• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

脈ありと思ったら違う!?恋愛でありがちな勘違いと勘違いを防ぐ方法

Date:2018.12.11

この記事のタイトルとURLをコピーする
脈ありと思ったら違う!?恋愛でありがちな勘違いと勘違いを防ぐ方法|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/kantigai3892/

ふと目が合った時、優しくされた時、よく話しかけてくれた時、「この人は私に気があるのかな」なんて思ったりしませんか。

それがきっかけとなって相手にアプローチをすることも少なくありませんね。

でも、ちょっと待った!それ、もしかしたらただの勘違いかもしれません。

相手が好意を持っていると思ったら実はただの勘違いだったということは少なくないんです。

このような勘違いをすれば恥ずかしい思いをしますし、自信をなくすことにも繋がります。

相手に期待して傷つく前に、今回は恋愛でありがちな勘違いと勘違いを防ぐ方法をご紹介します。


自分に気があると思ったらそうではなかった…!恋愛でありがちな勘違い

男性の中には女性が戸惑うような態度、行動を取る人がいます。それにより、自分に好意があるものと勘違いすることも少なくありません。

まずは、恋愛でありがちな勘違いをいくつかご紹介します。

ちょっかいを掛けてくる回数が多い

会社の廊下ですれ違うたびに絡んでくる人やあなたをスルーすることがない人、いませんか。

男性は好きな人にはちょっかいを掛ける、なんて言うし、もしかしたら自分のことを好きなのかも?と期待してしまう方も多いでしょう。

しかし、その男性、もしかしたら、あなただけではなくて他の人にもちょっかいを掛けていませんか。

その場合、ちょっかいを掛けてきたからといって好意を持っているとは言えないので気を付けましょう。

また、反対に興味がないからこそ気軽に声を掛けてくる、なんて人も中にはいます。

他にも、彼女はいるけれど、人懐っこさゆえにちょっかいを掛けてくることもあります。

好きだからこそ声を掛けられないという人も中にはいますので、ちょっかいを掛けてくる=好意があるかどうかはその人の性格によるものが大きいでしょう。

気が利く

重いものをさりげなく持ってくれたり、困っている時にとっさに助けてくれる男性に心惹かれる女性も多いですね。

気が利くということは普段からもそれを当たり前のようにしているということ。

頼りがいのある一面を見るとドキッとしてしまいますが、それが必ずしも好意から行なっているものではないということを肝に銘じておきましょう。

特に姉、妹のいる男性は女性慣れをしているので、距離感、会話の内容まで簡単に、また深入りしてくるので勘違いさせられてしまう女性は多いんです。

そのため、姉、妹がいる人は女性慣れしていて当然、と思っていた方が良いかもしれませんね。

また、学生時代のアルバイトで女性との関わりが多かった男性も同様に女性慣れしている傾向がありますので、注意しましょう。

褒めてくる

容姿や行動など、小さな変化や頑張ったことを褒められれば誰でも嬉しくなってしまうもの。

特に異性から褒められれば「この人私に気があるのかな」なんて思ったり。

相手を褒めるのは照れ臭いと感じる男性もいますが、褒めて当然という考えの男性がいるのも事実です。これは特に女の兄弟がいる人にありがちですね。

モテる男性が社交辞令で褒めることは多いですが、中には女性に嫌われたくないからという理由で必要以上に褒める男性もいますので、褒められたからといって好意があるとは限らないと思っておいた方が良さそうです。

反対に普段滅多に人を褒めない人が自分にだけ褒めてくる場合は脈ありの可能性があります。

いつも笑顔

女性は好きな人と話せるだけで嬉しくなるので、自然と笑顔になる人も多いですよね。

そのため、同じように男性が自分に笑顔で接してくれることが多ければ、脈ありを期待してしまうと思います。

しかし、男性は女性よりも社交テクニックとして笑顔を持っている人が多いため、営業スマイルを作ろうと思えばすぐ作れますし、その分多くの人の前で笑顔を見せている可能性もあるんです。

あなたに向けられた笑顔が営業かそうではないのか、他の人に対する態度を見て判断しましょう。

食事に誘ってくれる

男性は食事に誘ってくれることがありますが、だからといって脈ありと判断するのは早いです!

