• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今年は流行間違いナシ!赤い口紅の上手な塗り方

Date:2014.02.22

美しい唇を彩るのに欠かせないメイクアイテム口紅。女性の方はお化粧の仕上げに使っている方が大半かと思います。口紅の色にも時期によって流行色があります。今までの流行の色はローズ系、オレンジ系のあまり主張しすぎない色。

このところそんな口紅の色に変化が見られるようになってきました。最近赤い口紅に注目が集まっているのです。タレントさんやモデルさんもテレビや雑誌で赤い口紅を付けているのを多く目にするようになりました。しかもくすんだ赤ではなく鮮やかな赤色。

赤い口紅といえばバブルの頃にとても流行った印象がありますよね。その当時を知っている方は赤い口紅を昔流行ったメイクとしか思っていないかもしれません。またあまりに色が目立ちすぎるので自分にはちょっとと敬遠している方も多いのです。

流行っていても何となく塗るのが色選びが難しいというのが本音。しかし適切な色を選び上手な塗り方を覚えれば誰でも似合うの色なのです。折角なのでトレンドメイクを楽しんでみたいと思いませんか?

赤い口紅が流行る理由とその塗り方や色の選び方を徹底研究してみましょう。

景気が上向き?

実は景気と女性のメイクには深い因果関係があったのです。経済状況に応じて女性のトレンドメイクも変化を遂げているのです。バブルが崩壊してからというもの景気はずっと停滞気味。

不景気の頃に流行った女性のメイクというのは素肌を強調したヌーディ―メイク。こちらでよく使用されていたのは地の唇の色よりもくすんだ色の口紅でした。その後ナチュラルメイクがブーム。

口紅も地の色にかなり近いピンクやオレンジ色が好んで使われていたのです。そしてここ最近のメイクトレンドは華やかさ。それは景気が上向いてきたのと関係しているのです。

景気が上向いてくると女性はメイクもファッションも華やかになってくるというデータがあるのです。例えばこの数年流行しているのが柄パンツ。今までは黒や茶色、グレーといった無難な色合いが多かったパンツに革命が起きました。

カラフルなビタミンカラーや花柄などそれを一つ取り入れるだけでインパクトが強い色柄のパンツが大流行したのです。メイクも同じ。景気が良い時に流行ったような鮮やかな赤い口紅を付けるようになったのです。

口紅の選び方

塗ってみたいけれど、失敗する可能性が高く意外とハードルが高い赤。でも折角流行っているのですから流行に乗って塗ってみたいですよね。そこで失敗しない赤い口紅を選ぶには似合う色を選ぶことが鍵となってきます。

ポイントは自分の肌に合うかどうか。自分の肌の色、髪の毛や瞳の色等によって似あってくる色は変わってきます。各化粧品メーカーも競って赤い口紅を販売していますがそれぞれ微妙な色合いの違いがあるのです。

そこで自分に合う口紅を見つけるには試してみるのが一番です。これはインターネットショッピングで買うのはお勧めできません。ドラッグストアや化粧品コーナーで必ずテスターが置いてあるはずです。それで必ず試してみましょう。

いくつか塗ってみて自分に合う色が必ず見つかるはずです。しかし自分で自分に合う色を見つけるのは簡単そうで意外と難しいもの。そんな時はショップの店員さんにアドバイスを求めましょう。あなたにピッタリの赤色をチョイスしてくれるはずです。

赤い口紅の塗り方

赤い口紅に限った話ではありませんが、口紅をきれいに塗るコツは下準備です。赤い口紅は塗るととても目立ち唇がすごく強調されるのです。つまり唇に視線が集中します。きれいに見せるためには地となる唇を整えておくことが重要なのです。

まずリップクリームで唇全体を滑らかにしましょう。唇の皮がむけているのが論外。それが赤い口紅で却って目立ってしまうでしょう。そんなカサカサの状態の唇は応急処置できれいになります。

はちみつの力を借りましょう。唇の乾燥が改善されて唇がしっとりとしてきます。

口紅は適当に塗りましょう。いい加減という意味ではありません。唇を塗るときに縁取りをしっかりととって、何度も塗り直す方、いますよね。それだと口紅の赤さが余計に目立ってしまって、唇だけが浮いて見えるようになります。

いつもより力半分で軽く塗るのがコツです。そうすればいかにも口紅塗りました!みたいな仕上がりにならないはずです。自分に合った赤い色をチョイスして、トレンドメイクを楽しんでみてください。

この記事をシェアする

関連記事