• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

片付けが苦手な人が今日から片付けのプロになるポイント

Date:2013.04.20

片付けるのが苦手だと、物がいろいろな場所に散乱してしまい、やがては「どこから片付けたら良いのか分からない」状態になってしまいます。

このことが、更に部屋が散らかり続ける、そして更にどこから片付けたら良いのか分からない、という悪循環を招き、散らかった部屋に甘んじてしまう日常を作り上げています。

そんな、お片付けが苦手な方でも、簡単な方法で、今日から少しずつ、お部屋を改善していきませんか?

今座っているところから、周りを見渡して

片付けが苦手な人は、面倒くさがり屋さんが多いと思います。ですから、まずは、動かなくても良い、今いる場所から手の届く範囲~ちょっと立ち上がれば手が届く場所から、手をつけていきましょう。

そこにあるべきでないものをピックアップ

もし、あなたが今、パソコンデスクやリビングのテーブルに座っているとしたら、そこにあるべきではないものも、ついつい放置してそのままになってしまっていませんか?

たとえば、さっき食べてそのままにしているお皿や、昨日使ったコーヒーカップ、空っぽのペットボトルや、パソコン画面を見ながら使った爪切りなどです。

こういったものをまずピックアップして、そこにあっても良いもの(パソコンに関する書籍など)とは分けて、横によけておきましょう。あ、今はまだ、片付けなくても大丈夫です。

立ち上がって移動するついでに物も移動する

そして、そのまま、トイレに行きたくなるとか、何か立ち上がって移動しなければならない状態になるまで、この記事を読み進めるなど、そのままそこにいていただいて構いません。

いざ、立ち上がる用事が出来た時、自分が移動する方向、通るところなどをイメージして、さきほど横によけておいた物で、しかるべき場所に戻せそうなものがないかをチェックします。

たとえば、キッチンを通るなら、お皿やコーヒーカップを手に持ちます。一度に色々なところを通るのでしたら、手に持てるだけ持ちましょう。

そして、「キッチンを通ったついでに」、食器類を流し台に置くなどして下さい。爪切りであれば、「小物をしまっているキャビネット等の横を通るついでに」、引き出しなどに入れて下さい。

行った先でも、周りを見てチェックする

そしてもし、今トイレに行ったのであれば、トイレや洗面所の周辺も、用を足している最中や、手を洗っている最中に見渡してみましょう。

そこでもまた、「こんなところにいてはいけない」という物たちが見つかりませんか?たとえば、トイレに置きっぱなしの、トイレットペーパーの芯(ゴミ)や、洗面台ではずしたままにしてしまったアクセサリーなどです。

今度はこれを持って、帰り道に、ゴミはゴミ箱へ、アクセサリーは、ドレッサーの引き出しなどに片づけましょう。

移動する度に、これを繰り返す

ポイントは、「立ち寄ったついでに」ということです。これなら、面倒くさがり屋さんも苦になることなく、そこにあるべきでないものを、まちがい探しのように探しながら、ふさわしい場所に戻してあげることが出来ます。

そして、これを繰り返していくうちに、だんだんと、物があるべき場所に片付けられてスッキリしてきますし、不思議なことに、普段から、物はきちんとあるべき場所にあるかどうか?ということを自然とチェックし、修正出来るようになってきます。

また、細々とした物がとりあえずスッキリすれば、その後で、空いたスペース(デスクやテーブルの上など)をキレイに拭くとか、床をまめに磨くなど、清潔を保つことにも意識を払うようになってきます。

周りに物が散乱している皆さん!立ち上がる際には、「手ぶらは禁止」ですよ(笑)

この記事をシェアする

関連記事