• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美肌効果と便秘解消!苦いアロエをおいしく食べるためのヒント

Date:2014.11.25

アロエは、「医者泣かせ」「医者いらず」の植物と言われるほどの健康食材。ダイエットや美肌、便秘解消効果を期待してアロエヨーグルトを好んで食べる、という女性も多いと思います。コリコリとした独特の歯ごたえ、さっぱりとした味、結構クセになりますよね。

市販のヨーグルトだけでなく、生のアロエを調理して頂いてみたいと思うけど、自己流レシピではどうも苦みが気になって、という方いませんか。

今日は、苦いアロエをおいしく頂くためのヒント、レシピをご紹介します。正しく調理をしてあげれば、アロエヨーグルトに入っているような「アロエブロック」、自宅で簡単にできるのです。

コンビニやスーパーで購入すると結構お値段がするものなので、自分で作ることができれば、節約にも一役買います。ぜひチェックして、健康おやつに挑戦してみてくださいね。

万能食材!アロエの美容効果と栄養成分をおさらい

アロエには、食物繊維、ミネラル、ビタミンが含まれていて、優れた栄養バランス食材と言われています。また、多糖類の一種「アロイン」と呼ばれる成分も入っていて、腸を刺激し、お通じの改善、排泄をサポートしてくれる働きがあるそう。

美容効果に関して言えば、「アロエチン」の殺菌作用で、シミやそばかすのもとになるメラニンを抑制、お肌の状態を整えます。メラニンが抑制されると、美白、アンチエイジングにもなるため、美意識の高い女性には、非常に理想的な食品です。

美肌と便秘解消に!用意するのはキダチアロエ!

アロエと一口に言っても、「キダチアロエ」と「アロエベラ」、大きく二種類に分かれます。

生で食べるアロエというと、一般的には「アロエベラ」を想像する方が多いはず。「アロエベラ」は苦みがマイルドな分、便秘解消効果がやや低いとされています。

「キダチアロエ」は、生で頂くには、苦み、臭みが気になりますが、栄養豊富!苦いキダチアロエをおいしく頂くためには、歯肉のゼリーの部分を使用、加熱して、ゼリー状のブロックにしてあげるのが一番です。

それでは、早速栄養たっぷりの「キダチアロエ」を利用した、美肌と便秘解消効果を丸ごと頂く「アロエブロック」の作り方を紹介していきましょう。

美味しくキレイ♪キダチアロエの調理法と食べ方ヒント

用意するもの

・肉厚のキダチアロエの葉(私は、自宅で栽培しているものを使っています。)
・シロップ用のお砂糖、レモン

調理方法

1.アロエの葉をきれいに水で洗ったら、魚をおろす要領で真ん中に包丁をいれ、歯を削ぎ落とします。使うのは、透明な歯肉の部分だけ。緑の葉の部分に苦みがあるので、色がついている部分は残らないようにしてください。

2.歯肉の部分を、角切りにしていきます。食べやすい大きさ、一口サイズのブロックにしておくと便利です。

3.アロエの二倍くらいのお湯で煮ていきます。臭みが出ないように、アクが出てきたらお玉ですくってあげましょう。数分湯がいたらざるにあけ、水気を切って出来上がりです。

このままだと何も味がないので、砂糖とレモンを混ぜたシロップにつけておくのがおすすめ。レモンをすだちにしたり、ゆずに変えても、季節感が楽しめます。

保管は、密封ボトルにいれて、冷蔵庫にいれればOK!これで、小腹がすいたとき、いつでもおいしいアロエが食べられます。ダイエット中の夜食、時間がない日の朝食にもってこい!

上のレシピで、市販のアロエと遜色ないお味に仕上がるので、小さなお子様でも、おいしく召し上がって頂けます。

アロエを食べるときの注意点

アロエは、おいしくてきれいになる理想の食材ですが、お腹がもともと弱い方、消化器系に不安がある方は軟便、腹痛を起こすリスクもあるので、食べ過ぎに気をつけましょう。

キダチアロエはとくに整腸効果が強いので、はじめて挑戦する際には、加減をしながら召し上がって頂くのがいいと思います。

また、子宮収縮作用があるため、妊娠中、授乳中のお母さんも注意が必要。少しでも不安に感じる方は、お医者さんに確認してから挑戦するようにしてください。

大変優秀な効能が期待できるが故に、効きすぎる人がいるのも事実。美容と健康維持、お通じ改善メニューとして、上手に毎日の食事に取り入れて頂ければと思います。

この記事をシェアする

関連記事