• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

一人でも複数でもカラオケを楽しむ方法。歌うだけじゃない!

カラオケは現代ならではの魅力的な文化ですよね。「歌うのは苦手だから…」と敬遠している人もいますが、カラオケの楽しみ方は何も歌うだけではありません。

人と人とをつなぐコミュニケーションツールとして、自分一人のリラックスタイムづくりとして、カラオケはたくさんの場面・目的で活躍してくれる存在です。

この記事では、バラエティ豊富なカラオケの楽しみ方についてご紹介していきますね。

みんなで盛り上がる!複数人で行くカラオケの楽しみ方

カラオケと言えば、やっぱり複数人でワイワイ楽しんでいるイメージが強いのではないでしょうか?

もちろん一人でも十分楽しめますが、複数人でカラオケに行くと様々な楽しみ方があるのです。

カラオケを通してお互いを知り合える

複数人でカラオケに行くと、同じ室内のメンバーとより交流を深めることができます。実際、新人の歓迎会や合コンなどでよくカラオケに行く場面がありますよね。

自分は歌わなくても、誰かが歌っているのを見るだけでその人の選曲センスや歌唱力、アーティストの好みなどに発見が生まれるのです。

今まであまり接したことのない人について、たくさん知ることのできる良いチャンスをくれますよ。もちろんこれは、裏を返せば自分のことを周りの人に知ってもらえるチャンスにもなり得ます。

いろんな人同士がお互いを知り合うのに、カラオケは良いきっかけを与えてくれるのです。

カラオケルームは個室ですから、公の場所では言えないようなことを言い合えるチャンスも巡ってきます。ちょっとした秘密を共有しながら、より人と人との関係性を深めていきましょう。

もちろん歌だけではなく、一緒に食事をするだけでも十分良い交流になりますよ。

選曲で人間性をアピールできる

複数人でカラオケに行くと、おそらく一回はマイクが回ってくるのではないでしょうか?カラオケ慣れしている人なら十八番があるかもしれませんが、そうでない人は何を歌ったら良いのかなかなかわかりませんよね。

もし合コンなどでマイクが回ってきたときには、せっかくですから歌で異性にアピールしてやりましょう。男性は女性とカラオケに行ったとき、実は歌唱力よりも選曲のセンスに注目しているのです。

女性がカラオケで歌う定番と言えば、次の3曲ですね。

  • CHE.R.RY./ YUI
  • さくらんぼ/大塚愛
  • 西野カナ/Best Friend

別に歌唱力を気にする必要はありません。とにかく曲の雰囲気に合わせて、可愛い曲なら可愛く、切ない曲なら切なく歌うのが好印象の秘訣ですよ。

▼カラオケでモテる選曲についてはコチラも参考にしてください!

カラオケでモテる選曲の記事のトップ画像キャプチャ

もちろん合コンでなくても、カラオケに行ったときはとにかく歌唱力よりも雰囲気が大切です。自分の性格や趣味に合わせて曲を入れたら、気持ちを込めて歌いながら場を盛り上げましょう。

逆に楽しくなさそうに無理をして歌っていると、周囲のテンションも下がって悪印象を与えてしまいますよ。

人付き合いで行くカラオケのマナー

友達や家族とカラオケに行くのであれば、自由に楽しく過ごせますよね。ですが上司や取引先の方など…社会人としての人付き合いでカラオケに行くときは要注意です。

カラオケでの行動は、些細なことが誰かを不愉快な気分にさせてしまう可能性があるのです。つまり、一歩間違えれば地雷を踏み抜いてしまうということ。

  • 歌が苦手でも必ず1曲は歌う
  • 目下の人がインターホンで注文係を引き受ける
  • 他の人の歌をしっかり聴く
  • 選曲に注意する

…など、社会人としてのカラオケには暗黙のルールが存在しているのです。

一緒にいるのが社外の方であれば、自分だけではなく会社の人たちにまで迷惑をかける可能性があります。もちろん社内の上司に嫌われるような振る舞いをすれば、これから職場に居場所がなくなってしまいますよね…。

社会人としてカラオケに行くときは、事前にしっかりマナーについて勉強しておきましょう。

▼カラオケのマナーについてはコチラも参考にしてください!

カラオケのマナーの記事のトップ画像キャプチャ

人目を気にせずやりたい放題!一人カラオケの楽しみ方

複数人で集まって楽しむイメージが強いですが、カラオケは一人で行く楽しみ方もあるのです。

「一人でカラオケに行くなんて」と抵抗を覚えるかもしれませんが、実際に行ってみるとやみつきになる楽しさがありますよ!

一人で行くカラオケにはこんな楽しみ方があります。

一人カラオケは気を使わない

複数人でカラオケに行くと、選曲や立ち振る舞いなどに気を遣いますよね。自分の歌唱力に自信のない人だと、歌いたくてもなかなか歌う勇気が出ません。

一人でカラオケに行くと、誰にも気を使わずに自由にカラオケを楽しむことができます。

  • 苦手な歌でも挑戦できる
  • マイナーな歌でも選曲できる
  • 歌唱力を気にせず大声を出せる

自由に好きな歌を大声で歌い上げると、ストレスが発散されます。歌いながら踊ったりしてもOKですから、人の目を気にせず自由を満喫してくださいね。

もし一人カラオケに行ったことがない人は、まずは人が混みあわない時間帯を狙ってお店に入るのがおすすめです。

人が少ないと部屋も空いていますし、ドリンクバーやトイレで他の人に会う心配もありません。

一人カラオケは今「ヒトカラ」という名称もついているほど、多くの人が夢中になっている存在です。店員さんも一人で来るお客さんには慣れっこですから、人目を気にせずヒトカラを楽しんでみてくださいね。

▼一人カラオケについてはコチラも参考にしてください!

一人カラオケの記事のトップ画像キャプチャ

自分のやり方で歌の練習ができる

誰かからカラオケに誘われた経験、きっと誰でもあるでしょう。ですが歌に自信がないと、どうしてもカラオケに抵抗を覚えますよね?

一人でカラオケに行くと、誰にも知られずこっそり歌の練習ができるのも魅力です。

カラオケでの歌の練習には、次のようなポイントがあります。

  • 身体を使ってリズムを意識する
  • マイクを口に近づけて歌う
  • 抑揚やビブラートをつけて歌う練習をする

誰かがいると、共有するマイクに口を近づけたり身体を揺らして歌ったりするのは難しいですよね。また、スマホで録音しながら客観的に自分の歌声を聴く…なんてことも当然人の前ではできません。

防音・個室のカラオケだからこそ、歌の練習に最適なのです。キーやテンポを変えてみたり、精密採点機能を使ったりしながら全力で歌の練習に励んでみてください。

複数でカラオケに行くときのために、一人でカラオケに行って歌の練習をする人は最近特に増えてきています。自分のやりたいように歌を練習しながら、いつか誰かとカラオケに行ったときに歌唱力を披露してやりましょう。

▼カラオケを上手に歌うコツはコチラも参考にしてください!

カラオケのコツの記事のトップ画像キャプチャ

防音の個室が数時間手に入る

カラオケは、何も歌うことだけが目的ではありません。カラオケのルーム内は完全に防音の個室になっています。つまり、一人で入れば完全なる個室が数時間手に入るということ

カラオケルームの中にはDVDプレーヤーやコンセントなどがありますから、一人で自由な時間を過ごすことができます。映画鑑賞をしながら声を上げて泣くのもアリですし、PCなどを持ちこんでブツブツ独り言を呟きながら作業に没頭するのもアリですよ!

カラオケは、比較的リーズナブルな価格で完璧なプライベート空間を手に入れられる方法です。「家だと家族がいるからできない」ということや、「自分一人のペースで自由に進めたい」ということを思う存分満喫しましょう。

歌うだけじゃない。カラオケを使った様々な楽しみ方

カラオケと言えば「歌うこと」が真っ先に思い浮かびますよね。ですが、最近のカラオケルームはただ歌う以外にも楽しみ方がたくさんあるのです。

カラオケルームでは、歌わなくても次のような楽しみ方ができますよ。

DVD・ブルーレイ鑑賞をする

カラオケの店舗にもよりますが、DVDプレーヤーを貸出してくれる店舗があります。ルーム内にデッキが置かれている店舗もあれば、店員さんに言ってプレーヤーを貸して貰う店舗など様々です。

カラオケルームの大きなディスプレイと大迫力の音響でDVDやブルーレイを鑑賞すれば、家で鑑賞するのとは違った感覚で映像を楽しむことができますよ。

実際にこれを利用して、カラオケでは映画やライブ映像の鑑賞会をする人も多くいます。一人で見るのも良いですし、誰かを呼んで一緒に見るのも良いですね。

ホームシアターはコストがかかるから出来ない、と悩んでいる人には特におすすめの楽しみ方ですね。

打ち合わせや集会に使う

個室でテーブルやソファのあるカラオケルームは、誰かと何かの打ち合わせや集会をするのに最適な場所です。テーブルも広いですから、書類をたくさん広げても大丈夫ですね。

多くのカラオケルームにはコンセントやWi-Fi環境が整っていますから、複数の人と集まってPCやタブレットを使うのに申し分ない場所です。

また、趣味やサークルなどの集まりとして使うのもアリです。大声で話し合っても防音ですから外に声は聞こえませんよね。カラオケ店舗によってはゲーム機の持ち込みも可能ですから、大勢で集まってゲーム大会を開くという使い方もありますよ。

ドリンクバーをつければ飲み物も自由ですから、時間を気にせず話し合いや遊びに没頭することができます。

最近は「カラベン」と言って、カラオケルーム内で勉強会を開く人たちもいるようですよ。

店舗の食事メニューを楽しむ

数あるカラオケ店舗の中には、カラオケ施設としての機能だけではなくて食事のメニューに力を入れているところも多く増えてきています。

ファミリーレストランやカフェにはないカラオケ店舗独自のメニューもありますから、誰かと一緒にカラオケ店舗の食事を楽しむのもおすすめですよ。

他の飲食店とは違って完全個室と防音が整っていますから、他のお客さんに気を使ったり使われたりといった心配もありません。個室ですからタバコの煙に気を使う必要も無用。気兼ねなくおしゃべりをしながら、マナーなどを気にせず食事会を楽しんでみてくださいね。

DVD・ブルーレイプレーヤーのある店舗なら、何かの映像を鑑賞しながら食事をするという楽しみ方もありますよ。

ダイエットやエクササイズに使う

「カラオケダイエット」という言葉は聞いたことがありませんか?カラオケで歌を歌うということは、単なる娯楽目的のためではなくダイエット目的でも利用することができるのです。

ただ歌うのではなく、腹式呼吸を意識して大声を上げながら立ったり踊ったりすることでカロリーを消費できるのです。

ダイエット仲間と一緒にやっても、自分一人でやってもOK。あくまで「ダイエット目的」ですから、歌が苦手な人でも「ダイエットのためだから!」と気兼ねなく歌うことができますね。

中には、歌うことで声を出しながらスクワットなどの筋トレをする人もいるようです。最早「歌うこと」ではなく「エクササイズ」が目的のカラオケの使い方ですね。

身体を動かすことに苦手意識や抵抗がある人も、「歌うついでに」と遊び感覚でカラオケを訪れると良い運動になりますよ。

ただし、カラオケにはカロリーの高い食事メニューやドリンクがたくさんあります。いくらダイエットをしても、歌った分を食べては意味がありません。

カラオケダイエットをするなら、誘惑に負けない強い心を持って取り組みたいですね。

▼カラオケダイエットについてはコチラも参考にしてください!

カラオケダイエットの記事のトップ画像キャプチャ

カラオケの楽しみ方は十人十色。歌っても歌わなくてもOK

カラオケには様々な楽しみ方があります。歌うことだけに注目せず、個室を有意義に利用して日々のストレス発散や時間の有効活用に役立ててください。

もちろん歌唱力に関係なく、声を出して歌ってみるのもおすすめです。本格的な音響の中でプロをマネして歌ってみるのは、案外気持ちの良いものですよ。

ここで紹介したのは、カラオケの数ある楽しみ方のいくつかに過ぎません。

カラオケは訪れる人によって独自の楽しみ方がありますから、ぜひあなただけの楽しみ方を見つけてみてくださいね。