• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

痩せやすいカラダを作る!バレエストレッチで全身美人に

Date:2013.06.28

バレエは美容に最適なダンス!

バレエダンサーを見てみると分かるように、どんな人も背筋が伸びていてスタイル抜群です。美しくなれるダンスの代表であり、美容のために大人からバレエを習い始める人も少なくありません。

最近では、バレトンと呼ばれるバレエとフィットネス、ヨガを癒合させたエクササイズが話題になっていますよね。

バレエのストレッチや立ち姿を真似ることで、スタイルアップを図ることができるので、実践してみましょう!

姿勢を正してインナーマッスル強化

バレエの第一の基本は、姿勢です。この姿勢がしっかりできているかどうかでポーズや技の見栄えが全く変わってくるのです。

①まず、座っていても立っていても良いので肩を下げ、胸をぐっと斜め上に出すイメージで姿勢を正しましょう。そのとき首と頭は、肩の上に軽くちょこんと乗っているような感じ。前に出過ぎても後ろに下がりすぎてもダメです。

②顎を引いて、まっすぐ前を見つめて下さい。頭のてっぺんを糸で上から引っ張られているような様子を思い浮かべてみましょう。

③床に座っているときは、つま先・膝を伸ばしましょう。バレエではつま先や膝が曲がった状態になるポーズがありません。ストレッチの際にもこの足を伸ばすところに注意しておきましょう。

どうでしょうか、これだけでも普段の姿勢とは全く違い、少し苦しく感じる人もいるでしょう。体の内側で意識していない筋肉が使われるので、これだけでもスタイルアップに繋がります。

もちろんストレッチ時だけでなく、普段からこの姿勢を心がけていると身長が高くなり、スタイルが良く見えます。

体の柔軟性の大事さ

体が硬く固まっていると、新陳代謝が悪くなり老廃物や脂肪が溜まりやすい体になってしまいます。お風呂や食材で体を温めることも大事ですが、体の筋肉や関節をしっかり動かして柔軟性を養っておくことも大事です。

①両足を前に伸ばし、そのまま体を倒してみましょう。誰でも一度はやったことのある、一般的な柔軟体操です。

②このときに大事なのは、先程のバレエの基本姿勢を保ったまま前屈すること。そのため、上半身を丸めずに紙を折りたたむように前屈します。

どうでしょうか?初心者の人はこれだけでもかなりキツいと感じるはずです。しかしやったあとは、太ももの裏の筋が伸びて体も軽くなります。

上半身の筋も伸ばしてみよう

①今度は足を大きく左右に開いてみましょう。最初から無理をすると筋を痛めるので、痛く感じない程度に開けばOKです。

②そのまま両手を上にあげて、上半身全体を左右に倒しましょう。このときも体を丸めず、腰の根元から折れるようなイメージで曲げていきます。痛いと感じるところで10秒くらいキープしてみましょう。上半身側面の筋がしっかり伸びたことが分かると思います。

足を開いて、姿勢をキープしたまま前に前屈してもOK。そのとき手は前に付いて、少しずつ体を倒していくようにしましょう。

お風呂上りや就寝前が効果的

柔軟性を高めたい場合、お風呂上りの体が柔らかくなっているときにやるのがおすすめです。毎日お風呂上りに続けていると、確実に体が柔らかくなります。

また、就寝前に体をリセットするためにストレッチするのもおすすめです。体のコリを解してリフレッシュしてから寝ると、睡眠の質も良くなると言われています。

朝一番に体を目覚めさせる目的で行っても良いのですが、朝は体が一番硬くて思うように動きません。無理をすると筋を傷めやすいので、朝一は軽めのストレッチに留めておきましょう。

この記事をシェアする

関連記事