• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

体にいい効果がこんなに!人気のアロマテラピーで心も体もきれいにしよう

Date:2015.12.17

W580Q100_shutterstock_222188548

アロマテラピーは、リラクゼーション使われるエッセンシャルオイルやさまざまな植物をベースにしたオイルを使って行う自然のヒーリングです。
その効果は、心理的、または身体的な不調で悩む人達を癒したり、リラックス効果があったりと心身ともに癒してくれます。
家に帰ってリラックスしたい時には何を使えばいいのか?ストレス解消にはどんな香りが良いのか?も含め、アロマの魅力についてご紹介します。

アロマテラピーに使うエッセンシャルオイルとは?

アロマテラピーは、主に花や茎、葉、根などの様々な植物から抽出されるエッセンシャルオイルを使用しています。

アロマテラピーエッセンシャルオイルは自然に揮発したとてもピュアなもので、治癒のクオリティが高いのです。精油とも呼ばれていますよね。つまり、エッセンシャルオイルはクリアで自然を凝縮しているものだと言えるでしょう。

ただし、簡単に蒸発してしまうので、細心の注意を払って保存する必要があります。もしも、身体に直接取り込みたい場合は、吸入したりキャリアオイルで希釈して使われています。

定番のキャリアオイルとして、スウィートアーモンドオイル、アプリコットカーネルオイル、グレープシードオイルなどがあります。

アロマテラピーがもたらす2つの効果

W400Q100_shutterstock_189102500
基本的にアロマテラピーは香りによってリラックスさせたり、精神状態を安定させたりする事を目的としています。ここでは代表的な2つの効果についてご紹介します。

効果1. ストレスを解消して、豊かな感情をもたらす

アロマテラピーで使われるエッセンシャルオイルは、リラクゼーションマッサージで使われます。

よい香りに包まれながらマッサージを受けることで、心身共にリラクゼーション効果が高まって、ストレス脳を解消することができるのです。

エッセンシャルオイルは、種類によってさまざまな効果がありますから、更に詳しく見ていくことにしましょう。

ゼラニウム(ストレスを緩和)
ゼラニウムオイルには、不安な気持ちを抑えて気持ちを明るくしてくれる効果があります。ストレス脳をリラックスさせて、精神のバランスを整えてくれるのです。
サンダルウッド(緊張を抑えたい)
緊張によるドキドキが止まらないという人にオススメのエッセンシャルオイル(精油)です。日本古来のお寺を彷彿させるような、趣のある香りが特徴です。
イランイラン(喜びの感情)
イランイランオイルは、緊張をもたらすアドレナリンの流出を抑えて、精神状態を安定させてくれます。イライラしたり、悲しくなった気持ちを抑えて、嬉しさをもたらしてくれる効果があるのです。

他にも、精神をリラックス状態にしてくれるものとして、スウィートオレンジオイル、ベルガモット、ラベンダー、レモンなどのエッセンシャルオイルが魅力的です。

バジル(記憶力アップ)
バジルのエッセンシャルオイルは、集中力を高めて記憶力をアップさせてくれる効果があります。
レモン(リフレッシュ)
興奮状態になった時に気持ちを一旦リフレッシュさせて、頭の働きを明快にしてくれる効果があります。香りもフレッシュで心地よいですよね。

その他にもローズマリーのエッセンシャルオイルは記憶力がアップに、クラリセイジ、パチョリなどは媚薬として知られています。

効果2. 抗菌・殺菌してくれる

アロマテラピーで使われるエッセンシャルオイルには、防腐剤の性質があります。また、抗菌作用もあるので、肌の質を整えるのには効果的です。

心地よい香りに包まれていると、自然とストレスも緩和されてくるので、お肌の状態も良くなってくるのかもしれませんね。ちなみに、抗菌・殺菌効果が強いエッセンシャルオイルはこちらです。

【 抗菌・殺菌効果が強いエッセンシャルオイル 】

ティートリー
スッキリとリフレッシュするような香りが魅力的。殺菌力と抗菌力が強いのが特徴です。
ユーカリ
やや強めの香は、感染症予防には大きな効果を発揮します。
ペパーミント
鼻を突くような刺激的な香りは、殺菌効果に優れています。
レモン
爽やかな香りで気分をリフレッシュ、そして抗菌効果もバッチリです。
レモングラス
レモンよりも刺激的な香りが楽しめます。殺菌だけではなく、消臭、防虫効果もあります。

エッセンシャルオイルの使い方

W400Q100_shutterstock_272987498
アロマテラピーで使用するエッセンシャルオイルは、さまざまな使い方が出来るので、知っておくと便利です。早速、ご紹介していきますね。

使い方1. 吸入して風邪の症状を良くする

シナモン、ユーカリ、ローズマリー、パインのエッセンシャルオイルの蒸気の吸入は、風邪やインフルエンザの症状に何かしらの効果があります。

また、ユーカリエッセンシャルオイルが風邪と過呼吸を治療するために長年使われてきたという伝統も存在しています。美容業界だけではなく、医療業界でも利用されてきました。

使い方2. 血行促進のマッサージ

エッセンシャルオイルを使った、アロマテラピーマッサージは体の血の巡りを良くして、血圧を正常化してくれます。

エッセンシャルオイルが肌に使われる時、オイルは血流に吸収されて体中に広がって行くため、身体の痛みを緩和してくれる作用があるのです。

よりマッサージの質を上げるためにも、アーモンド、ココナッツバター、シアバターなどのキャリアローションとエッセンシャルオイル数滴をブレンドしてマッサージに使われることをオススメします。

使い方3. 殺菌・抗菌のアイテムとして

日常生活の中にも抗菌・殺菌効果のあるエッセンシャルオイルは、もっと活用できるのです。具体的な使い方を、以下にまとめましたので参考にしてくださいね。

  • ・キッチン用のふきんは、エッセンシャルオイルを数滴垂らしたぬるま湯で洗う。
  • ・使い捨てマスクに1滴たらす。
  • ・紙にエッセンシャルオイルを数滴垂らして、部屋の中に置いておく。
  • ・下駄箱の中に、エッセンシャルオイルを数滴垂らしたコットンを入れておく。
  • ・アロマ可能な加湿器の場合、数滴垂らす。

また多くの方は、間接的に健康に影響している化学薬品の虫除けや殺虫剤を自宅で使っているかと思います。しかしながらエッセンシャルオイルの中には、天然の防虫剤そして殺虫剤として使用できるものがあるのです。

例えば、シトロネラオイルとペパーミントはハエと蚊よけとして広く使われていますので、要チェックです!

このように日常生活の中に、エッセンシャルオイルを取り入れてみてはいかがでしょうか?良い香りに包まれながら、抗菌・殺菌できるなんて一石二鳥ですね。

使い方4. 心身のリラックスにバスオイル

エッセンシャルオイルの素晴らしい効能を堪能するためには、オススメの方法は「バスオイル」としての利用です。

お風呂というリラックス空間で使用することによって、心も身体も解き放たれたようなリラックスモードになります。

ぜひ、あなたのお気に入りの香りを見つけて、毎日のバスタイムに使用してみませんか?

使い方5. 温湿布に垂らして、痛みを和らげる

アロマテラピーで使用するエッセンシャルオイルは、かなりの範囲の痛みを和らげることができます。

頭痛、筋肉痛、胃痛、もしくは生理痛など関係なく、温湿布で使ったエッセンシャルオイルは痛みを癒すことが出来るのです。

リラックスできる豊かな香りに包まれていると、自然と痛みも和らいでくるのかもしれませんね。

使い方5. 手軽にお家で芳香浴

優しく心地よい香りがあれば、いつもよりもリラックスした極上の空間を作り上げることが出来ます。芳香浴は手軽にエッセンシャルオイルの香りや、効能を楽しむことが出来るので、ぜひお試しになって頂きたい方法です。

オススメするのは、キャンドル式のアロマ芳香器であるアロマポット(オイルウォーマー)です。使い方は、とても簡単です!

上部の受け皿とキャンドルの二構成になっていて、受け皿に少量のお湯かお水を入れた後にアロマオイルを数滴垂らします。香りお部屋の中に広がって、心地よい空間が出来上がることでしょう。

エッセンシャルオイルはさまざま製品に使われている

W400Q100_shutterstock_196528208

エッセンシャルオイルは、どんな化学薬品も使わずオーガニックの方法で作られています。抽出する植物さえも有機栽培しているという、こだわりがあるのです。

だからこそ、市販されているさまざまな商品に幅広く使用されているのです。

エッセンシャルオイルを使用した製品としては、ローション、シャンプー、香水、石けん、シャワージェル、キャンドルなどがあります。それらは、エッセンシャルオイルの天然の効能が豊富に含まれて、リラックス効果・美容効果などを得ることが出来るのです。

医療の現場でアロマテラピーが大活躍!

「アロマテラピーが認知症予防に効果的である」という事実をご存知ですか?

認知症研究の第一者と言われている、鳥取大学医学部の浦上克哉教授は、アルツハイマー病に関して、以下の点に注目しました。

心地よい香りで嗅覚を刺激して、認知症予防

なんと物忘れがひどくなる前に「嗅覚の低下」が起きていたのです。

アルツハイマー型認知症の患者さんは、「台所で鍋が焦げているのに気が付かない」「食べ物の臭いが分からない」などの自覚症状が出てくることが多く、嗅覚の低下が見られます。

そこで、アロマテラピーによって嗅覚が何らかの刺激を受ければ、アルツハイマー型認知症の発病や症状の進行を抑えられるのではないかと考えたのです。

実は「嗅覚」は、脳の大脳辺縁系というところに直接刺激が加わる感覚です。聴覚や視覚に比べて、人間の本能で感じ取る部分が大きいとさえ言われています。

もしアロマテラピーによって嗅覚に何らかの刺激を与えれば、大脳辺縁系の中にある記憶の中枢「海馬」が刺激を受けるので、記憶力の回復につながっていくのです。

最近では、老人ホームなどでもアロマテラピーを使用したアクティビティが行われていますね。心をリラックスさせるだけではなく、脳にも刺激を与える効果がありますので、ぜひ認知症予防のために取り入れてはいかがでしょうか。

アロマオイル入りスキンケア用品がオススメ!

W400Q100_shutterstock_284842100
最近では、エッセンシャルオイルを配合した「アロマコスメ」もたくさん販売されています。特にオススメなのは、肌の調子を整えるために大きな役割を果たすスキンケア用品です。

クレンジングオイルに、ラベンダー・レモングラス・ゼラニウムなどのエッセンシャルオイルを配合することで、香りを楽しみながら肌の表面についた汚れをしっかりと落とすことができます。

インターネットで「アロマ コスメ」と検索すると、さまざまな商品が検索に引っかかってくるので、まずは何種類か実際に使用してみてお気に入りのコスメを見つけてみて下さい。

ただし、お使いの化粧品に自分でエッセンシャルオイルを配合するのは控えて下さい。

エッセンシャルオイルの成分によっては、肌への刺激が強すぎて荒れてしまったり、化粧品との相性が悪くて分離してしまうものもあるからです。

アロマテラピーで生活に彩りを

以上、人気のアロマテラピーに関する情報をたくさんご紹介しました。エッセンシャルオイルにはさまざまな種類があるので、香りや目的によって使い分けていくことをオススメします。

気分をリフレッシュさせたい人、痛みを和らげたい人、心を穏やかにしたい人は、ぜひ1度アロマテラピーをお試しになって下さい。心地よい香りで、心も身体も癒されていきましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント