• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性は30代が一番キレイだと言われる、そのワケは一体何だろう?

Date:2013.12.24

女性のキレイは、一体何歳がピークなのか?

年齢を重ねると共に、ちょっとした衰えや劣化を感じることは多々あると思います。「若い頃はこうだったのに・・・」「こんなに○○じゃなかったのに・・・」そんな若かりし頃を振り返って、悲しい気持ちになっているアラサー女性も多いでしょう。

ところが、アメリカの雑誌【Allure】で行われた調査では、女性の美のピークはなんと31歳という平均結果が出ています。これは女性が自分自身のキレイの絶頂を感じた結果。アメリカと日本では文化や環境が違うので、差があるかもしれません。

アメリカ人女性は前向きでいつまでも女性としての自分を大事にする傾向があります。反対に日本人女性は、子育てや家事に追われて、女性としての自分を見失ってしまう人も少なくありません。

しかし、日本人の30代女性にだって、より一層キレイになれるための要素はたくさんあるのです!

年齢を重ねると、生活のリズムや身体や肌への気配りができるようになる!

若い頃は身軽に遊びに出かけられるため、生活も不摂生になりやすいと言えます。友人と夜遅くまで飲み、メイクもそのまま、お風呂も入らずに寝る・・・なんてことはよくあることです。しかし、そういった不摂生をしていても身体に堪えにくいのが20代です。

若さゆえに、肌の調子を維持できたり、二日酔いや体力の消耗なども比較的軽度で済みます。そのため不摂生を繰り返してしまうという人も多いのでは。

しかし30代を超えると結婚している人も増え、子供のいる人だっていますよね。そうなると不摂生はなかなかできないもの。意識的にしなくても、家庭中心の生活を自然にすることで自身の美容や健康にも役立っているということなんですね。

アラサー女性の人生経験が美しさを作る

肌や身体の老化は、その速度を遅くすることはできますが止めることはできません。いくら気を遣って生活していても、18歳のときのような肌ツヤや体力をそのまま維持することはできませんよね。

しかし、30代女性の強みは「自分への自信」や「人生経験」だと言われています。仕事や恋愛、趣味、人間関係などにおいて様々な経験を積むことで、自ずと自信がついてくるもの。その自信というのは、振る舞いや言動、表情にまで表れてきます。

また、精神的な安定や充足は肌にも表れるもの。若い頃のようにアタフタとして、思い悩むことも減ってくる30代。その精神的な余裕は、自律神経などに影響するため、美しさを維持することにも繋がるのです。

男性から見る30代の女性とは?

「女性が最も色っぽいのは何歳?」というアンケート結果を行ったところ、男性・女性を合わせて平均が30歳という結果に。男性から見ても、色っぽさや艶やかさを感じるのはやはり30代であることが分かりました。

ここでも、女性が持つ自信や人生経験が表されているように感じます。10~20代の女の子は「可愛い」という表現を使うのに対し、30代からは「キレイ」という言葉が分相応になってきます。

知的さや、落ち着いていてしっかり芯を持っている女性は男性にも人気が高いようです。このような結果を踏まえて、やはり女性として一番魅力のある30歳前後に結婚を考える、というのも一つの選択しではないかと感じました。

結婚適齢期や平均結婚年齢も、ここ数年では28歳~32歳くらい。アラサー世代は結婚に一番適している年代ということが分かりますね。

30代からは「自分が美しい」と意識することが大事

中には、20代の頃のルックスとはかけ離れてしまった・・・とのマイナスな意見もあります。筆者の周囲の子育て中の女性の中にも、30代になったことでの身体や肌の変化を悲観してしまう人も多いです。

30代からもずっとキレイでいるためには「自分は美しい」と意識して生きることではないでしょうか。以前の自分と比べながらでは、この先どんどん劣化するところが増える一方なわけですよね。悲観的な捉え方をしてしまうとキリがないもの。

いつまでも「歳相応の美しさを保つ」ということを意識しながら生活することが、アラサー女子のキレイの秘訣になってくるのはないでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事