• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

30代から急増!尿漏れを緩和するストレッチを覚えよう

Date:2013.04.08

「尿漏れなんて私には関係ない」と思っている女性が多いと思いますが、30代を過ぎるとわずかながら尿漏れを感じるという女性が増えてきます。これは病気ではなく誰にでも起こりえるものであり、自分で予防もできるのです。

今、尿漏れがない人でも今後尿漏れを起こさないようにするためにストレッチを覚えましょう。

何故、尿漏れを起こす?

尿漏れが起こる1番の原因は下腹部や膣の筋力低下といわれています。筋力が低下することで、今まで抑えることができていたものがなかなか抑えることができなくなり、尿漏れとなってしまうのです。

よくくしゃみをしたりしゃがんだりした時に尿漏れを起こしてしまうというのは、その時に腹筋の筋力が緩むのでそれで尿漏れを起こしてしまうのです。

あと、出産をすると膣の筋力が一時的に低下するので、尿漏れを起こしやすくなるということもあります。

尿漏れを防ぐストレッチ その1

これは膣の締りをよくするという膣ストレッチにもなります。膣を鍛えるには下腹部の筋力が必要になるので尿漏れを防止するのにもよいとされています。

  1. 足を肩幅に開く。
  2. 息を吐きながらゆっくりと腰を落としていく。四股を踏むような体勢になるまで腰を落とす。
  3. 腰を落とした時、下腹部に力を入れ、頭の上から引っ張られているような感じでお尻を締める。
  4. ゆっくりと体勢を戻していく。

腰を落とした状態で下腹部に力を入れたりお尻を締めたような状態にするのは、ちょっときついかもしれませんが、これで膣も下腹部の筋力も鍛えられます。毎日20回程度やるだけでかなり違います。

尿漏れを防ぐストレッチ その2

このストレッチはいつでもできるので外出先でもやってみましょう。ヒップアップにも効果があるかも?というストレッチです。

  1. 姿勢よく立つ。
  2. 下腹に力を入れ、お尻の穴をキュッと締めるような感じにする。

たったこれだけです。これだと電車やバスに乗ってる時もできるし、ちょっとした信号待ちの時などにもできます。下腹部の筋力だけではなく姿勢もよくなります。

尿漏れを防ぐストレッチ その3

これはストレッチではないのですが、1番効果があるといわれています。それはトイレの時、途中で力を入れて止めるということです。

トイレの途中で力を入れて一旦止めるというのは一番下腹部、そして尿漏れを防ぐためのトレーニングといわれています。毎回は無理だと思いますが、トイレに行く何度かはこれをしてみましょう。

これをして「なかなか止まらない」という場合は、かなり下腹部の筋力が低下しているので、すぐにストレッチを始めましょう。

年齢関係なく尿漏れ防止ストレッチは有効です。少しでも「ちょっと危ないかも」と思った時にはストレッチをすぐに始めましょう。下腹部・膣の筋力をアップさせるだけで尿漏れは緩和できます。

「歳だから」という言い訳はせずにまずは自力で治すよう心がけましょう。

この記事をシェアする

関連記事