• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

これだけでネイルが映える指先に。自分でできる甘皮のお手入れ

Date:2014.07.05

ネイルのお手入れ、自分でしていますか?指先のきれいな女性が、数年前より確実に増えたと思います。素敵なネイルアートを施している、指先のささくれがなく爪の形もきれいに整えているなど、指先美人があふれています。

それはつまり、美人の条件に指先のきれいさも求められているということです。しかし適宜ネイルサロンに行くお金も時間もないのが現実です。そこで自分で指先美人を作ってしまいましょう。

甘皮を処理しよう

甘皮とは爪の指の間にある薄い皮のこと。ネイルサロンに行ったことがある方は、必ずそこで甘皮処理をしてもらっているはずです。

それが指先ブスの原因だからです。爪の形が悪くなります。甘皮は薄いのですが、形も均一ではありません。指によってその生え方も様々なので、爪の長さを揃えても形がいびつになってしまうのです。

ネイルを塗るときの邪魔になります。ネイルを爪の生え際にもきれいに塗りたいのですが、皮が邪魔してしまいます。その皮に沿ってネイルが付くので、出来栄えも統一感がなくなってしまうのです。

爪の成長を妨げます。爪は付け根部分から伸びてきます。皮がその成長を邪魔してしまうため、健康な爪が生えにくくなります。

そんな甘皮、自分で処理してしまいましょう。これだけで爪と指先が、劇的にきれいになります。ネイルをすることだけが、指先のケアではないのです。サロンでやってもらわなくてもコツをつかめば大丈夫。揃えるものも最低限できれいに自宅で処理できますよ。

準備をしよう

必要な物を揃えましょう。ほとんど自宅にあるもので代用できます。指先を柔らかくするための、フィンガーボウルを用意します。これは不要な食器、いらない料理用のボウルでも代用できます。

スティックも必要です。これは100円ショップでも販売されています。とがった割り箸のような形をしていて、甘皮を押し出すのに使います。コットンも自宅で使っているものでOK、ない場合はガーゼを使いましょう。ハンドクリームも自宅にあるもので十分です。

甘側処理の手順

① 角質を柔らかくするため、ハンドクリームを甘側の周りに塗ります。お店ではキューティクルリムーバーという専用の商品が販売されていますので、それを使ってもいいです。

② フィンガーボウルに40度くらいのお湯をはります。指先の皮をふやかすために、そこに指先を5分ほどつけておきます。

③ 甘皮処理の前に、ウッドスティックにコットン(ガーゼ)を巻きつけます。コットンを裂いて薄くし、それを巻きつけ少し湿らせて、スティックにぴったりと密着させます。指先を傷つけるのを防ぐためです。

④ 甘皮を押し上げます。ウッドスティックを使って、甘皮部分を押し上げていきます。このとき力を入れ過ぎてはいけません。皮がはがれて流血するかもしれないからです。

⑤ 再度フィンガーボウルに指先をつけます。押し上げられた皮が、さらにふやけてきます。5分ほど漬けたら、それをコットンを使って優しく拭き取ると、甘皮が自然と指先からはがれてきます。

⑥ 最後にハンドクリームでケアしましょう。甘皮を処理した後の肌を整えます。

これで甘皮ケアは終了です。簡単だと思いませんか?ただしやりすぎは禁物。指先を傷める事になります。伸びてきたなと感じる1~2週間を目安にケアしましょう。

この記事をシェアする

関連記事