• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

つらい大人あせも対策にベビーパウダーって本当に効くもの?

Date:2014.06.07

暑い季節が来ると、汗かきな方はちょっと手放しに喜べないのがあせもの存在です。タイプによりますが、お子さんのあせもも、一度ひどくなっても適切な処置がなされれば早く治るものです。

しかし大人の場合…こまめにクリームが塗れなかったり、服の指定があるような職場ではなかなか風通りのよい素材が着れないので治るのに時間がかかってしまいます。

あせもの治し方をネットの中で検索しても様々な方法があり、しかもこちらで良いというものでもあちらではよくないという…賛否両論がつきものです。ベビーパウダーもその中のひとつ。

良いと言われる方もいれば、良くないと言われる方もおられます。ベビーパウダーが良いという説と良くないという説の考え方はどのようなものなのでしょうか?

ベビーパウダーのたくさんの利点

あせもを治すのにベビーパウダーが良いというとのは、肌の汗や余分な水分を吸収し乾燥させる働きによって摩擦による肌のダメージを抑える事ができるため。

またベビーパウダーに含まれる天然鉱石であるタルクやでんぷんであるコンスターチをベースに殺菌効果のある成分や保湿効果を高める成分が配合されていることが多く汗をかいだ後の不快感を防ぐことができます。

すべていいことばかり!あせもは汗をかいだ後に不潔な状態が続くと湿疹ができてしまうものです。ご存じの通り、かゆみがなければよいのですがかゆみがあり、しかもあせもは一度かいてしまうと、そこからばい菌が入り込んでさらに悪化してしまうという特徴があります。

ですからひどく悪化してしまったあせもに効果的というよりも、むしろベビーパウダーは軽いあせもや、あせも予防に効果があるという事になります。

ベビーパウダーが良くないというのは?

ではあせもにベビーパウダーが良くないというのはどういう事なのか?先ほどもふれたようにあせも予防には良い!しかし余分な水分を吸収し乾燥させる働きがあるため必要な水分までも乾燥させてしまう事になります。

必要な水分とは、あせもになっている部分が治っていく時腫れあがって湿疹や赤みを帯びてしまいます。体自信が治そうとわずかながら分泌しているものまで乾燥させてしまうなら…逆効果になります。

また掻いてしまった傷口にパウダーが入り込んで皮脂をつまらせてしまうと、かえって清潔な状態は保てられませんし、余計にかゆみを引き起こしてしまうものです。ですからひどくなってしまったあせもにはベビーパウダーのみをつけていても、早く治りません。

一度ひどくなってしまったなら、皮膚科でクリームを処方していただきましょう。ただし皮膚科のクリーム…つまり塗り薬にはステロイド剤が入っています。医師にステロイドが一番少ないものをお願いして指示通りに塗っていきましょう。

つけている期間が長ければ長いほど、黒ずみとなりますので十分注意したほうが良いでしょう。

紅色汗疹にはステロイド?!

皮膚科に行くのが…というかステロイド剤を塗るのがイヤだったので、最初はベビーパウダーで治していました。しかしどんどんひどくなり、紅色汗疹と呼ばれる真っ赤に両腕が腫れてしまいました。

乾燥させていれば治るだろうと思っていましたので、長袖も着ないでいましたら、アトピー持ちのお子さんのママさんに細菌が繁殖しているから赤いのだから皮膚科に行くようにすすめられ…。

半年前まで皮膚科通いをしていた私は、それでも・・・どうしても行きたくなかったので、ステロイドが一番弱いと言われて処方されていた新品の薬を、ほんの少量塗ってみたら!2週間以上真っ赤になってしまうあせもに苦しんでいたのに1日で赤みもかゆみも止まりました!

びっくりと共に適切な処置をしなければあせもは治らないと改めて実感しました。あせもがひどくなったのは…かゆいなあと思って何の気なしにかいてしまったことが原因でした。

正しい認識をもっていないときれいな肌を保つことは難しいものだと痛感した経験でした。あせもはひどくならないようにベビーパウダーを使って、しっかり予防していきたいものですね♪

この記事をシェアする

関連記事