• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

りんごダイエットで腎臓復活!じんましんを一刻も早く治す方法

Date:2012.07.22

痒くて仕方のないじんましん。放っておいたら跡が残りそうで怖いですし。でもじんましんが出るという事は、お肌が活性化して一生懸命戦っている証拠です。ここは強力な助っ人として、「りんごダイエット」に参戦してみてはいかがでしょうか。

最悪の体調の時は、じんましんさえ出ない

じんましんとは、身体が余ったエネルギーを使おうとして、周囲の細胞壁を破壊しながら血管をあちこちに延ばしている状況です。ですから、エネルギーが一切ない最悪の体調の時にはじんましんすら発症しません。

ですからじんましんが出るという事は、少なくとも絶不調ではなさそうですよ。しかし、じんましんはじんましん。余計な痒みや不安とは縁がない方がいいに決まっています。

じんましんは、血管が過剰に増殖して伸びている事が原因になっています。血管に新鮮な水分を送って、早くこの暴走を鎮めてあげましょう。

りんごで血液&体液の浄化、他には何も食べないで!

体液や血液の循環の役目を担う腎臓の機能を活性化してやる事で、じんましんは治まります。そして、腎機能を向上させるために効果的なのが「りんごダイエット」です。

りんごには、腎機能を復活させる効果があります。3日間は余計なものは口に入れず、りんごだけを食べるようにして下さい。

これによって復活した腎臓は血液と体液の浄化にかかります。新鮮な水によってドロドロ血液がサラサラになり、暴走していた血管も落ちつき始めます。

りんごダイエットに効果のある理由

「りんごダイエット」をした事がある人ならご存知だと思いますが、この「りんごダイエット」には、貯めたエネルギーを使い切るという嬉しい副作用があります。

そのため、このダイエット中にはしっかり尿も排出され、デトックス効果になって腎臓に良いといわれています。1日1個のりんごは医者要らずとはよく言ったものですね!身体が余分なエネルギーを使い果たすと、もう血管の延長は行われません。

「りんごダイエット」でりんごを食べるタイミングですが、特に決まった時間などはありません。お腹が減ったらりんごをかじるといった感じで3日間を乗り切って下さい。

また、「りんごダイエット」のおかげで症状が改善したからと言って、急激な暴飲暴食はNGです。前より酷いじんましんとなって再発してしまう危険性もありますから、徐々に普通食へと戻していくように注意しましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント