• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

もう「汚」部屋とはさようなら!女子力があがる片付けのコツ4つ

Date:2013.04.30

「親しき仲にも礼儀あり」というように、女性としては急な来客にも困らないよう常にお部屋は整頓された状態を保っておきたいものです。

お片づけが苦手な方もコレさえ押さえておけば大丈夫。今回は「汚」部屋とはさようなら!女子力があがる片付けのコツをご紹介します。

1 お掃除に時間をかけすぎない

いきなり本格的なお片づけをしようと意気込むと、続かないことがほとんどです。たまにはゆっくりお掃除をするのもおすすめですが、「お掃除をするときは徹底的に」と決めつけてしまうと、面倒になってかえってお掃除をする気がおきなくなります。

「お掃除は手軽にすませる」と決めてしまえばとりかかるまでの気持ちの障壁が低くなり、結果的には頻度が向上してお部屋をきれいな状態に保てるようになります。

2 床にものをおかないこと

床にものがたくさんあると、お部屋全体が散らかった印象になりがちです。「荷物は、必ずいすの上におく」「脱いだ服は、ハンガーにかける」など小さな決まりを作って、守るようにすれば大丈夫です。

大切なことは、自分でルールを決めて一つ一つ実行していくこと。気づいたときには、習慣化されて意識しなくてもその行動がとれるようになります。

3 ものを溜め込まないこと

お部屋が散らかってしまう原因は、ものが多すぎることがほとんどです。

最初のうちは必要なものと不要なものを区別するポイントがつかみにくいかもしれませんが、「いつかまた使うかも」「いつか役に立つかもしれない」と思って保管しているものは、思い切って処分してしまうのがおすすめです。

保有しているものの絶対量が少なくなれば収納場所に困ることもなく、お部屋全体がすっきりと整理された印象になります。

4 日用品は隠すこと

お部屋に入ったときに家具以外のものが目につくところにあると、どうしても整理されていない印象になります。家具以外の生活用品、小物などは極力目につかない場所にしまっておくのがおすすめです。

目につくものが少ないと、部屋全体が広く洗練された印象になります。日用品ごとにきまった収納場所を決めて「使ったらもとの場所に戻す」ことを意識していれば、常にお部屋全体をきれいに整頓された状態に保つことが出来ます。

以上、4点ご説明してきましたがいかがでしたでしょうか。日頃の小さな心がけ次第であなたのお部屋は見違えるほどきれいになるはずです。きれいなお部屋は運気もアップさせ毎日清々しい気持ちで生活できるようになります。

できることからコツコツと実践することで「汚」部屋とはさよなら!を目指しましょう。

この記事をシェアする

関連記事