• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

アンダーヘアに悩む女性急増中!正しい処理方法と理想の形は?

Date:2015.02.18

shutterstock_166291439_
ハイジニーナ、VIOとも呼ばれるアンダーヘアのお手入れを脱毛サロンなどでプロに頼む女性が増えています。

少なからずアンダーヘアが気になっている女性は多いと思うのですが、デリケートな部分だけに正しい処理方法や、どんな形に整えれば良いのかで悩みがちです。女性同士でもこんな話題はめったに出ないですもんね。

そこで今回はアンダーヘアをどうやって処理すれば良いのか?どんな形なら変じゃないのか?についてまとめました。

アンダーヘアの正しい処理方法とメリット、デメリット

シェービング

カミソリや電動シェーバーで剃る方法。どちらかと言うと電動シェーバーの方が肌に負担がないです。フェイス用だと面積が小さくて小回りが利くので使い勝手が良いです。肌を傷めやすい処理方法なので保湿でしっかりアフターケアを!

とにかく手軽に処理したいという方におすすめ。

メリット
1.自宅で好きな時間にケアできるから手軽
2.どちらも安価で手に入るので経済的
デメリット
1.肌を傷つけて肌荒れや埋没毛ができやすい
2.剃ってもすぐ生えてしまうのでチクチクする

ブラジリアンワックス、ワックス脱毛

松ヤニやハチミツからできたワックスを肌に塗ってムダ毛を一気に引き抜いて処理する方法。一度でキレイに処理できるので人気なのですが、永久脱毛ではないので定期的にサロンへ通って処理する必要があります。自己処理もできますが、ちょっとコツがいります。

「今すぐツルツルにしたい!」という方におすすめ。

メリット
1.一気にムダ毛を処理できて10日ほどツルツル状態を保てる
2.毛根から抜いてしまうので伸びてきてもチクチクしない
デメリット
1.ワックスが肌にも付着するため肌が弱い人には向かない
2.埋没毛や毛穴の炎症などのトラブルが起きやすい

家庭用脱毛器

エステサロンと同じフラッシュ脱毛が家庭用脱毛器でできます。アンダーヘアについてはどこまで処理できるかは器種によって違うので購入前に必ず確認を。

忙しくてサロンに行く時間がない方や、自宅で手軽に脱毛したいという方におすすめ。

メリット
1.繰り返しお手入れしているうちにだんだん薄くなり、最終的にほぼ生えなくなる
2.初期投資だけ済めば自宅で脱毛し放題でコスパが良い
デメリット
1.照射レベルを間違うとやけどや炎症の可能性がある
2.見えにくいI、Oラインは処理しにくい

エステやクリニックで脱毛

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛でムダ毛を根本的に処理。VIOは対象外、VはやってもIOはサービス外と言うサロンもあるので契約前に確認しましょう。

肌にできるだけ負担をかけずにキレイな仕上がりを求めるなら脱毛がおすすめ。

メリット
1.繰り返しお手入れしているうちにだんだん薄くなり、最終的にほぼ生えなくなる
2.プロがしっかり施術してくれるので安心、好きな形もリクエストできる
デメリット
1.未熟なスタッフが施術すると照射漏れややけどの可能性がある
2.完了までに数回通う必要があり、料金は数万円から数十万円と高額

アンダーヘアはデリケートな部分なの上で紹介した処理方法がおすすめです。除毛クリームは肌への刺激が強いためアンダーヘアには使用できません。

それぞれのメリットとデメリットを書き出してみましたが、どうでしょうか?私的には、金額的なデメリットはあるものの一番安全で形も自由に決められて仕上がりがキレイな脱毛をおすすめします。一度完了してしまえばその後はずっとツルツルなので長い目で見ると一番コスパが良いのも脱毛です。

理想的なアンダーヘアの形とは?

下着からはみ出ない程度が無難

アンダーヘアに関しては個人の好みが大きいので「この形なら誰からも受けが良い!」という形ってないんです。極端な話、「全くムダ毛のないツルツルが良い」という男性もいれば、「全く手入れしていない自然な状態が良い」という男性もいるのです。

下着からはみ出ない程度の範囲で、残した毛は短くカットしておく形が無難です。残す部分を逆三角形にするが、楕円形にするか、Iの形にするかはお好みでどうぞ。「元からこの濃さです!」と装うなら逆三角形がおすすめです。

IOラインは残さない

性器の両わきに生えている毛がIライン、肛門周辺に生えているのがOラインです。サロンによってはVライン(ビキニライン)のみでIOラインは処理しないというところや、全身脱毛にIOラインだけ含まれていないというケースがあります。

「IOラインは正面から見えないから処理しなくて良いや」という女性もいるのですが、ベッドに入れば彼から丸見えの部分なのでVラインよりむしろIOラインをしっかりお手入れするべきです。

パイパンはNG?

パイパンとは全く毛を残さず処理してしまうこと。海外の方だとパイパンにしている方が多いのですが、日本だと「遊び慣れている」と思われたり「子供みたいでその気にならない」という男性もいるからなるべく避けた方が良いでしょう。

実際にパイパンにしてしまった女性の体験談を見ていると「温泉に行った時に恥ずかしい」という方もいるので、形を整える程度にしておくのが一番です。

いかがでしたでしょう?アンダーヘアの処理や形に悩んでいる女性の参考に少しでもなれたならうれしいです。

この記事をシェアする

関連記事