• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

筋肉痛注意!ダイナミックに動き続ける、アシュタインヨガ体験

Date:2013.10.03

ヨガのイメージって、ゆっくりしたものではありませんか?ストレッチをしながら、心を落ち着かせていくような、イメージが強いと思います。しかし、アシュタインヨガは今までのイメージを完全にくつがえすほど、ダイナミックなものだったので、レポートしていきます。

呼吸はダースベーダー

ヨガを行う際に、大切なのは呼吸だそうです。アシュタインヨガも例外ではなく、初めに呼吸の仕方を教わりました。

基本的に口を使わず、鼻呼吸で行っていきます。息を強く吐き、強く吸いあげます。その時、「コー、コー」と音を立てて、呼吸するのがコツとなります。イメージとしてはスターウォーズのダースベーダーのように呼吸していきます。

レッスン開始

いよいよ、レッスンが始まりました。ストレッチのように体を伸ばし、ゆっくりゆっくり行うイメージでしたが、次々とポーズを変えていきます。

「息を吸いながら○○のポーズ、息を吐きながら○○のポーズ」ひっきりなしに先生からポーズの指示があり、ひっきりなしに動き続けます。いきなり逆立ちをしたり、無理なポーズを作る事はありませんが、身体の芯、コアの筋肉を締め上げ、鍛えていっている感覚があります。

窓を開け、風がビュービュー入ってくる教室でのレッスンでしたが、次第に身体中に汗が噴き出してきました。

ポーズの連続に必死でくらいついていく

今回、私は初参加だったため、先生にキツくなったら、体を休めていいと言われていました。私自身、ついていけるかどうかわからなかったのですが、見よう見まねで必死に動きにくらいついていきます。

有酸素運動でもあり、体の芯の筋肉運動であるように感じます。たまに、普段使わない筋肉を強く使うポーズでは、身体がプルプルと震え汗が吹き出します。動きとしては、女性的なヨガと言うよりは、ダイナミックで男性的な動きのような感覚です。

レッスン後の瞑想の時間

レッスンも終わりに近づいてきます。最後のポーズをとり、マットの上にあおむけに横になります。教室の電気が消され、ゆっくりとした音楽がかけられました。今までひっきりなしに、動かしてきた体がゆっくりと溶けていきます。

暗がりでリラックスしたのでしょう、一緒にレッスンしていた生徒さんの寝息が聞こえてきました。私自身、心地よい疲労感が体をつつみ、眠気が襲ってきました。エキゾチックな音楽と、暗闇に包まれ最高のリラックスタイムとなりました。

ゆっくりしたヨガが物足りない人におすすめ

初めてのアシュタインヨガ体験は、心地よい疲労感をのこし終了となりました。動きの連続でしたが、普段使わない筋肉を伸ばしたり、鍛えたりしたのか、身体からリラックスする事が出来ました。

翌日、内腿や足など、普段意識しない筋肉が筋肉痛になったのは言うまでもありません。ゆっくりとしたヨガに物足りなさを感じている方、男性の方、身体中に心地よい疲労を感じたい方には、是非おすすめのヨガでした。

この記事をシェアする

関連記事