• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

クサい汗には理由がある!?汗の臭いを抑える為に出来る4つの予防策

Date:2014.05.10

暑い季節が近づくにつれて汗をかくことが増えてきますが、女性としては体臭がきつくなるのを避けたいものですよね。そして、体臭を気にするあまり、出来るだけ汗をかかないようにする女性もいるようです。

しかし、臭う汗の原因は適度に汗を流さないことが原因の1つなので、汗を流す機会はあったほうが良いのです。そこで今回は、汗をかいても臭いにくい体質になる方法について4つご紹介します。

1.体を動かす

汗には臭う汗と臭わない汗があり、臭う汗の主な原因は汗腺機能をあまり使っていないことだといわれています。運動する機会が少ない人は、適度に運動して汗を流してみましょう。

また、運動する際は水分補給も忘れてはいけません。水分不足も臭う汗の原因になるため、こまめに水分をとりましょう。

2.食事で臭い対策を

食物繊維を含む食べ物(納豆、わかめなどの海藻類など)を多く摂り、臭いを予防しましょう。逆に摂りすぎてはいけないものは肉などに含まれる動物性脂肪やたんぱく質です。

たんぱく質は髪や肌の基礎づくりに役立つ栄養素ですが、あまり多く摂りすぎると体臭の原因になるのです。なお、便秘など体の不調に心当たりがある人は、そこから改善してみることが臭う汗を防ぐ近道になることがあります。

3.体をあたためる

運動がどうしても苦手だという人には、入浴や岩盤浴などで汗をかく方法もあります。ちなみに入浴する場合は、全身浴でも半身浴でも良いようです。

ただし、入浴や岩盤浴で汗をかいた後は、せっかくあたためた体を急激に冷やさないように注意しましょう。夏はすぐに冷房がきいている部屋に行きたくなりますが、入浴後すぐは水分を摂りながら、少し外の風に当たる程度にしてみてはいかがでしょうか。

なお、体の冷えも臭う汗の原因になります。特に暑い季節は、体の冷やしすぎに注意したいですね。

4.ストレスを解消する

精神的なストレスや緊張により、臭う汗をかくことがあるようです。例えば、普段から決まった時間に帰宅して食事を摂り、しっかり睡眠をとることが出来ていないと身体的にも精神的にもストレスがたまるかと思います。あるいは、仕事がストレスになっている場合は人と接している時に緊張で汗をかいているかもしれません。

自分の状態を見て見ぬふりをせず、精神的な負担を抱えていないか、好きなことをして気分転換出来ているか少し気にかけてみてはいかがでしょうか。

汗の臭いを気にするのは暑い季節ばかりになりがちですが、本当は少なからず年中汗をかいているものです。体臭で悩まないためにも、今から出来る対策を是非始めましょう。

この記事をシェアする

関連記事