• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

もう靴下跡で悩まない!足のむくみをその日のうちに取るコツ

Date:2015.07.08

shutterstock_217498003 - コピー

夕方になると足のむくみを感じる人も多いでしょう。1日中歩いていれば足は疲れますし、1日中座りっぱなしでいると、像足のように足がむくんでしまいます。帰る時の靴が窮屈に感じるのは、足がむくんでいるためですね。

むくみは脂肪じゃないから大丈夫、などと思っていませんか?足のむくみを繰り返していると、足は太くなってしまいます。太くなってしまった足は、なかなか痩せることができません。

そうなる前に、足のむくみはその日のうちに解消しましょう。

足のむくみを取らないと足痩せが難しくなる

足のむくみを解消するには、原因を認識することも必要ですね。もしかしたら自分では気づかないうちにむくみの原因を作っているかもしれませんよ。

足がむくむ原因は?

足は下記のような理由から体の中でも最もむくみやすい部位です。

  • 心臓から遠く、血流が悪くなりやすいこと
  • 水分が溜まりやすいこと

デスクワークなどで同じ姿勢を続けていると、血液やリンパ液などの循環が悪くなり、細胞の間に水分が溜まります。また、疲労が蓄積している時や、睡眠不足も足のむくみの原因に。それは、血液を送り出す心臓の働きが弱くなるためです。

また、筋力がないと足がむくみやすくなります。筋肉は血液を心臓に戻すポンプの役割を担っているため、筋力が低下すると、その働きも低下し血流が悪くなるのです。

足のむくみを放置しておくとどうなる?

これらの足のむくみは、たいてい次の日には改善されているものです。しかし血行が悪くなる状態が続くと、足に余分な水分や老廃物が溜まり、酸素や栄養素などが流れるのを妨げ、代謝を悪くします。

代謝が悪くなることで、脂肪が燃焼されず、蓄積された老廃物が脂肪細胞にくっつき、さらにコラーゲンが脂肪細胞にからみつき、セルライトになっていきます。

セルライトになってしまうと、運動やマッサージだけでは解消されません。クリニックなどの専門機関に行ってセルライト専用の機器などを使って解消しなければならなくなります。

そうなる前に、足のむくみは早めに解消することが必要なのです。

足のむくみをその日のうちに解消する方法

足のむくみを解消するには、滞った血流やリンパを流しやすくしてあげることです。その方法を紹介しましょう。

お風呂で足のむくみを解消

shutterstock_83843002 - コピー足のむくみを解消するには、お風呂に入ることです。湯船に浸かるだけでも血行がよくなりむくみの解消にもなりますが、足をマッサージしてあげるとより効果的です。

また、シャワーなどを足にかけて刺激してあげれば、血行もよくなりますよ。足の先から心臓に向かって、円を描くようにお湯をかけます。時間がない時などはシャワーを利用するのもいいでしょう。

むくみを解消してくれるアロマなどを入浴剤として使うのもオススメです。むくみ解消には、下記のアロマが効果的と言われています。

  • ゼラニウム
  • バーベナ
  • ラベンダー
  • グレープフルーツ
  • サイプレス
  • ヒノキ

バスソルトにしてお風呂に入れるといいですよ。

入浴後のマッサージ

お風呂で軽くマッサージをしたら、血行がよくなっている足をマッサージすると、より効果的です。

  • 足の指を1本ずつ回る、引っ張る
  • 足の甲をさする
  • 足裏を刺激する
  • ふくらはぎをもみほぐす
  • 太ももおもみほぐす

上記のように足をマッサージしてあげましょう。

足首回しでスッキリ

マッサージは疲れる、という場合は足首を回すだけでもOK。椅子に座る、もしくはあぐらをかいて、足の指に手の指を差し込み、足首をぐるぐる回します。目安として20回程度回しましょう。

足のむくみもスッキリ解消しますよ。

足指を開く

shutterstock_154707131 - コピー
昼間、靴の中でくっついている足の指を開くことも、足の血行をよくする効果があると言われています。

テレビや本などを見ながら足の指を開いてみましょう。最初は難しいかもしれませんので、トゥセパレーターという足を開くグッズを利用しましょう。

ペディキュアを塗る時に使ったりしますよね。足の指を開くと、血液が流れ出しリラックス効果もあります。

足に湿布は逆効果?

疲れてほてった足に湿布を貼ることもありますね。熱を取って足の疲労も回復させてくれます。使用する際には、足の裏に貼るといいでしょう。

ふくらはぎや太ももなどに貼ると、足を冷やして血行を悪くしてしまうので、貼りすぎには注意しましょう。

足のむくみを予防する方法

むくみはできない方がいいですよね。そのためには、日中、足がむくまないように予防をすることです。

座りっぱなしにならない

同じ姿勢でいることが、むくみの原因です。それを解消するには、1時間おきぐらいに机から離れて足を動かすようにしましょう。

ストレッチができればいいですが、それが無理ならお茶を入れに行ったり、お手洗いに行くなど、歩くようにしましょう。

または、かかとの上げ下げや足首を回すなど、座ったままでできるエクササイズなどを行うのもオススメです。

着圧ソックスでむくみを解消

足首からふくらはぎにかけて圧力をかけて、血行をよくする着圧ソックス。モデルさんなども愛用しているということで、人気のようです。

着圧ソックスの効果
着圧ソックスを履くことで、血行がよくなり、むくみを解消してくれたり、むくみにくい足になるというものです。

ふくらはぎや足首、太ももなど部位によって圧力が異なり、それぞれの部位に適した圧力がかかり、むくみが解消しやすい構造になっています。

着圧ソックスの注意点
ただし、圧力が物足りないときつすぎるものを履くと、かえって血行が悪くなることもあります。中には湿疹などのトラブルを起こす人もいるので注意を。圧力が高いほど効果があるというわけではなく、自分の足に合ったもの選ぶことが大切です。

また、寝る時は体温調節の点からも、血圧が下がることからも、履かない方がよさそうです。1日中履いているのも、足に負担をかけてしまうので、長時間の利用には注意しましょう。

靴選びにも注意

足に合わない靴を履いていることも足のむくみにつながります。靴を選ぶ際には、足にフィットしたものを選ぶほか、次のような点にも注意しましょう。

  • つま先に1~1.5cm程度の余裕がある
  • 足の甲の部分にあたる素材がやわらかい
  • 歩いた時にクッション性がある
  • ヒールの高さは自分に合っているか
自分の足に合った靴選びは、足のむくみを予防するだけでなく、背骨や骨盤のゆがみを予防することにもつながります。慎重に選びたいものですね。

むくみ知らずのスリムな足を手に入れましょう!

shutterstock_269733404 - コピー
足がむくんでいると見た目もカッコ悪いですね。スリムな足になるためにも、毎日足のむくみは解消しておきたいものです。

むくみを解消することで、足の疲れも取れますし、リラックスすることもできますね。毎日ケアをすれば、スリムな足を手に入れることも可能ですよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント