• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

イライラに落ち込み…生理の不快感を和らげて快適に過ごすコツ

Date:2014.08.29

生理は女性にとって大切なものです。でも、そんな感謝すべきものなのに、その期間中は辛くてたまらないと感じる女性は本当に多いものです。

生理前や生理中に経験するイライラや落ち込み、そして不快感は正に耐え難いもの。だからと言って毎月来なかったら大問題。あがってしまうのだってまだ困る…現実を見れば、辛かろうが生理と上手くやっていくのが一番の方法と言えるのではないでしょうか。

とはいえ、この不快感に一人耐え忍んでいたらストレスのほか何もありません。そこで、そんな生理の不快感に悩む方にヒントとなる、少しでも生理期間を快適に過ごすコツをご紹介していきます。

下着を可愛くする

生理が来てしまった…そんな重い気持ちは下着を可愛くすることで大分軽くすることができます。
昨今は生理用の下着一つとっても、地味でつまらないデザインばかりでなく、可愛らしいキャラクターやリボン、レースなどを使ったもの、ぱっと目を引く明るい色遣いをしているものなど、ファッショナブルなものが色々あります。

生理の時期にしか着れない可愛らしい下着があれば、少し楽しくなれるものです。

お洒落をする

気分を少しでも上げるなら、下着同様、洋服もお洒落をしてみましょう。お気に入りの色を身に着けてみたり、普段着ないようなファッションをしてみたりすると、気分がよくなるはずです。

ただ、くれぐれも締め付けるようなファッションは身体に負担がかかるので、避けるようにされてくださいね。

食べ物や食べ方に気をつける

生理前や生理中はホルモンバランスの関係が崩れている状態の為、心身ともに不調になることが多くあります。そんな時には食べるものや食べ方にも気を付ける必要があります。

まず血糖値を上げてしまう「砂糖」、水を貯めこんでしまい、むくみや膨満感を引き起こしてしまう「塩」、PMSの症状に影響を及ぼすエストロゲンの分泌を高める「カフェイン」、この3つは避けるようにしましょう。

代わりにビタミンB6やビタミンCが入った食べ物を積極的に摂りましょう。生理痛の症状を和らげてくれます。精製された小麦粉や白米よりも全粒粉や玄米などを食べれば、頭痛も改善されます。

チョコレートを食べたくなったら、カカオをローストしないで作った栄養がたっぷりのローチョコレートにしましょう。また、水を沢山飲み、食べ物は少量を数多く食べるようにすることで、身体が軽く感じます。

身体を動かす

生理の時、身体を全く動かさないのも心身ともに滅入ってしまいます。そこで、具合が悪くない限り、無理なく身体を動かす機会を作りましょう。

特にヨガはゆっくりとした動きにストレッチが入るエクササイズのため、リラックスもできてお勧めです。無理のない自分が好きなポーズをいくつか取ってみると良いでしょう。

アロマオイルを使ってみる

生理痛がひどくなると、薬に思わず頼ってしまうという方も多いでしょう。でも、それよりももっと自然な方法で痛みや不快感を和らげてみませんか?

そこでお勧めなのがアロマオイルです。ホホバオイルなどのキャリアオイルにまぜ、むくみが気になる脚や重い腰、冷えた感じがするお腹を優しくマッサージしてみましょう。または、オイルバーナーを使って炊いてあげるのもリラックスできて良いですよ。

使用するオイルは、気分の安定にはベルガモットとクラリセージ、イライラするならゼラニウム、リラックスしたいならラベンダー、頭痛や胃痛はペパーミント、膨満感にはグレープフルーツとレモンなどがお勧めです。

布ナプキンを使う

生理時の不快感の一つとして、ナプキンなどの蒸れやかぶれによるものが挙げられます。肌が弱い方は敏感肌用のものを使うだけでも違いますが、一番良いのは布ナプキンです。

市販の生理用品のように変な化学物質も入っておらず、肌に優しく、通気性も良いので快適感があります。洗わなくてはいけない手間というのはありますが、それを差し引いても一度試してみて損はない優れものですよ。

温める

生理痛や生理の不快感一般を楽にするには、下半身、特にお腹や腰のあたりを温めてあげるのが効果的です。

電子レンジで温められるヒーティングパッドや湯たんぽなどで気になるところを温めてあげましょう。特に寝る時には腹巻をするのも効果的です。半身浴でゆったりとするのも、身体を温めながらイライラが解消できるのでお勧めですよ。

身体を十分に休める

上で身体を動かすことを勧めましたが、一方で少し自分を甘やかしてゆっくりと休息を取ってあげることも大切です。普段よりも睡眠時間を増やしてあげるのも良いでしょう。

また、お気に入りの部屋着で好きな雑誌とハーブティーを楽しんだりするような時間も設けてあげましょう。

生理中は健康的な方法でちょっと自分を甘やかして労わってあげるのがポイントです。無理は禁物、気持ちを楽に持って穏やかに過ごしましょう!

この記事をシェアする

関連記事