• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

たった5分でうるおいのある肌に。お出かけ前のスキンケアテクニック

Date:2012.08.25

前の晩お酒を飲みすぎた朝や睡眠不足の朝、お肌はカサカサ、シワが目立つ、目の下にクマができている、顔がむくんでいる…など、困った顔になっていること、ありますよね。

若い頃は少し眠れば、肌もハリが戻ったのに、と嘆いてみても老化は進んでいるもの。朝の肌ツヤがよくない日も、年を重ねるごとに増えていくものです。

しかし、年だから仕方ない、と諦めてはいけません。ちょっとしたケアで肌にツヤとハリを取り戻すことができるのです。時間のない朝でも、5分で肌のみずみずしさがよみがえる、スキンケアテクニックを紹介しましょう!

夜のお手入れに一工夫

朝起きたときの口元のシワやくすみは、寝ている間に乾燥してしまうことが原因の一つ。そこで、寝る前のスキンケアとして乾燥しやすい部分、口元や唇に美容液やリップクリームをたっぷり塗って寝ること。

もちろん、顔全体に保湿クリームや保湿美容液をつけて寝ることは大前提ですが、特に乾燥しやすい口元や唇は重点的にケアをしましょう。これで朝はぷっくりとした唇と、ハリのある口元になりますよ。

朝でもできるフェイスパック

朝、顔がむくんでいたり、乾燥している、と思ったらフェイスパックを。最近では顔にピタっと張り付く部分用のシートマスクも出ていますので、これを利用すれば、他のことをしながらパックをすることができますよ。

5分程度でもパックをするのとしないのとでは化粧のノリも違います。気分もシャキッとなるし、顔のむくみも解消です。

オールインワンの化粧品を使う

洗顔→化粧水→乳液→保湿美容液→下地クリーム、といったスキンケアは顔に塗るだけでも時間がかかりますね。

そこで便利なオールインワン化粧品を使うと時間が短縮できますよ。毎日使うには抵抗がある、という人も特に急いでいるときだけでも利用するといいですよ。

最近のオールインワン化粧品には保湿もしっかりできるものも多いので、信用しても大丈夫ですよ。乾燥が心配であれば、そこに美容液だけプラスしましょう。

洗顔はカットしてもOK?

朝は洗顔料を使って洗顔している人とそうでない人がいると思いますが、朝の洗顔は基本的には洗顔料を使わなくても大丈夫です。

夜寝ている間に出る皮脂や汚れを落とすだけなので、あまり洗顔料で洗いすぎるとかえって乾燥を招いてしまいます。ただし、油分が顔について気になる、という場合は洗顔料を使って洗顔しましょう。

また、洗顔料を泡立てている時間を短縮するためには、最初から泡が出てくる洗顔フォームなどを使うといいですよ。

血行をよくする顔のツボを刺激する

目がはれぼったかったり、顔がむくんでいるのは血行が悪い証拠。ちょっとツボを刺激して血流をよくしましょう。

まぶたのむくみには眉の下の骨のくぼみを刺激します。またこめかみをグッと刺激するのもおすすめです。

目の下のクマは軽く叩いて血液やリンパの流れをよくしていきます。目頭の位置からこめかみに向かって、中指と人差し指でパタパタと軽く叩きます。30秒から1分でできるツボ押しですよ。

朝できる簡単マッサージ

マッサージクリームや乳液を顔にまんべんなく塗ります。額からこめかみ、頬、あごにかけて両手でくるくると円を描くようにマッサージをします。

クマが目立つ目の周りは、目頭から目の端、目の下を通って目の周りを大きく指をすべらすようにマッサージします。これだけで顔の血行がよくなり、化粧のノリもよくなりますよ。

時間短縮に役立つオススメコスメ

乳液、プロテクター、化粧下地の役割を一つで担ってくれるコスメが、資生堂の『エリクシール ホワイト デーケアレボリューション』。「夕方、余裕の純白マドンナ」とCMで宣伝している化粧品ですね。

化粧水の後、おでこ、あご、鼻、両頬を適量つけてのばします。これ1本で夕方まで白くて美しい肌を保てる、という便利なコスメ。

美容乳液のような使い心地で、紫外線対策も化粧下地も兼ねている素晴らしい化粧品です。朝のスキンケアの時間を短縮するだけでなく、夕方まで朝のキレイな肌でいられるのもうれしいですね。

この記事をシェアする

関連記事