露する。一番温度が低い北面の壁とか、外壁が近い収納とか。

  • M8812052329 より:

    結露する位暖房の効く部屋に住みたいものだ。今年の冬もすきま風が身に染みるぜ

  • Na より:

    科学的・専門的な「根拠」の説明は必要ないですが、「期待される効果」の範囲は
    明確にすべきだと思います。
    悪意をもって不確かな情報を書こうと言う意図がないのは当然理解していますが、
    この記事の書き方では、「部屋が湿気たりカビ・ダニの原因にもなってしま」うことを
    防げるかのような印象を読者に与えます。