• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

貯金できない夫婦に知ってほしい必ず貯金が成功する習慣

Date:2012.12.19

貯金はもちろん、あった方がいいですよね。突然大きなお金が必要になる場合もあるだろうし、旦那さんがリストラされて仕事がなくなってしまったとき蓄えがないと不安です。夫婦で働いている場合、赤ちゃんができたら奥さんの収入にも影響がでることも。

そんなときにも貯金がないと困りますね。世の中には貯金が上手にできる人と、そうでない人がいます。旦那さんのお給料だけで、きちんと毎月貯金をしている奥さんもいれば、夫婦で働いていて収入もそれなりにあるのに、貯金がひとつもできない、という夫婦もいるでしょう。

それはなぜか?今後の生活のためにも、夫婦で働いているのに貯金ができないのは困りますから、その原因と解決策を考えていきましょう。

生活にかかる費用を確認する

結婚前は自分のお給料をすべて自分のために使っていた、または家に数万円を入れて、あとは自由に使っていた、とい習慣があった場合、結婚して二人で稼げば生活も楽にできて貯金もできるだろう、と漠然と考えていると貯金はできません。

貯金ができない、という人においては生活費用にいくらかかっているのかを把握しきれていないことが多いのです。ガス代や電気代、水道代などの光熱費、新聞代、健康保険、税金、シャンプーやリンス代などの支払いを確認してみてください。

すると思っていたよりもお金がかかっていると思いますよ。それを把握せずに、入ったお給料に余裕があるはずと思って買いたいものを買ったり、外食でぜいたくしている生活を続けていると、生活はできても貯金まではなかなか手が回らないことが多いでしょう。

まずは収入と必ず支払わなければならない生活費用を計算し、それを把握してお金を使うようにしましょう。

趣味にかかるお金はいくら?

貯金ができない理由としては、やはり夫婦それぞれの趣味や娯楽にかかる費用が多い、というケースが多いです。結婚すると独身時代のように好きなだけ自分のお給料が使える、というものではいのが結婚生活です。

そうはいっても趣味や娯楽をなくしてしまうと、ストレス解消の妨げになることもありますから、見直しができるものは見直していきましょう。

毎月、もしくは毎年会費だけを支払っていて行っていない習い事などはありませんか?スポーツクラブなどファミリー会員などになると1人ひとりで支払っているよりも安くなりますよ。

携帯電話などもファミ割などを利用しましょう。二人で楽しんでいる趣味にたくさんのお金がかかっている場合、ゴルフや旅行などはちょっとだけ予算を削ってみましょう。その分が貯金にまわることになりますよ。

外食が多い?

夫婦で仕事をしていると、どうしても外食が多くなりがちです。奥さんも疲れているし、そんな奥さんに無理をして料理をさせられないですしね。

でもやっぱり外食は家で食べるよりもお金がかかります。アルコールを飲む夫婦であればなおさらですね。でも貯金をしたいのであれば、外食の回数を減らしていくことが必要です。

ただ、どちらかが無理をして料理をすることになると夫婦喧嘩の原因になってしまいますから、奥さんが作ったら旦那さんが皿洗いをする、など夫婦で協力し合うことが大切ですね。

または、テイクアウトにしてお酒は自宅で飲む、などアルコールを自宅で飲むだけでも出費は違ってきますよ。食費にかかる費用を抑えることで、貯金にまわすことが可能になるのではないでしょうか。

貯金は最初に

月の最後に余った金額を貯金しよう、という考え方ではなかなか貯金ができないものです。月の決まった支払い金額、趣味に使える金額を差し引いて貯金できる金額を最初から貯金してしまいましょう。

支払わなければならないものと貯金を除いた金額で、趣味や外食などに使ったり、生活をしていく習慣をつけることで、貯金ができるようになりますよ。

この記事をシェアする

関連記事