• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

3時にチョコはダイエット!?甘いものを効果的に摂ってダイエット

Date:2012.08.19

チョコレートがダイエットになるって知っていましたか?食前にチョコレートを食べることで、満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防げる、ということからダイエットになると言われているのです。

それには条件があり、カカオ含有率70%以上のビターチョコレートです。甘いチョコレートはその分だけ糖分が多くダイエットには適していませんね。

これはチョコレートだけではなく、糖分のあるお菓子全般に言えることです。ただし、食べる時間や糖分の量によっては、ただの間食になってしまい太ってしまうので、注意が必要ですけどね。

甘いものを効果的に摂ることでやせる!という夢のようなダイエット。その方法を紹介しましょう。

チョコレートがダイエットになる理由

チョコレートが満腹中枢を刺激させるのは、血糖値をすばやく上昇させる働きがあるからです。血糖値が上がると満腹中枢が刺激され、食欲が抑えられるのです。

また、カカオに含まれるタンニンには、便秘予防の効果があると言われています。チョコレートには食物繊維が含まれているので、便秘の解消になりダイエットにつながるのですね。

さらに血液をサラサラにしてくれるポリフェノールも含まれているので、代謝をアップさせてくれるため、ダイエットになるというわけです。

チョコレートダイエットの方法

カカオ含有率70%のビターチョコレートを選びます。1日50gを3回に分けて食べます。食事の10~20分くらい前の空腹時にゆっくりと食べます。

食事との間が空いてしまうとただの間食になってしまうので、時間を守るようにしましょう。また、糖分が多いと糖分過多になってしまい、ダイエットにならないのでチョコレートを選ぶ際には注意が必要です。

空腹時には甘いもの

お腹がすいたら甘いものを口にすると、血糖値が上がって空腹がおさえられますよ。もちろんたくさん食べ過ぎたりすると、糖分の摂り過ぎになってしまうので、飴玉とかチョコレートを少々にとどめておくようにしましょう。

甘いものは食後に摂るのではなく、食前に摂るとダイエットになりますよ。ダイエットをしているからといって、むやみに甘いものを食べないでいるとストレスになってしまいます。

あまり我慢していると、ちょっと甘いものをつまんだときに我慢できなくなってたくさん食べてしまい今までのダイエットが無駄になることも。効果的に甘いものを食べて上手にダイエットをしましょう。

和菓子でもダイエットができる?

和菓子はケーキなどのお菓子よりもカロリーが低いお菓子です。特に低カロリーなのは、水ようかん、ういろう、もなか、しょうゆのだんご、豆かん、などです。

次に低カロリーなのは、草もちやカステラ、きんつば、今川焼きやたい焼き、プリンなど、高カロリーなのはどらやきやドーナッツ、チーズケーキやチョコレートケーキ、ショートケーキなど。

甘いお菓子が食べたくなったら、低カロリーの和菓子を選びましょう。

食物繊維が多い和菓子

和菓子の素材にはイモ類や豆類、小豆やインゲン、きな粉、寒天など食物繊維が多く含まれるものが多いですよね。

食物繊維は消化の速度を遅くして、満腹感を増してくれるとともに便秘の改善にも役立つ栄養素です。このような栄養素を多く含む和菓子は、ダイエットにもいいんです。

和菓子の中でもきんつばや大福もち、水ようかん、ねりきりなどは食物繊維が多いと言われていますよ。ただし、食べ過ぎは糖分の摂り過ぎになるので注意しましょう。

脂肪分も少ない和菓子

ケーキなどの洋菓子はバターなどを多く使っていますので、脂肪分も多いですね。洋菓子の脂肪分は20~30%。それに比べて和菓子は少ないものだと脂肪分は1%です。これは大きな違いですね。

また、人間の体は脂肪分と糖分を一緒に摂った場合、糖分が先に分解・吸収されるしくみになっています。糖分が摂取されそれにより血糖値が上がると、脂肪分はそのまま体内に残ってしまうこともあります。

ダイエットには洋菓子よりも和菓子がおすすめ。ケーキにはコーヒーが合いますが、和菓子にはお茶が合いますね。

お茶もカロリーがなくて、脂肪を分解する働きもあります。おいしいお茶と一緒に和菓子でダイエットをしましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント