• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

運動がダメでもできるダイエット、代謝アップに良いNEATとは

Date:2014.08.30

4

ダイエットをしても長く続かないという人いませんか?食事制限にしてもついついお菓子を摘まんでしまったり、運動を始めても激しい運動は3日坊主になってしまったりでダイエットは諦めている人もいるかもしれません。

そういう人も簡単にできるダイエットとして注目を浴びているのが「NEAT」です。このNEATを増やすことで激しい運動をしなくてもいいというのはどういうことなのでしょうか。

NEATっていったいどういうものなの?

そもそもNEATって何なのでしょうか。

NEATとは運動以外の生活に使われるエネルギー、非運動性活動熱産生(Non Exercise Activity Thermogenesis)の頭文字を取ってNEATと言われています。

このNEATを上げることでダイエットのための運動をしなくても良いということをアメリカのコロンビア大学が発表しました。

痩せるためには激しい運動を毎日続けなくてはいけないという考えを持っている人が多いのですが、実は日常の代謝エネルギーを上げるだけで痩せる体質に繋げることができるのです。

NEATで代謝をアップさせるだけで本当に痩せるの?

NEATを増やせば本当に痩せるのでしょうか。

例えばウォーキング、普通に歩くだけだと300kcal消費するのに90~100分程度かかると言われています。散歩になると120分程度かかります。

これを入浴に置き換えます。入浴の場合、1時間で約180kcalのエネルギーを消費します。半身浴になると1時間で約150~160kcalの消費です。半身浴をする場合、2時間程度浸かっているという人も多いと思います。そうなると2時間で300kcal程度のエネルギーを消費することになります。

激しい運動をしなくてもお風呂で半身浴をするだけでこれだけのエネルギーを消費するのです。

こういうことの積み重ねで代謝をアップさせ、痩せに繋げることができるのです。

NEATを増やすための代謝アップのために行いたいことは

日常の動きにちょっとしたことを増やすだけでNEATはアップします。その例をいくつか挙げて見ました。

  • バスや電車は座らずに立っておく。
  • エレベーターを使わずに階段を使う。
  • 掃除の時、モップ掛けではなく雑巾がけに変える。
  • 歩いて10分圏内は自転車などを使わず歩いて行動をする。
  • 荷物を運ぶ時、1度に運ぼうとせずに数回に分けて運ぶ

これを見て気づく人もいると思いますが、少し無駄な動きを取り入れたりするだけでNEATは増えます。

他にも家事の形態を少し変えるだけで消費エネルギーもアップするので、毎回モップ掛けをしているところを時々は雑巾がけに変えるだけでも消費エネルギーは全く違います。日常生活に少しだけ無駄な動きを取り入れて、代謝アップに繋げましょう。

激しい運動がダイエットに効果的でも3日坊主で終わらせるより、NEATでエネルギー代謝を上げ、それを長期間続ける方がダイエットに繋がります。

今までなかなかダイエットが成功しなかった人もNEATに注目して日頃の動きを見直してみるのもいいかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事