• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性なら気になるアンダーヘアの全処理!そのメリットと危険性

Date:2014.06.04

女性なら気になるアンダーヘアの全処理!そのメリットと危険性

気温が上がり、薄着になる季節になると、私たち女性が気になるのはムダ毛処理ではないでしょうか。脚や腕など、今まで隠していたところが表に出るとなると、いつも以上にムダ毛の処理に気合が入るはずです。

また、海水浴やプールなどに行くことになると、更に気になるのはアンダーヘアの処理ですよね。折角セクシーなビキニを着ているのに、ボトムからムダ毛がはみ出ていたりなんてしたら台無しです。

そこで考えるのが、ビキニラインのみの処理、またはブラジリアンワックスなどの全処理です。特に最近はブラジリアンワックスが人気で、専門店も多く存在しています。

それを考えると全処理をちょっと試してみてもいいかな?って思う一方で、全処理ってどうなんだろう?という疑問もあるのではないでしょうか?そこで、アンダーヘアの全処理のメリットとその危険性をご紹介していきます。

全処理の方法とそれぞれの特徴

アンダーヘアの処理の方法としては、お店に行ってプロに任せるのが安心です。処理としては、ブラジリアンワックスなどの一時的な脱毛、そしてレーザー脱毛などの永久脱毛です。また、自己処理ではワックスやシェービングなどが挙げられます。

自分で行うシェービングは安価で気軽にできるものの、毛がすぐに生えてきてしまいがちなので、メンテナンスが大変です。ワックスやクリームでの処理は、根元から抜くという処理になるため、比較的長持ちし、数週間持ちます。

レーザーなどの処理は永久脱毛となるため、一度処理すればその後の処理要らずです。しかしながら、金額も高く、適切な処理のためにも、しっかりとカウンセリングを受けることが大切です。

全処理のメリット

全処理をすると、はみ出しを気にする必要がなくなりますので、水着姿にも自信が持てるようになります。また、蒸れが軽減されるため、特に生理中の時の不快感が劇的に減ります。

それに従って汗をかきにくくなったりするため、清潔に保つことができ、衛生的でもあります。男性受けに関しては、人それぞれの好みの為、一概には言えませんが、支持率は増えてきているようです。

よくある副作用

アンダーヘアの全処理をすること自体は、間違った道具や製品を使ったりしない限りは、身体に悪いなどといったことはありません。しかしながら、施術後に不快感があることがあります。

例えば、シェービングは埋没毛を引き起こしてしまうことがありますし、角質も一緒にはぎとってしまってカミソリ負けを起こしてしまうこともあります。

他の一時的な脱毛、除毛法もかゆみや湿疹、チクチクとした痛みなどの肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。ワックスなどは古い角質をはがすピーリング効果がある一方で、角質が固く、厚くなってしまう原因となることもあります。

埋没毛を抜くのは炎症になるので避け、製品を使って肌荒れを起こした時は直ちに使用を中止し、必要とあれば病院で治療を受けましょう。

全脱毛によっての深刻な危険性は?

小さな副作用がアンダーヘアの処理にはありますが、たまにそれが深刻な健康問題に結び付くこともあり得ます。

処理の時に傷をつけて流血をしてしまったり、怪我をしてしまったりすると、そこから炎症が起きてしまい、膿がたまってしまったり、水疱になってしまうことがあります。

プロに処理してもらうことによりその危険性は減りますが、100%安全というわけではありません。また、アレルギーがある方は、処理に使う製品にアレルギーを起こしてしまう可能性もあり、深刻なアレルギー反応を起こす危険性もあるのです。

お店での処理は衛生面を徹底しているところが殆どですが、管理されていないところもないとは言えず、感染が起こることも否めません。

その他考えたいこと

全部のアンダーヘアを脱毛するのは結構大きな決心となります。自分でこまめに処理をするのは手間がかかりますし、永久脱毛は高価で、一度してしまったらもう元に戻すことはできません。

自分がどれだけ処理に時間が費やせるか、お金が費やせるかといったことも考え、自分の健康状態や精神状態も考慮する必要があります。プロに頼むのであれば、必ず自分が納得いくまで質問をし、理解した上で施術してもらうようにしましょう。

別に全部処理しなくてはいけないということはないのです。もし疑問が残るようであれば、ビキニラインのみに留めておいた方が無難なのではないでしょうか?

決定には勿論ある程度の思い切りというものも必要ですが、後悔が無いように落ち着いて考えることも必要です。トレンドやパートナーのことを優先にするのではなく、ぜひ自分が納得いった上で決めてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事