部屋が片付かないのは物を捨てられないせい?思い出もばっさり捨てるコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

主婦業を10年やっていても、部屋の片付けがままならない。一部屋は物置のようになっている。それでは部屋がもったいないし、気持ちが悪いです。

片付けようとしても物を横から横に移すだけ。これでは片付かないのも無理はない、と分かってはいるものの…。

部屋が片付かないのは収納もヘタなのですが、何より物があふれているせいです。でもなかなか捨てられない性格が災いし、物は増えていくばかり。これでは一生部屋は片付かない、と一年発起。物を捨てていくことにしました。

しかし、必要なものまで捨ててしまい後で後悔しても遅いです。そこで学んだ、いらない物を上手に捨てるコツ。それを紹介していきましょう!

まずは捨てる決心をする

物を一つひとつ見ていくと、いろいろな思いが邪魔して物を捨てさせないものですね。それを一つひとつ、納得していくことが必要です。

例えば、「いつか使えるのでは?」

そう思って何年使っていないのでしょう?何となく使えそうだから、という物は捨てましょう。

「高かったから捨てられない」

確かにそれは捨てがたいもの。しかし、高いからこそもったいなくて使えなかったのでは?それはこれからも使わないでしょう。リサイクルショップ行きにしましょう。

「まだ新しいのに」

使わなかったから新しいのでは?必要かどうかをもう一度考えてみましょう。

「思い出の品なので」

これは難しいものです。思いがこもっているものや一生大事にしていきたいと感じたら捨てなくてもいいでしょう。反対に捨ててしまった方がスッキリする思い出の品は遠慮なく捨てましょう。

「結婚式の引き出物なんだけど」

引き出物やいただいたものは捨てにくいですね。でも、これがけっこう物置にたくさん溜まってしまうのですよね。

大切な人からのプレゼントだったり、手作りのものは捨てられませんね。それほどでもなく、必要のないものだったらリサイクルショップに持っていきましょう。

無理に決断しない方がいい

物を捨てるのは勇気がいることです。捨てた後、後悔してしまうのが一番怖いですね。そうはいっても決断しなければ物はなくなりません。

どうしても迷ってしまうなら、迷い箱を用意してそこに入れておき、後でもう一度考えてみるのもいいかもしれません。後で、というのはできるだけ早い方がいいですよ。そうしないと結局捨てられないまま、片付かないですからね。

DMやお知らせハガキはすぐ捨てる

またDMやお知らせハガキなどはすぐに溜まってしまうものです。気が付くと2年前のお知らせハガキが…なんてことも。DMやお知らせハガキは読んだらすぐに捨てましょう。チラシなども不要なものはすぐにゴミ箱へ。

また化粧品のサンプルもいつの間にか溜まっているもの。化粧品もすぐに使わないと効果が分かりません。サンプルはすぐに使うようにしましょう。また、使いかけの化粧品も捨てましょう。この色、もう使わない、と思ったら捨てましょう。

領収書は昨年のものは捨てましょう

電気代やガス代、新聞代の領収書も取っておいても仕方のないものです。1年経ったら捨ててもいいでしょう。

お財布に入っているレシートも必要はなかったらすぐに捨てましょう。雑誌なども気になるページだけスクラップをして、後は捨てましょう。新聞もためておくスペースが一杯になるちょっと前に捨てましょう。

衣類を捨てるコツとは?

片付かないベスト1ともいえる洋服ダンス。衣類は1年着なかったら捨てる、というのが基本のようですね。

でも1年だけではもったいない、と思ってしまいますね。そこで、捨てる衣服の基準を決めましょう。

  • 肩パットが入っている服は捨てる
  • 破れてしまっているものは捨てる
  • 生地が傷んでしまっているものは捨てる
  • 型崩れしているものは捨てる
  • 食べ物のシミや汗ジミのできてしまった服は捨てる
  • シャツの衿の汚れが落ちないものは捨てる
  • 取りきれないほどの毛玉がついた服は捨てる
  • 古くさいな、と感じた服は捨てる

など、基準を決めて捨てるようにしましょう。

これで、洋服ダンスもスッキリして、無断に探したり、お洗濯した衣類を入れるのに苦労したりしなくてすみますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • せきぐち

    初めまして。不用品をもったいなくて捨てられないという気持ちにとても共感します(^_^)/ それで、いきなり大きなお世話ですが、不用品をバザー品として送れる場所があるので、その場所をお伝えします。大阪にある、『豊能障害者労働センター』で、5つのリサイクルショップを運営して、バザー品はそこで売られています。売り上げ金は、主に障害者福祉に使われています。 私も「ずっと長く使う」と信じて買ったものが、意外と使わなくなった、ということが、よくあります。以前はもったいないと思いながら、不用品を泣きたい気持ちで仕方なく捨てていましたが、今はここの労働センターに送れるので、とても嬉しいです(^^) それで、私と同じように、「使わないものを捨てられない」と悩んでいる人を助けたくて、多くの人に、この労働センターを教えているのです。バザー品の送り先のHPは http://www.tumiki.jp/bazar.htmlです。このページを開いて頂いたほうが、わかりやすいと思います。

    せきぐち より