• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

足組んでいませんか?下半身太りの原因とは

Date:2013.12.05

皆さんは、足を組むクセないですか?足を組むと、下半身太りの原因になるのだそうです。でもどうして、足を組んだだけで下半身が太くなるのでしょうか?

下半身太りの原因

細い足をナナメに組む女性は、とても洗練されて素敵に見えますよね。しかし、足を組むことで、下半身太りの原因になってしまうのです。その理由は、足を圧迫してしまうことにあります。

片方の足の上に、もう片方の足を乗せると、乗せた足の重みが全部下にした足にかかってしまいます。下になった足は、椅子と足の板挟み状態になり、血流が圧迫されてしまいます。血流が悪くなれば、代謝が悪くなってしまいます。

リンパ液の流れが悪くなってしまえば、むくみやすくなったり、足を太くしてしまうのです。

また片方の足にだけ体重がかかるので、足の形が悪くなったり、骨盤のゆがみの原因になるとも言われています。骨盤がゆがんでしまうと、足を圧迫した時と同じように、血流が悪くなりむくみが出て足が太くなってしまうそうです。

足を組まない生活をしよう

足を組むことが、クセになっている方は、できるだけ早く直しましょう。椅子に座る時には、浅めに座り背筋を伸ばしてみましょう。足を組みたくなったら、ひざに力を入れると、足も安定して座りやすくなります。

はじめの内は、足を組まないと、不安定になってしまいますが、慣れれば大丈夫になるので、頑張って直してみましょう。

足を組むと、下半身太りの原因になってしまいます。下半身が太くなってしまうと、痩せることも簡単ではありません。足を組むクセがある場合には、できるだけ早く直してきましょう。

この記事をシェアする

関連記事