• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

アミノ酸ダイエットで代謝をアップ!その効果や正しい方法とは

Date:2017.10.25

私たちの肌や髪、筋肉などはすべてたんぱく質で出来ています。たんぱく質はアミノ酸から作られていますが、元になるアミノ酸はたった20種類しかありません。

そのアミノ酸の様々な組み合わせによってたんぱく質が出来上がるんです。

さて、そのアミノ酸を使ったダイエット法があるのをご存知でしょうか。

どのようなダイエット法なのか、どのようにアミノ酸を摂取すればいいのか、正しいアミノ酸ダイエットの方法とその効果についてご説明します。

今までいくら運動してもなかなか痩せなかった、きつい食事制限はしたくない!という人にオススメのダイエット法です。


アミノ酸ダイエットとは痩せやすい身体を作る方法

私たちの身体を作るために欠かせないアミノ酸ですが、このアミノ酸を使って代謝を上げて、脂肪を燃焼しやすい身体を作ろう!というのがアミノ酸ダイエットです。

アミノ酸ダイエットが健康的に痩せられるのはなぜか?その理由をご紹介します。

食事を制限しないのでリバウンドしにくい

目に見えて体重を落とす方法というと、「○○ダイエット」の様にその食品しか食べない、という断食に近い方法がありますね。

確かに一時的にストンと体重を落とすことは可能ですが、結局やっていることは絶食に近いので、体重が落ちたあとにいきなり普通の食事に戻せば一気にリバウンドします。

アミノ酸ダイエットは基本的に食事制限はしませんし、アミノ酸を摂りながら筋肉を効率的に増やしていくのでリバウンドしにくいというのが特徴です。

ストレスが溜まりにくいダイエット

アミノ酸ダイエットに欠かせないアルギニンには、ストレス耐性を強めるという作用があり、ダイエット中のストレスから解放してくれます。

アルギニンには気分を高揚させる効果もあるので、前向きな気持ちで楽しくダイエットを続けられるでしょう。

寝ている間もエネルギーの消費を高める

運動していなくても、寝ている間も臓器は動いていますし、エネルギーは消費しています。眠るだけでもエネルギーは使うんです。

このエネルギーの量が多いか少ないか、それが基礎代謝がいいか悪いかということになるのですが、アミノ酸を摂ることでこの基礎代謝が上がります。

つまり、寝ている間も脂肪を燃焼しやすい身体になるんです。寝ているだけでもダイエットできるなんて、こんなに嬉しいことはありませんね!

健康的にやせるアミノ酸ダイエットの効果

アミノ酸ダイエットは辛い食事制限もなく、健康的に痩せられるのが最大の魅力です。痩せても筋肉だけ落ちて脂肪がタプタプしたままでは悲しいですよね。

筋肉を増やしながら脂肪を減らしていける、理想的なダイエット法です。その効果をご紹介しましょう。

体脂肪を燃焼しやすくする効果

有酸素運動をする時は20分以上やらないと効果が出ないという話を聞いたことがありませんか。

この時間は、必ずしも連続していなくてもいいのですが、5分、10分くらいの運動ではやはり効果が出にくいようです。

それは、まず身体が肝臓や筋肉の中に貯蔵されているグリコーゲンや血液中の糖質を使いmす。

それがなくなると体内のリパーゼという脂肪燃焼酵素が内臓脂肪や皮下脂肪を分解しながら脂肪燃焼を始めるようになるからです。

運動の初期段階ではエネルギー源として糖を使いますから、その次の段階まで到達しないと脂肪は燃焼しづらいんですね。

しかもこのリパーゼの働きが悪いと運動開始してから20分以上経ってもなかなか脂肪が燃焼しづらい、ということになってしまうのです。

リパーゼはアミノ酸から出来ている酵素で

  • アルギニン
  • リジン
  • アラニン
  • プロリン

の4種類から出来ています。

運動する前にアミノ酸を摂っておくと脂肪分解酵素リパーゼの働きを活発にし、脂肪燃焼効果が高まるとされています。

代謝をあげてエネルギー効率を良くする

運動と合わせてアミノ酸を摂取していくと、効率的に筋肉量を増やすことが出来るので、筋力アップとともに基礎代謝もアップします。

アミノ酸を摂ることで血行も良くなるので、体温が上がり、さらに代謝が良くなります。代謝が良ければ脂肪を燃焼しやすくなり、痩せやすい身体になりますね。

疲れも取れる!疲労回復効果

ダイエットのためと極端に食事を減らしたり、または必死で運動すると、体力が落ちて疲れきってしまうことがありませんか。

痩せるのは嬉しいけれど、その疲れが元で仕事や家事のやる気が出なくなったり、ダイエットが続かなくなったりすることもありますね。

アミノ酸は身体を作る元になるものですから、筋肉を修復する働きがあって、疲労回復に役立つのです。

  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • アルギニン
  • グルタミン

などは、特に筋肉疲労の回復を早めるアミノ酸です。バリン、ロイシン、イソロイシンは3つまとめて「BCAA」と呼ばれています。

アミノ酸を摂取しておくとスポーツ後の筋肉痛を軽減してくれるという作用もあるので、筋肉へのダメージも抑えてくれるんですね。

太り気味に加えて、最近疲れやすいと感じる人、健康的に痩せたいと思う人にとてもおすすめのダイエット法なのです。

むくみも同時に解消してくれる

むくみは身体に老廃物や水分が過剰に残ってしまっている状態ですね。冷え性の人や代謝の悪い人は下半身がとてもむくみやすいと思います。

アミノ酸を摂ることで代謝が良くなるので、老廃物を排出しやすくなり、むくみ太りも解消できます。

血液サラサラ効果も

アミノ酸には血液をサラサラにして、身体の巡りを良くしてくれる働きがあります。

血行が良くなることで生活習慣病の予防にもなりますし、冷え性の改善にも役立ちますね。

アミノ酸ダイエットの正しいやり方

アミノ酸ダイエットは、アミノ酸さえ摂取すれば痩せる、というものではありません。運動は必須です。

また、アミノ酸の摂取方法にもタイミングがあります。正しいやり方をしないと、逆に太ってしまうこともあるので注意して下さい。

適度な運動と組み合わせること

アミノ酸ダイエットはあくまでも運動効果を高めて脂肪を燃焼しやすくするのが目的なので、運動は必ずしましょう。

アミノ酸はたんぱく質の元になるののですから、カロリーもそれなりにあります。

ですから、運動もしないでアミノ酸だけをせっせと摂ると、逆にカロリーオーバーになる危険もあります。

とはいえ、腹筋がぱっくり割れるようなハードな運動は必要ありませんし、トレーニングジムに通う必要もありません。

  • ダンベル運動
  • 腕立て伏せ
  • スクワット

などの筋肉トレーニングとウォーキングなどの有酸素運動を組み合わせると効果的です。

スクワットなら15回くらいでも十分筋肉を鍛えられるのでおすすめです。

東大式ウォーキングを取り入れる

テレビでも紹介された方法で、アミノ酸の摂取とウォーキングを組み合わせることでダイエット効果を高めようというものです。

<東大式ウォーキングのやり方>

  1. 足踏みをするようにして骨盤を上下に動かします。
  2. さらに前後にひねる動きも加えながら足を踏み出します。

腰を捻りながら歩くようなイメージでウォーキングをします。これを1日20分、2回行うというものです。

骨盤を動かしながら歩くことで、大腰筋という筋肉を鍛えます。

  • 体幹がしっかりするので姿勢が良くなる
  • お腹が引っ込む
  • 下半身がすっきりする

という効果があります。

食べ物からアミノ酸を摂る方法

食事ではしっかりとたんぱく質を摂ることが大切です。

食事から摂ったたんぱく質はアミノ酸に分解され、またたんぱく質に再合成されますから、筋肉を落とさないためには必須の食品です。

  • チーズなどの乳製品
  • 大豆製品

などのたんぱく質は必ず摂るようにします。

肉類は脂身の少ない鶏のささみや胸肉がおすすめ。おやつも甘いものではなくチーズやヨーグルトに切り替えましょう。

納豆や豆腐などの大豆製品も効率的にアミノ酸を摂取できる食品です。できれば毎日摂りたいですね。

とはいえ、サプリメントを併用してアミノ酸を摂っていく場合は、食事のカロリーは少し減らしたいので、肉などのたんぱく質を摂りながら、ご飯やパンなどの炭水化物を少し減らしていきましょう。

目安としては、たんぱく質はそのままに、ご飯やおやつは半分にするなどして食事のカロリーを200kcalくらい減らせるようにして下さい。

サプリメントでアミノ酸を摂る

とはいえ、運動の前などにあまり物を食べてしまうのも欲ありません。そんな時はサプリメントを利用しましょう。

自炊をあまり出来ない人や食事の時間が不規則な人もサプリメントを上手に取り入れていきましょう。

◆ザバスパワーアミノ2500
グレープフルーツ味の顆粒タイプとタブレットタイプが選べます。BCAAを始めとして独自開発のホエイペプチド入り。運動後の身体の回復を早めます。

価格:3000円
容量:250粒(1日6粒目安)

◆杜のすっぽん黒酢
アミノ酸だけでなくコラーゲンも同時に摂ることが出来て美肌効果も期待できるサプリメントです。沖縄県産のもろみ酢を使い、1日2粒で500mg以上のアミノ酸を摂取することが出来ます。

価格:1600円
容量:62粒(約1ヶ月分)

アミノ酸を摂るタイミングが大事!

アミノ酸をいつ摂るかが重要です。種類によって違うのですが、基本的には食後などの満腹の時ではなく、空腹時に摂った方が吸収が良くなります。

  • 運動の前後
  • 入浴時
  • 朝起きたとき
  • 夜寝る前

などのタイミングでアミノ酸を摂ります。

脂肪燃焼系のアミノ酸は

  • プロリン
  • アラニン
  • リジン
  • アルギニン

です。

体力や持久力をアップするにはBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)を摂りましょう。

アミノ酸ダイエットの注意ポイント

食べて運動して適度なアミノ酸を摂っていれば、それほど注意することもありませんが、いくつか気をつけたい点についてお話ししておきましょう。

体重減少は1ヶ月1kgを目安にしよう

運動をきちんとして、栄養バランスのよい食事をとりながら痩せていくのがアミノ酸ダイエットですから、1ヶ月で10kg!などという極端な体重減少は望めません。

実際に体験した人の口コミでも、1ヶ月に1〜2kgという健康的なペースで痩せている人が多いようです。

時間をかけて太ってきたのに、急激に短期間で体重を落とすことは健康的にもよくありませんね。

本来なら、太った期間と同じくらいの時間をかけて痩せていくのが健康的なダイエットです。

アミノ酸ダイエットをするときは、1ヶ月1kgを目安にして体重を落としていきましょう。

運動は一定時間すること

運動の回数は毎日でなくてもかまわないのですが、運動の時間は一定時間以上行うようにしましょう。

できれば筋トレと有酸素運動を合わせて30分以上は行いたいところです。

毎日運動しすぎないこと

アミノ酸ダイエットは毎日やらなくてもいいんです。1〜2日おきでも十分効果があります。

というのも、筋力トレーニングなどをして筋肉を使うと、その修復に時間がかかります。毎日運動をしていると逆に疲労がたまってしまい、筋肉が回復する時間がありません。

ですから、アミノ酸ダイエットにそれほどたくさんの運動量は必要ないということです。

途中で挫折する原因にもなりますから、週に3回くらいを目安に、気長に続けていくことをおすすめします。

サプリメントは用法・用量を守ること

アミノ酸をたくさん摂れば脂肪が燃焼できるわけではありません。どのサプリメントにも1日の摂取目安量があるので、それを守って服用するようにしましょう。

通院中の人は主治医に確認!

何らかの薬を服用中の人は、アミノ酸サプリをとっても問題ないか、そのアミノ酸の種類や摂取量などをきちんと確認してから摂取するようにしましょう。

アミノ酸ダイエットは「運動しながら」ということを忘れずに!

適度な運動と栄養バランスの摂れた食事を心がけるだけでも、時間はかかるかもしれませんがある程度は痩せてきます。

アミノ酸はあくまでもそれを補うためのもの、というくらいの気持ちで取り入れるようにした方がいいでしょう。やはり運動量とダイエットの結果には関連があるからです。

あまり過信して「アミノ酸さえ摂れば痩せる!」などと思わないように注意して下さい。

運動はダイエットの基本です。いきなりたくさんしなくてもいいんです。歩く距離を少しずつ伸ばしたり、家事を丁寧にやったり、日常の動きを増やすだけでも消費カロリーは増えていきます。

運動の効果を高めるものとしてアミノ酸を上手に取り入れて、健康的にきれいにやせることを目指しましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント