• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性の転職を成功させるには?確認すべきポイントと必要な準備


転職は人生を大きく変えるターニングポイント。

一つの職場に長くとどまるのも良いですが、新たな職場で違う生き方をするのも人生の楽しみ方ですよね。

一度きりの人生を左右するライフイベントだからこそ、転職は軽はずみな気持ちで行うべきではありません。

より素敵な人生を謳歌するために、転職で人生にどのような影響があるのか、また必要な準備について考えていきましょう。

転職するとどうなる?転職後のメリットやデメリット

まずは転職をすることでどうなるかについて考えてみましょう。「今している仕事を変えて、新たに仕事を始める」ということは、もちろんメリットもデメリットも生じます。

転職後には、主に次のような変化が見られます。

メリットは即戦力として働けること

転職をすると、仕事内容やライフスタイルなどに変化が現れます。そんな中で生まれるメリットには次のような例があります。

即戦力として見て貰える
新卒で入社する人よりも、転職で中途入社する人の方が即戦力として見て貰いやすいです。ビジネスマナーや実績・経験が備わっているため、教育の過程を多少省くことも可能。

そのためすぐに戦力として働けますから、働き甲斐も感じられます。出世や昇格のチャンスだってあらわれますよ。

自分に合った職場に勤められる
転職を考える人は、働き初めて新卒のときよりも少し視野が開けています。自分のやりたいことや自分に向いた職場を上手く見つけられるようになっているのです。

そのため、転職をした人の多くが「やりたいことができている」状態に。いろんな企業を探しながら、自分に合った企業を見つけてみてくださいね。

デメリットは転職前の予想とのギャップ

転職は成功すればこそ人生が華やかなものになりますが、失敗すれば大きなデメリットを抱えることになります。

職場や仕事に関係するデメリットは人生を大きく脅かすことになりますから、どのようなデメリットが生じるのかを事前に注意しておきましょう。

理想と違う仕事を任せられることがある
転職先では、「やりたいことができた」と語る人と「思っていたのと違うことをさせられている」と語る人の2パターンがあります。事前の面接や求人票などでしっかり業務内容を確認していないと、転職後にギャップが生じてしまうのです。

また、実際に入社した後で過去の実績・経験から「ならこの仕事も出来るよね?」と理想と違う仕事を任せられることもあるため要注意です。

人間関係が上手くいかない
どんな企業に転職したとしても、人間関係だけはどの職場でも平等に1からのスタートになります。待遇や業務内容が希望通りでも、人間関係が上手くいかなければ転職後に大きなストレスを抱え込んでしまいます。

転職をした人は前職での経験があるだけに、転職先でのルールや雰囲気に慣れにくいと感じる人も多くいます。

残業や休日が聞いていた話と違う
企業によっては、求人票や面接で事前に知っていた内容と違う形で残業や休日が発生することがあります。思ったよりも休日出勤が多かったり、残業は「して当たり前」という雰囲気が職場内で出来上がっていたり…。

引っ越しやライフイベントをきっかけに転職を考えていた人は特に要注意ですね。

収入の増減はほぼ予測不可能

転職にあたって、多くの人が注目するポイントが「収入面」ですね。実際、転職後の収入は転職前と比べて変化する人が多いのが現実です。

転職後はどちらかと言えば収入が減ってしまう方が多いとされています。もちろん増えるケースもありますが、職場の雰囲気や仕事の成績によって転職前よりも収入が減ってしまうケースが多いのです。

転職後の収入の増減には次のような要素が絡んできます。

  • 業務成績
  • 前職での経験
  • 社内の雰囲気
  • 業種や企業の先行き
  • 自分から望んだ転職か、引き抜きによる転職か

収入を理由に転職を考えている人は、事前に行う企業・業界研究がより重要になってきます。

求人票や面接などで提示される収入は、あくまでも「予測」の範囲であると覚えておきましょう。自分のこれまでの経験や特技と照らし合わせながら、希望の収入を得られそうな企業を吟味してくださいね。

女性の転職は実際に難しい

メリットもデメリットもある転職ですが、それはあくまでも「転職できたら」の話。実際には転職自体がそんなに簡単なことではありません。

特に結婚や妊娠・育児といったライフイベントの多い女性は、臨機応変に職場環境を変えていく必要があります。そのため企業もあまり女性の転職を受け入れてくれないのです。

  • 産休や育休の発生
  • 育児による急な欠勤
  • 結婚や出産などによる退職

…など。女性は多くのライフイベントで職場の環境を見直さなければならないのです。

中でもライフイベントの発生しやすい年代である30代女性は、転職のハードルがとても高いとされています。

▼30代女性の転職のポイントについてはコチラも参考にしてください!

30代女性の転職の記事のトップ画像

退職届や資格など…転職活動の前に準備しておきたいもの

転職を成功させるには、事前の準備が欠かせません。準備なしで転職活動をしていると、採用面接や応募書類の作成、そして現職場への退職交渉など多くの場面でつまづいてしまいます。

転職の成功確率を上げるために、次のような準備をしておきましょう。今はまだ転職の気持ちがない人も、準備をしておくと思いたったときにすぐ転職活動を始められますよ。

用意しておくと便利なもの

転職活動をするにあたって、用意しておくと便利なものをいくつかご紹介しますね。

記載済みの履歴書のコピー
以前に書き損じたものでも構いません。履歴書のコピーが一枚手元にあると、今後新しく履歴書を書くときに便利です。学歴や職歴、持っている資格などの欄が記載されてあるサンプルとして一枚手元に置いておきましょう。
証明写真
最近ではデジタルカメラやスマホでも証明写真は作れますが、できれば写真屋さんに頼んでちゃんとしたものを撮ってもらいましょう。プロに撮ってもらった写真は映りも良く、応募書類の段階から有利に立つことができますよ。
退職届
「退職願」ではなく「退職届」です。退職交渉のとき、本当に退職の意思が固まっているのなら必ず退職届を提出しましょう。「願い出る」という形の退職願だと、引き止めに合う可能性も考えられます。署名、捺印を忘れないようにしてください。

