• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

甘いものがやめられない!ダイエット中でも太らない時間帯とは

Date:2014.08.10

ダイエットがなかなか成功しない理由の一つが、どうしても甘いものを我慢できないということ。ダイエット中は食事制限をするため小腹がすいたり、スタミナがなくなって疲れやすくなったりするため、普段より余計に甘いものが欲しくなることがあります。我慢することでストレスがたまり逆効果に…つまり我慢が切れて思いっきり食べてしまう、いわゆるドカ食いをしてダイエットが長続きしないのです。

食べたいのはたくさんじゃない…少しでもいいから甘いものを食べられたらいいのにと思うものですが、よい策はないのでしょうか?ダイエットの成功のカギを見直すうちにダイエット中でも食べられる時間帯…タイミングがありました!

吸収の悪い時をねらって!

ダイエットが失敗する要素として、なかなか体重が思うように減らない事やサイズダウンしないと諦めてしまうこと。これはうまく代謝が上がらず排出ができない状態になっているからです。排出もしっかりでき代謝が上がって食べたものをエネルギーに変えられることができればダイエットは成功するのです。代謝を上げて体が吸収しにくいタイミングこそ、ダイエット中のおやつのゴールデンタイムなのです!

では…吸収しにくいタイミングとはどのような時なのでしょうか?食べ合わせダイエットや食べる順番を工夫するダイエットからヒントを得る事ができます。食べ合わせダイエットは食品同士の栄養素を考えダイエットに向かない食品の吸収をしにくくさせ、代謝を良くさせるというものです。例えば、炭水化物をとる前にビタミンをとっておくと炭水化物を吸収しにくくなるという考え方により、組み合わせ食べていきます。ラーメンを食べる時には…食べる前にオレンジジュースを飲むなどすることができるというもの。また炭水化物を食べる時に代謝をあげておくために、ごはんに鶏肉やホタテを炊き込んで一緒に食べるなど栄養からみた組み合わせをうまく使ったダイエットです。

このダイエットはさらに食べる順を工夫することもすすめています。体の吸収が一番良いのは、食事で最初に口に入れたもの。ですからはじめから揚げ物やごはんといったものを食べてはしっかり身についてしまうと言うのです。ですから、身についてほしくないものは…食事の最後に食べることなのです。

必ず砂糖なしの飲み物を組み合わせましょう

ですからおやつも食後のデザートで食べておいた方がよいという事になります。これではダイエットにならないのではないかと思われる方もおられるのではないでしょうか?食後のデザートなら何でもよく、たくさん食べていいと言うものではありません。先ほどの食べ物の組み合わせを考えてみると、何を組み合わせて食べるかもポイントになるのです。
デザートを食べる時アイスクリームなど体を冷やすものは、ダイエット中であればお預けです。体を冷やせば代謝が下がってしまいます。そしてデザートに一緒に飲む物も組み合わせを考えましょう。体脂肪を燃やしやすい飲み物や消化を助けるもの…カフェイン、ポリフェノール(カテキン)の含むものを組み合わせましょう。これらの含まれる飲み物というと、緑茶や紅茶、コーヒーが挙げられます。効能を考えるなら、プーアール茶や紅茶…ルイボスティーがよいかもしれません。砂糖は入れないようにしましょう。

おやつもOKなゴールデンタイムを狙いましょう♪

・食後
・冷たいデザートは避ける
・飲み物を一緒にとる(砂糖なし)

甘いものがやめられない別の理由…

組み合わせと吸収が悪い時をうまく使い、ストレスをためずにダイエットを成功させていきましょう。疲れている時ほど甘いものが欲しくなったりするもの…これは女性に限らず男性でも言える事です。ですが甘いものをやめられないのには女性特有の深い問題も関わっているものです。その問題を解決しなくては甘いもの中毒から抜け出すことは難しい事です。

その問題とは幸せと感じられない…または満たされないと感じること。甘いという味覚から幸せを得ようとするという深層心理が働いている場合があるのです。女性はもともと壊れやすく大切にされないと弱くなってしまうものです。パートナーを支え生きていくように作られていますから、ダイエットが成功しない…と嘆く前に良いパートナーを探すことも大切であることも覚えておきましょう。

この記事をシェアする

関連記事