• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

脂肪の吸収を抑制!食べ過ぎちゃったな~と思った時の対処法

Date:2013.01.02

どうしても今日は焼き肉が食べたかったから思う存分食べてしまった、という日の夜や次の日、猛烈に後悔したことはないですか?せっかくダイエットしていたのに、すべてムダになってしまった…。なんて悲しい経験、誰にでもありますよね。

でも、大丈夫です。そんなときには、脂肪をリセットする食べ物を食べればいいのです。もちろん限度はありますよ。でも、食べ物の中には摂り過ぎてしまった脂肪や脂をリセットしてくれるものがあるのです。そんな魔法のような食べ物を紹介しましょう。

甘酒は脂肪を分解する

お酒でダイエット、という話は最近よく耳にしますね。その一つが甘酒です。甘酒には脂肪分解酵素が含まれているので、ダイエットにおすすめ、と言われているのです。その脂肪分解酵素であるリパーゼは、体内の脂肪を分解してくれて、体脂肪を落とす働きを促してくれるのです。

カフェインにも含まれるリパーゼ

脂肪を分解してくれるリパーゼはカフェインにも含まれています。コーヒーや緑茶、ココア、チョコレートなどにも脂肪燃焼効果があると言えます。しかし、糖分が脂肪燃焼を妨げるので、砂糖抜き、摂取すること、また、量を控えること、が条件です。

羊の肉にも脂肪燃焼効果アリ

L-カルニチは体内に蓄積されている脂肪を燃焼させ、エネルギーに換えてくれるという働きをしてくれる栄養素です。L-カルニチンは羊の肉に多く含まれているとされています。

唐辛子は脂肪を燃焼させる

唐辛子などに含まれるカプサイシンという成分は、エネルギー代謝を活性化して脂肪を燃焼させる働きがあると言われています。カプサイシンが豊富に含まれているキムチ、調味料の豆板醤、コチュジャンなどを料理に加えてみましょう。

しょうがでカロリー消費

辛味成分の一つであるジンゲロンという成分を含むしょうがも体脂肪の燃焼を促す食べ物。しょうがを食べると体が温かくなって、汗も出ますね。しょうがには胃液の分泌を促して、消化吸収を手伝う働きもあります。

代謝を促進する海藻類

海藻類にはヨウ素、という成分が多く含まれています。ヨウ素は体内でタンパク質や脂質、糖質の代謝を促す働きがあるのです。ヨウ素を含む昆布やワカメ、ひじき、のり、などの海藻類を食べると蓄積された脂肪を燃焼しやすくしてくれるのです。

ケーキを食べ過ぎたら納豆

脂肪を分解するリパーゼや代謝を促すビタミンB群を多く含む食材が納豆です。もともと大豆に含まれるサポニンには脂肪の吸収を抑えて、脂肪を分解する働きがあるのです。ケーキなどの甘いものを食べすぎたら、納豆を食べましょう。

きな粉でむくみ解消

塩分を摂り過ぎるとむくみますね。そんなときは塩分の排出を促すカリウムが豊富な食べ物を。カリウムを含む食品はいろいろありますが、その中の一つにきな粉があります。カリウムも豊富なきな粉は、大豆サポニンも多く含まれ、脂肪を分解してくれる働きがあります。

プーアール茶で脂肪吸収をブロック

プーアール茶にはリパーゼのほか重合型カテキンが含まれていると言われています。リパーゼと重合型カテキンで脂肪酸の燃焼を促進したり、食べた脂肪が消化管で吸収されるのを防いで、脂肪をブロックしてくれるのです。

重合型カテキンは普通のカテキンよりも、脂肪や糖を吸収する働きが強いのだそうですよ。ビタミンやミネラル、マグネシウムも豊富なプーアール茶で美肌&ダイエットができますね。

この記事をシェアする

関連記事