  • ただ単に食事を一緒にする人がいないから
  • 女友達として気が合うから
  • あわよくば体の関係に持ち込みたいから

これらの可能性もあるんです。

また、食事に誘われた際は以下のことがないかチェックしてみましょう。勘違いを防ぐことが出来ます。

当日誘われる
これはたまたま今日予定が空いているからですね。誰でも良いから食事に行く相手を探しているのでしょう。脈ありであれば数日前から予定を聞いて計画を立てるはずです。
相手の主導権で行き先、日にちを決める
好きな女性であれば相手に合わせようとしてくるはずです。
いつも夜ばかり、飲みの席ばかり
これは遊びの可能性が高いです。それとは逆に、休みの日にランチにでも誘われたら、脈ありと判断しても良いかもしれません。
この他に、流行に乗りたいという理由で話題のお店に誘ってくることもあります。

自分にだけ弱みを見せてくる

いつもは強がっている男性が二人きりになった時に急に弱い部分を見せてくることがあります。

普段とは違う面をいきなり垣間見るので、ドキッとしてしまいますが、これも勘違いしやすい行動の一つ。

男性は本当に好きな人には弱い部分は見せられないものです。

つまり、あなたに弱い部分を見せるということは脈ありというよりは母性を感じていると捉えた方が良いでしょう。

とはいえ、信頼を寄せられていることの表れでもありますので、もう少し様子を見てみても良いかもしれません。

連絡が多い、やり取りが途切れない

男性にとってメッセージやメールは単なる連絡手段であり、意味のないものは面倒に感じてすぐ終わらせてしまう人が多いですよね。

ですが、やたら連絡が多かったり、何かあれば誘ってくれる。また、やり取りが終わる時は彼のターンで終了。就寝前には必ず「おやすみ」と返してくれる。

こんなことが頻繁にあれば自分に気があるのかと勘違いしてしまう女性も多いでしょう。ですが、男性の中にはマメな性格な人もいます。

そして、友達だと思っているからこそ、気楽に連絡が取れるし、誘えるのです。

また、別の女性ともやり取りしていたり、他の女性を紹介して欲しいがためにマメに返信をしてくる男性も中にはいます。

脈ありかどうかを知りたい時はマメかどうかよりも返信の早さで判断した方が良いかもしれません。

ボディタッチが多い

「お疲れさま」や「頑張って」などのちょっとしたやり取りの際の軽いボディタッチ。今まで何とも思ってなかったのに、急に意識してしまう女性は多いでしょう。

女性の場合は意中の人にしかボディタッチをしないため、男性にボディタッチをされれば「自分は特別な存在なのかな」と思ってしまいがちな傾向にあります。

ですが、男性にはそんなつもりはなかった、ということが大半なんです。

  • 他の女性にもボディタッチをしている
  • 相手はドキドキしている気配がない
  • ボディタッチ後、すぐに視線を外す

これらに当てはまるようであればただの勘違いの可能性大!

ボディタッチをしてくるということはそれだけ女性好きであったり、女性慣れしているということ。

女性にボディタッチするなんて普通の男性ではなかなか出来ないですからね。

この他に、姉や妹といった女の兄弟がいる人は女性慣れしていますので、あえて気に留めることもなくボディタッチをしてくることがあります。

そのため、ボディタッチが多いからといって気があるとは限らないので気を付けましょう。

彼女との別れ話を相談してくる

男性が彼女との別れ話を相談してくると、「それは私に気があるから?」と思ってしまうことがあるかもしれません。

しかし、これは単にあなたが相談しやすい相手である可能性が高いです。

確かに相談相手と恋に落ちるという話もよく聞きますが、気があるかどうかはまた別の話になってきますので、注意する必要があります。

質問攻め

次から次へと質問をしてくる男性、いますよね。特に恋愛にまつわる質問が多いと女性は勘違いしがち。

しかし、場合によってはただ単に沈黙が苦手だからという可能性も。恋愛の質問が多い場合は恋愛の話なら盛り上がるだろうという男性の算段であると言えます。

答えを聞いても対して関心がないため、しばらく経つと同じような質問をされるということもあります。

また、こちらの話には関心がないからこそ、自分の話は熱心にしてくることもあります。

よく目が合う

ふとした時に目が合うと自分のことを見ているのかな、なんて思ってしまいますよね。

ですが、これだけでは脈ありとは判断出来ません!単に気が多いだけの男性もいるんです。

そうでなくても、キョロキョロしている人もいますから、その視線上にたまたまあなたがいたという可能性もあります。

ただ、視線が合い、そのまま長く見つめることがあるようならば脈アリと受け取っても良いかもしれません。

飲み会で隣の席になることが多い

飲み会でたくさんの席があるにも関わらず、わざわざ隣に来て話しかけてくれる男性。

他にも席はあるのに、自分の方に来てくれるなんてドキッとしてしまいますね。

でも、それは飲み会で周りに合わせて盛り上がって欲しいだけかもしれません。

気を遣うタイプの男性は飲み会で打ち解けていない人を見かけると「自分が盛り上げないと!」と思って隣に来て話しかけてくれるようです。

間接キスを嫌がらない

飲みかけのジュースや食べかけのパンを「一口ちょうだい」と平気で口をつける男性もいます。

そんな行動を見て意識してしまう女性も多いでしょう。

ですが、男性は友達同士で飲みまわしなど結構するので、脈アリというよりは友達としてしか見られていないかもしれません。

ただ、間接キスをした際、相手が照れていたら脈アリの可能性があるので、彼の表情にも注目してみてください。

仕事の帰りに一緒に帰ってくれる

会社を出て駅に向かう帰り道、「一緒に帰ろうよ」と声を掛けられたらドキッとしてしまいますよね。

しかも、「また一緒になったね」なんて言われたら余計に意識せずにはいられないでしょう。

ですが、この時会話が仕事の話がメインで、プライベートな質問がなければ脈ありとは言えないでしょう。

デートに誘ってくる

頻繁にデートに誘われた時、脈ありだと感じてはいませんか。

しかし、こちらはデートだと思っていても、相手にとっては友達として遊びに誘っているだけかもしれません。

男性によく誘われる時は友達としてなのか、男女の関係としてなのか、しっかり見極めた方が良いでしょう。

内緒話をしてくる

「こんなこと言えるの君だけだよ」と言って内緒話をしてくる男性。特別感を抱いてしまいがちですが、ここでも落とし穴があります!

彼の内緒話の内容を思い出してみて下さい。

  • 他人のスキャンダル
  • 女性に引かれ手しまいそうな内容

であったら勘違いの可能性が高いです。

というのも、男性は好きな女性の前ではかっこいい自分を出したいため、好意があれば自分のマイナス面の話はしないんです。

その場合、ただ女性目線の意見を求めていたり、男友達には話せない内容だからこそ、あえてあなたに話してきている可能性があります。

好きだけど付き合えない

男性の中には本命だと思わせておいて実は違う、というように曖昧な態度をとる人もいます。

例えば

  • 「伝えたいことがある」と言われ、その後そのことについて聞いたら、はぐらかされた
  • 告白したら、「好きだけど今は付き合えない」と言われ、後日彼女がいることが発覚

などが挙げられますね。

これは完全にキープですね。好意があるそぶりを見せられ、こちらとしてはその気になってしまいますが、相手からすればただのキープ要員でしかありません。

例えば何人かと同時進行でデートをしているけれど、本命の女性から振られた時のためにキープしておきたいというパターンや彼女と別れそうな時に別れた時にすぐに別の女性で寂しさを埋めようとしているなど、恋愛に依存しがちな男性に見られる傾向でもあります。

上記の他に、男性の中には自ら「好き」と言ってくる人もいます。ですが、友達として好きというパターンもありますので、注意して下さい。

未然に防ぐにはどうしたら良い?恋愛にありがちな勘違いを防ぐ方法

恋愛における勘違いを未然に防ぐためにはどうしたら良いのでしょうか。

これはある程度経験も必要になってきますが、実はしっかり周囲を見回せば意外と勘違いに気付くポイントは転がっています。

そこで、勘違いを未然に防ぐための方法について次はご紹介します。

信頼出来る人のアドバイスを聞く

恋は盲目とはよく言ったもので、相手を意識している間は悪い面は見えないものです。ですが、周りの人の目はいたって冷静。正しい判断をしています。

「この人はやめておいた方が良い」と言われたらどこがダメなのかしっかり耳を傾けましょう。自分では気付かなかったことも気付かせてくれます。

また、その男性のことが不安だったら「どう思う?」などと自分からアドバイスを求めても良いかもしれませんね。

恋に対してダメなものはダメと言ってくれる人は大変貴重な存在です。いくら彼のことが好きでも周りの声は大切に。

周囲の人に彼の話題を提供する

これは脈アリサインを送ってくる男性に有効な手段ですが、「恋が成就するまで彼のことは黙っておこう」とは思わず、思い切って彼とのことを周りの人に打ち明けてしまいましょう。

もし、彼が他の女性にも同様のことをしていれば、打ち明けた時に周囲の人が「他の人にも同じことをしていたよ」と教えてくれます。

他の人にも同じことをしていないか確認する

いくら平等にしようとしてもあなたに好意を持っているならどこかで態度に差が出てくるはずです。

例えばあなたが困っている時にすぐに駆けつけてくれたり、辛い時にそばにいてくれるなど、これらの行為が他の女性に見られないならそれは脈ありと思っても良いでしょう。

他にも、他の人が近くにいる時と二人だけの時では態度が違う場合も脈ありの可能性があります。

また、からかってくる男性の場合、好きな人の気を引きたくて行なっている時があります。

しかし、それに対し不快に感じるようであればただ馬鹿にしたいだけの可能性も。

愛情のあるいじりなのか、ただ馬鹿にしたいだけなのか、よく見極めてみてください。

他愛のない内容、スタンプのみの返信をする

これはメッセージを律儀に返してくれる男性に試して欲しいのですが、返事をするほどでもない他愛のない内容やスタンプのみの返信をしてみましょう。

相手が好意を持っているなら、それでも返信をくれるはずです。

また、この他にも

  • 昨日の会議の件だけど…
  • 友達の○○ちゃんって…
  • 今度大人数で飲み会しない?

このような内容を送ってくるようなら、どんなにやり取りが多くても脈ありとは言えないので注意しましょう。

共通点を探ってくるか

もし相手があなたに好意を持っていればあなたとの共通点を探ってくるでしょう。

そして共通点があった時にはしきりにそれをアピールしてきたり、嬉しそうにその話題を振ってくる可能性があります。

例えば

  • 休みの日は何してる?:映画を観に行ったりしているよ→俺も映画好きだから今度一緒に観に行かない?
  • 好きな食べ物は何?:甘いもの→美味しいケーキ屋を知っているから今度行かない?
  • どんな男性がタイプ?:優しい人→俺、優しいよ

こんな感じですね。

人間関係は共通点があることでより深い関係を築くことが出来ます。

そのため、探ってくるということはあなたに興味があり、深い関係になることを望んでいるということです。

社交辞令と好意の違いを見極める

勘違いしやすい社交辞令と好意ですが、その違いは言葉以外で判断しましょう。

  • 声のトーンが高く、弾んでいる
  • 嬉しそうに話す
  • 笑顔や明るい顔で接する

これらが見られるようであれば社交辞令ではなく好意と受け取っても問題ないでしょう。

社交辞令であればそれほど声は弾みませんし、表情に大きな変化は見られません。

あえて距離を詰めてみる

「またゆっくり話がしたいな」、「○○ちゃんといると楽しい」など次から次へと甘いセリフを吐くような男性もいますよね。

こういう男性はただモテたいだけで女性を惑わせて楽しんでいます。つまり、気分さえ良くなれば良いと考えているんですね。

その場合、あえて距離を詰めてみることで脈ありかどうか判断することが出来ます。思い切って「今度デートしましょう」と誘ってみましょう。

  • さっと逃げてまた同じ距離感を保つ→ただの思わせぶり
  • 喜んで同じように距離を詰めてくる→脈あり

このどちらかの反応に分かれるはずです。思わせぶりである場合、前に進むと厄介だと考えているため、さっと逃げます。

男心と女心の違いや恋愛に対する違いについて知っておく

男性と女性では価値観や考え方が違うということを知っておけば勘違いするのを防ぐことが出来ます。

相手の性格や行動を冷静に考える

上記にもあるように優しさや気の利く性格は単にその人の性格なだけかもしれません。

つまり普段そういうことをやるかどうか、観察しておくと良いですね。反対に普段そういうことを滅多にしないタイプの男性であれば好意の可能性があります。

勘違いしそうになったら、相手の性格や行動について冷静に見つめ直してみることも大切です。

勘違いをする前に一旦冷静になって軽い男かどうか見極めよう

脈ありだと勘違いしてしまう男性と軽い男性は紙一重です。だからこそ、勘違いをする前に見極めることが大事。

「自分に気があるのかな?」と感じたら浮かれるのではなく、彼の言動について冷静に、また、客観的に見直してみましょう。

そして、見極める際ですが、一つだけを根拠に決めつけるのも良くありません。いくつかの判断材料で見極めるようにしましょう。

勘違いを防げれば恥ずかしい思いをしなくて済みますし、新しい恋愛へと気持ちを切り替えることが出来ます。

この記事のタイトルとURLをコピーする
脈ありと思ったら違う!?恋愛でありがちな勘違いと勘違いを防ぐ方法|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/kantigai3892/
ライター:もも

この記事をシェアする

関連記事

コメント