スケジュールを組んで準備をする

転職活動のスケジュールには、

  1. 在職中に就職活動をする
  2. 退職してから就職活動をする

という2択があります。

経済的に余裕を持った転職活動をしたいなら在職中に、時間的に余裕を持った転職活動をしたいなら退職後に就職活動をするのがおすすめです。l

ただし在職中に就職活動をする場合は、現職場の退職交渉と就職活動する企業の入社日を照らし合わせながらスケジュールを組む必要があります。

転職に必要な資格取得や採用面接のスケジュールと合わせて綿密な計画を立てていきましょう。

▼転職前の準備についてはコチラも参考にしてください!

転職の準備の記事のトップ画像

在職中に資格取得に励むと就職活動も有利に

転職活動を有利にするものと言えば、やはり持っている資格ですね。履歴書などの応募書類に取得している資格がズラッと並んでいると、採用担当者の目を引きやすくなります。

何より、転職先で活かせる資格があると、未経験の職種や業界への転職でも採用されやすくなります。

「資格を持っている」ということは、その業界・職種に対するスキルや知識を持っているというアピールに繋がります。

未経験の業界・職種の資格であれば「転職をしたい」という強い意志や努力として見て貰えますから、志望動機の裏付けにもなりますよ。

転職におすすめの資格は次の通りです。

  • 日商簿記検定
  • 秘書検定
  • MOS
  • FP
  • TOEIC
  • 販売士

通信講座などを利用すれば、在職中でも受験は可能ですよ。志望している業界や職種に有利な資格を取って、転職活動の武器にしましょう。

▼転職に有利な資格についてはコチラも参考にしてください!

転職に有利な資格の記事のトップ画像

自分や企業・業界について考えながら志望動機をまとめる

転職先はどうやって決めますか?希望の収入や職場環境などがあるとは思いますが、まずは企業・業界を研究しながら自己分析を重ね、「自分に合った職場」を探すのが大切。

採用面接で重要になる「志望動機」も、そういった自己分析や企業研究の中身が詰まっているほど、より採用されやすいものになっていきますよ。

業界や職種から転職先を考える

企業には、それぞれ「業界」と呼ばれる分類があります。そして企業の中には「職種」と呼ばれる仕事の内容があります。

新たな就職先を探すのであれば、まずは業界と職種から絞っていきましょう。

主な業界の種類

  • 商社
  • メーカー
  • 小売
  • 金融
  • サービス
  • 官公庁・公社・団体

主な職種の種類

  • 事務
  • 人事
  • 製造
  • 経理
  • 医療
  • 技術系(エンジニア、プログラマーなど)
  • クリエイター系(デザイナーなど)

経験のない職種でも、その業界での実績があれば採用される可能性は高くなります。

ただ漠然と「こういう仕事がしたい」ではなく、その業界への興味や職種に対する実績・経験が備わっているかを考えてみましょう。

企業選びをしながら業界と職種に対する意識を再確認することで、次に考える志望動機の内容が潤いますよ!

客観的な自己分析をする

業界や職種のことを調べながら、一緒に自己分析をしてみましょう。自己分析は、

  • 自分の長所・短所
  • 今までの経験(成功したこと・失敗したこと)
  • 得意なこと・苦手なこと

…といったことを客観的に整理しながら考えていきます。

自己分析をしていると、自然と自分に向いている業界や自分のやりたい職種へのイメージが定まります。

そのため、転職を成功させるための転職先探しの段階では、業界や職種の研究と合わせて自己分析を行うのがおすすめですよ。

志望動機はポジティブな内容を

「企業へのラブレター」だなんて言われているくらい、志望動機は転職活動にあたって重要なポイントです。

希望の業界・職種と自己分析を照らし合わせながら考えると、

  • どうしてその企業を選んだのか
  • どうして全職場を退職したのか
  • どんなスキルを転職先で活かせるのか

といった志望動機のポイントを抑えることができますよ。

志望動機を考えるときは、極力ポジティブな意見を言うのが大切。特に退職理由などは、ネガティブな意見を言うと全職場への悪口のようになってしまいます。

しっかりとした芯のある志望動機があれば、企業側にも熱意が伝わって就職活動が有利になっていきますよ。

▼転職の際、志望動機の書き方ついてはコチラも参考にしてください!

転職の際の志望動機についての記事のトップ画像

転職はタイミングも大切。現職場のことも考えておこう

転職が成功すれば人生はバラ色。…ですが、むやみな転職は人生を大きく転落させてしまうリスクがあるのも事実。

現職場での昇給や昇格の可能性もあるため、ひとまず転職は保留にして様子を見るという選択肢もありますよね。

転職の際は、事前の準備も大切ですが、転職活動を始めるタイミングも同じくらい大切です。

「後少し辛抱していれば昇給だったのに」のような後悔がないよう、今の職場のこともしっかり考えながら転職に向き合っていきましょう。

もちろん今の職場に心も身体も苦しめられているようなら、さっさと転職した方が身のためです。

  • 本当に転職を迫られているのか?
  • 現職場には何のメリットもないのか?
  • 転職が必要ならいつ頃から活動を始めるべきか?

といった点を踏まえながら、タイミングを見計らって転職活動に踏み出してくださいね。