• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美肌になりたいなら積極的に食べよう!青魚がもたらす美容パワー

Date:2015.10.10

shutterstock_187111184 - コピー

さんま、かつお、いわし、まぐろ、これらの魚に共通することはなんでしょうか?それは青い背中を持っている魚の仲間で青魚と呼ばれています。

この青魚には記憶力を高めると言われているDHAや血液をサラサラにしてくれるEPAといった成分が豊富に含まれていて、健康効果の高い食品として知れ渡っています。青魚は健康効果だけでなく、美肌作りやダイエットにも効果的だとういことをご存知でしょうか。

そこで青魚の美容効果について詳しく紹介していきたいと思います。きっとこれを読めば青魚を食べようと思うこと、間違いありません!

血液サラサラで血流改善!肌の状態も改善

食品に含まれている脂分ですが、一定温度で固まる脂と、固まらない脂に分けられます。美容や健康に好ましいのは後者のほうです。

一定温度で固まってしまう脂は体内に取り込まれると、血管内で固まりやすくドロドロ血液を作る原因となってしまうのです。

青魚に含まれているEPAという脂は、冷えても固まらずむしろ脂が固まるのを防ぐ、固まっている脂を溶かす作用がありますので血液をサラサラにしてくれるのです。

肌、髪がイキイキと健康に!

お肌や髪の毛、女性の美しさを決めるパーツには毛細血管と呼ばれる髪の毛よりも細い血管が張り巡らされているのです。この毛細血管ですが、他の部分と比べてもちょっとしたことで血液の流れが滞りやすいのです。

髪の毛やお肌がパサつく、ツヤがないといったトラブルは、実は酸素や栄養成分が十分届いていないことも原因です。

青魚に含まれているEPAのおかげで詰まっていた血液の流れがスムーズに改善。肌や髪の毛にもしっかりと栄養が届くようになります。

肌の新陳代謝が正常化!肌トラブルも改善へ!

肌の悩み上位にランクインするさまざまなトラブル。

  • しみ
  • しわ
  • くすみ
  • 乾燥

これらは新しい角質が生まれ変わるときに、改善が期待できるのです。ただしそれはターンオーバーが正常に行われるのが前提です。

ターンオーバーは28日前後の周期で起こるのですが、それが正常に働いていないお肌はいつまでもお肌のトラブルが改善しづらいのです。

青魚に含まれているEPAがお肌の血行を促進し、さらに新陳代謝を正常に導いてくれますのでお肌のトラブルが改善しやすくなります。

ニキビ、吹き出物で悩む女性の救世主

ニキビや吹き出物で悩む女性はとても多くいらっしゃいますよね。大人になってからできてしまうニキビ、吹き出物の原因はいくつか考えられるのですが、一つは食習慣も影響しています。

脂っこいものを食べすぎてしまうとそれが血液中から肌に出てきてしまって、皮脂を詰まらせてしまいます。これがニキビや吹き出物をできやすくする原因になるのです。

青魚に含まれているEPAは固まってしまった脂を溶かしてくれる働きがありますので、詰まった皮脂を溶かすように作用しますから、ニキビ肌の改善とニキビができにくい肌を作るのに一役買ってくれるのです。

ニキビ、吹き出物ができているからといって脂ものを避けるのではなく、青魚に含まれるEPAのような脂はむしろ、積極的に食べるべきなのです。

美肌だけじゃない!ダイエットをサポートしてくれる頼もしい存在!

痩せたいと思ってもなかなか理想の体型、体重に近づくことは難しいですよね。体の中から脂肪を燃やして代謝を上げて痩せるのが理想的ですが、青魚は健康的なダイエットをサポートしてくれますよ。

青魚のパワーで血液サラサラ!代謝もアップ

不規則な生活や偏った食生活を送っていると、内臓周りに脂肪が付きやすくなります。いわゆるメタボというやつで、女性でも体は細いのにお腹周りだけぜい肉が付いている方、いらっしゃいますよね。

青魚に含まれているEPAはこの内臓脂肪を減らすのに役立ちますので、女性が憧れるくびれを作るのにも効果的なのです。また内蔵脂肪が減ると生活習慣病リスクも減らせますので、健康増進にもなりますね。

満腹感が早く得られて食べすぎをセーブ

魚は肉と比べてがっつりと食べた満腹感が得られにくいと感じる方も多いのではないでしょうか。青魚にはヒスジチンという成分が含まれているのですが、これが満腹中枢を刺激して満足感を得やすくしてくれますので食べすぎを自然と防げるようになります。

ダイエットを期待するなら青魚中心の食事に切り替える青魚ダイエットもおすすめですよ。ただし何でも摂りすぎはよくありません。青魚に含まれているEPAやDHAは摂りすぎてしまうと逆に中性脂肪を増やす原因になりますので、注意してくださいね。

青魚の栄養成分を余すところなく食べるコツ

青魚が美容やダイエットに効果があること、おわかりいただけましたでしょうか?青魚はどんな調理法でどのように食べても十分にその栄養成分が摂取できるのではありませんよ。

青魚に含まれている健康、美容成分であるDHAやEPAが最も多く含まれているのが青魚の脂分。

魚を焼いた時に脂がたっぷりと出てしまうことがありますが、太るからと思ってこれを捨ててしまってはその有効成分が十分に取れません。落ちた脂もきちんと摂取するのがおすすめです。

魚を焼くだけでなく、煮るたり刺身として食べると脂分を落とすことなく青魚の旨みを楽しめます。

毎回同じ調理法、同じ魚ばかりだと飽きてしまうので、いろいろな種類の青魚や調理法を試すのがおすすめです。美容と健康的なダイエットのためにも青魚をもっと食べる機会を増やしてみましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント