• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

バテ解消にも効果あり!黒糖バナナ酢ダイエットで健康に痩せよう!

Date:2014.09.03

バナナと黒糖とお酢があれば簡単に作れるバナナ酢。飲むだけで、ダイエットにもバテ解消にも効果がある優れものです。暑さや寒さなどの気温差でぐったりして食欲も落ちてしまったバテ気味の体には、甘くて酸っぱい飲み心地もお勧め!

食事の前にちょこっと飲むだけ。大変な運動も、厳しい食事制限も、手の込んだレシピもいらない、簡単で健康的な美容にもいいダイエットです。ズボラさんにもオススメです!

バナナ酢の作り方

材料:
・バナナ(中)1本(100g)
・黒糖 100g
・酢 200cc(穀物酢、米酢、黒酢、リンゴ酢等お好みで)

ダイエット効果を高めたいなら黒酢がお勧めです。個人的には純米酢も飲みやすくてお勧めですよ。

1. バナナは2cm幅に切ります。
2. 瓶に黒糖、バナナ、お酢の順で入れます。
3. フタをせずに、電子レンジで30秒(600W)加熱します。
4. 一晩おいてバナナ酢の出来上がりです。

バナナ酢の効果

お酢だけでもダイエット効果、便秘改善、疲労回復、冷え性予防などの効果があるのに、さらに食物繊維たっぷり、カリウムも多く含まれる栄養食バナナと、ミネラルたっぷりの黒糖が合わさって、パワーアップ!

お酢と黒糖は一緒に摂った方がミネラルの吸収率がよくなりますし、熱調理に弱く、水に溶けやすいカリウムも、溶け混んだお酢を飲むことで逃すことなく摂取できます。脂肪が燃えやすくなり、むくみ解消効果も期待できますよ。

バナナ酢の飲み方

牛乳や水で薄めて飲むのが一般的です。そのまま飲むと、酢の刺激が強すぎて胃に負担がかかりすぎるので、薄めて飲んでください。

プラスアルファ効果が期待できる飲み方を紹介しておきます。

牛乳

お酢と一緒に摂ることでカルシウム吸収率が上がるので、骨密度が気になる人、カルシウム不足の人は牛乳で薄めると良いでしょう。まろやかな味で飲みやすいです。

豆乳

大豆にはイソフラボン、大豆ペプチドやサポニンなど女性に嬉しい成分がいっぱい。更年期障害が気になる方にもお勧めです。

オレンジ100%ジュースなど

ビタミンCの破壊酵素の働きを抑制するお酢と一緒に飲めば、シミ・シワ予防、美肌効果もアップします。

バナナはヨーグルトと共に

バナナは一週間ほどで取り出した方が良いのですが(放っておくとどろんどろんになります)捨てないでヨーグルトなどと一緒に食べることをお勧めします。ヨーグルトとお酢Wで腸を整えてくれるところにバナナの食物繊維で、便秘解消も大いに期待できます!

バナナ酢を飲むタイミングと分量

あまり飲みすぎるとお酢で胃が荒れてしまう心配もあるので、バナナ酢大さじ一杯(水や牛乳で好みの濃さに薄めたもの)を朝・昼・晩の食事前に飲むくらいが適量です。胃が弱い人は一日二回くらいでも良いでしょう。

食前に飲む方が血糖値の上昇を抑えられて良いそうですが、酢の酸味が食欲を刺激して食べ過ぎてしまうという一面も。食前に飲んでみて食欲が増す傾向にある方は、食後に飲まれた方が良いかもしれません。

お酢代わりに料理にも

飲むのが基本のバナナ酢ですが、お酢の代わりに料理に使うのもお勧めです。酢の物や酢豚、サラダのドレッシングなど。酢豚はとってもお勧めですよ。お酢が苦手な方は特に、普通の酢豚より酸味がまろやかになって食べやすいです。

お酢を使う料理があればバナナ酢で代用してみてください。飲むばかりにも飽きてきた方は、お料理にも積極的に使ってみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事