• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

敏感で繊細、感受性が強い…遺伝特性のHSPについて知ろう

Date:2016.01.27

落ち込む女性

今、感受性が強くて毎日の生活が辛い、生きづらいと感じている人が増えていると言われています。

ちょっとしたことで落ち込んだり、気持ちが滅入ることは誰でもありますが、感受性が強いと他の人があまり気にならないちょっとしたことで感情が左右されてしまい、何をするのも辛いと感じてしまいます。

感受性が強い症状のことをHSPと言い、中には感受性が強すぎて日常生活に支障が出るという人もいるそうです。このHSPとはどういうものなのでしょうか。

感受性が強すぎて苦しく感じていませんか?5人に1人が持っているHSP

HSPとは、遺伝特性であり「生まれ持った心」のこと。それも、繊細で人の気持ちや周囲の空気に非常に敏感な性格のことを言います。

周囲の人に比べて、物事を重く繊細に捉えることのできる人。一見とても優れているように思えますが、HSPを抱えている人の多くが「生きづらさ」を感じているとも言われています。

「Highly Sensitive Person」の略で、「とても敏感な人」という意味になります。アメリカの臨床心理学者であるエレイン・アーロン博士が提唱しました。

HSPは5人に1人が持っているとされていますが、特に日本人に多いとも言われています。

大まかな特徴は下記の通りです。

  • 繊細で真面目
  • 引っ込み思案
  • 神経質
  • 打たれ弱い
  • 人とのコミュニケーションが苦手
日本人は欧米人に比べて上記のような感情を抱えている人が多いため、HSPを持っている人が多いと言われています。

HSPを持っていない人でも欧米人に比べると敏感な人が多いため、メンタルが弱いと思われているところもあります。

HSPを持っていた有名人も多く、アメリカ合衆国大統領のジョージ・ワシントンや心理学者のカール・ユングもHSPだったそうです。

ひょっとして自分はHSPかも?HSPの自己診断チェック

HSPは、自己診断で自分がそうなのかを知ることができます。ちょっとしたことに敏感に反応したり気になることがある人は、まずは自己診断をしてみましょう。

  • 微妙な環境変化に気が付く
  • 人の気分に左右される
  • 芸術や音楽に触れて感動することが多い
  • 生活に変化があると混乱しやすい
  • 1度に多くのことが起こると不快な気分になる
  • すぐにビクッとする
  • 子供の頃、親や学校の先生に「敏感」「内気」「臆病」と言われたことがある
  • 暴力的なシーンのある映画やテレビは見ないようにしている
  • 繊細な香り、味、音、芸術作品を好む
  • 仕事などで競争させられたりすると緊張し、実力を発揮できなくなる

以上がHSP自己診断チェックの一部です。

自分の性格にこんな特徴があることによって「疲れ」や「プレッシャー」を感じやすいのが特徴。精神的な疾患に陥りやすくなる可能性も高いでしょう。

誰かが落ち込んでいる相談を受ければ、自分がその人と同じ状況に置かれているくらいに精神的ダメージを受けます。反対に誰かが飛び跳ねて喜んでいるのを見れば、自分もその日一日が幸せな気持ちで過ごせたり…。

自分の体も心もひとつなのに、感情が数人分あるような感じです。

上記に当てはまる人は、HSPを持っているかもしれませんが、あくまでも自己診断チェックなので、多く当てはまったからといって必ずしもHSPを持っているとも限りません。

また当てはまったからと落ち込むこともありません。

HSPである人は想像力や共感性に溢れている!特有の落ち込み気質もプラスに考えて

HSPを持つ多くの人は、「クヨクヨとする落ち込む性格が嫌い」と感じています。しかし、この落ち込み気質は視点を変えるとプラスにも繋がります。

自分の性格がHSP特有の落ち込みを持っていると感じた時は、良い方向に転換してみましょう。そうすると少し気分が晴れやかになります。

  • 気疲れする→人の気持ちを汲み取るのが上手、人の気持ちに共感できる
  • すぐ不安になる→危険を察知するのが上手
  • 臆病→慎重
  • 敏感すぎる→よく気がつく
  • 過敏すぎる→配慮ができる
  • 傷つきやすい→繊細で感受性が豊か

言い方を変えるだけで、マイナスの性格がプラスになります。

もし誰かにマイナスなことを言われても、自分の心の中でプラスの表現に切り替えると落ち込むことも減ります。

実際に、本人は神経を使いすぎて疲れてしまいがちですが、周囲からは「よく気付く人」「空気を読める人」とプラスイメージをもたれることの方が多いでしょう。

また、他の人よりもより細かなことに気が付くということはその分考える幅が広いのです。言い方は悪いですが、ボーっとしている人に比べて人間的に成長できる可能性が高いということ。
  • 周囲の環境
  • 人の気持ち
  • 人の言動

をより深く観察できる力があり、それが自分への学習材料になっているんです。

自分の長所として受け入れることで、決して悪いことばかりではないと感じられるのではないでしょうか。

落ち込み気質は自分で少しずつ改善することができる!

shutterstock_344986655
HSPは遺伝特性なので、無理に性格を変えることは難しいです。しかし、日頃の生活でコツを覚えると落ち込み気質を少しずつ改善することができます。

落ち込み気質を改善するだけでも、HSPの辛さを緩和することができます。

自分の落ち込みやすい気質は特徴だと認める

落ち込みやすい気質だと、無理に明るくしなくてはと頑張ってしまうことがあります。HSPは生まれ持ったものなので、無理に明るくすると心が疲れてしまい、さらに心の負担となってしまいます。

「この落ち込み器質は自分の生まれ持った特徴なんだから、無理に変えたり隠す必要はない」と開き直るだけでも心の負担は軽くなります。

主観的ではなく客観的に自分を見つめてみる

自分の性格を主観的に見ると、
「私は辛い思いをしている」
「こんな性格だから嫌われてしまう」
とマイナス思考ばかり出てきて、なかなか抜け出せない状態に陥ってしまいます。

辛いことなどがあった時は、主観的ではなく客観的に自分を見ると「辛い思いをしたけど頑張ったじゃない」とワンクッション置かれるので、敏感に反応してしまう感情も少し和らげることができます。

その他、客観的に自分を見つめることで反対に「自分」をしっかりと持つことが出来るので、他人の言葉や感情に影響された時のダメージも小さくなります。

HSPであることを自己肯定する

HSPの特徴として、他人と自分を比べてしまい「自分は他人と比べて劣っているところが多い」と落ち込んでしまうことがあります。

「自分はHSPで落ち込んだり敏感に反応するけれど、これが自分なんだ!」
「自分と他人は違うから比較しても意味がない」

と自己肯定すると、自分はこれが特徴なんだと認めることができ、自分らしさとして受け入れることができるようになります。

これが自分の特徴だと思うことで、相手から落ち込むことや敏感に反応することを言われても、気にすることも減ってきます。

HSPだからといって人間関係が難しいわけではない

HSPが落ち込み気質だということで、「私は内向的だからHSPだ」「HSPだから人間関係が難しい」と決めつける人がいます。

HSPは、落ち込み気質だったりいろいろなものに対して敏感に反応するので、塞ぎこんでしまうこともありますが、HSPの30%は外交的な性格を持っていると言われています。

HSPの場合、大勢の人と付き合うというより親しい人と数名で行動をすることを好むためどうしても

  • 内向的
  • 人間関係が難しい

と周りから見られるようです。

目線を変えれば、内向的で人間関係が難しいのではなく、親しい人との絆を強く持つことができると考えると人間関係も楽になります。

こんな悩みを抱えている女性も実はHSPかも…

HSPの自己診断をしても自分には当てはまらなくても、HSPを持っている可能性はあります。特に女性に多いと言われている悩みが次のようなものです。

  • 彼氏と別れたけれど大好きだったので、次に進める切り替えができない
  • 婚活しても結婚できない
  • 仕事の時、「間違えたらどうしよう」と常にプレッシャーを感じてしまう

上記のような悩みは多くの人が抱えています。

しかし、多くの人は次に進もうと考えを切り替えるのですが、HSPだとすぐには切り替えることがなかなかできません。

例えば、彼氏と別れた時でも多くの女性は、
「もっといい恋愛をして元カレを見返してやる!」
と吹っ切れるのですが、HSPの場合、
「私がダメだから別れたんだ」
「きっと自分よりいい人ができたから別れたんだ」
とマイナス思考ばかりが大きくなります。

その堂々巡りから抜け出せなくなると、さらに落ち込んでしまい塞ぎこんでしまいます。

もしこういう悩み方をしている場合は、もしかするとHSPを持っているかもしれません。

「美」に関して敏感に反応するHSPはサバサバ気質で吹き飛ばす

女性で敏感に反応してしまうのが、美に対してです。どうしても人と比較をしてしまい、自分の劣っている部分を卑下してしまいます。

美に対して敏感に反応する人は、切り替えスイッチを自分の中で作ると自分のいいところを見出すことができます。

例えば、肌状態をつい若い世代と比べて落ち込んでしまう場合、肌は誰でも加齢と共にいろんな問題点が出てきます。

しかし、自分には若い世代と比べて知識や大人としての常識を知っている、だから総括すると負けているところはないとプラスになる部分を見つけるだけで落ち込み気質も緩和されます。

落ち込むと笑顔が消え、せっかくオシャレなどをしても綺麗に見えませんね。

HSPをきちんと知ることで気持ちも楽になる!心の負担を少しでも軽く…

shutterstock_316201238
落ち込み気質であるHSPは病気ではなく、生まれ持った性格です。そして5人に1人という多くの人が持っているものとHSPについてきちんとした情報を知ることで、心の負担は軽くなります。

落ち込み気質を改善したいと無理をすれば反対にストレスになり、さらに症状が悪化する場合があります。

時には部屋に引きこもって交流を遮断してもいいんです。疲れたときは自分をしっかり甘やかして、回復させてあげましょう。

落ち込むことは誰でもあることだし、周りに敏感に反応するのは自分が周りに気を配っていることだとプラスに考えていくようにしましょう。そうするだけで気持ちも楽になります。

この記事をシェアする

関連記事