• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

本気の人限定!お椀型の胸を目指すダンベル筋トレバストアップ術

Date:2014.10.02

「簡単バストアップエクササイズ」「●日間で2カップUP」…巷には、たくさんのバストアップ情報が公開されています。ネットの情報は玉石混交、数万円のバストアップメソッドやサプリメントを購入して、思うような効果が得られず後悔した経験がある方もいるでしょう。

あえて断言させて頂くと、バストアップには一定の時間がかかります。そして、継続してトレーニングに取り組む努力が必要です

ここでは、本気で胸を大きくしたい方だけに目を通してほしい「ダンベルを使った筋トレバストアップ方法」を紹介します。簡単に巨乳になれる、とはいかないものの、努力をすれば必ず結果はついてくるもの。覚悟を決めた方は、ぜひチャレンジして見てください。

適度な脂肪+筋トレが成功のカギ!バストアップまでの道のり

バストにコンプレックスを抱える方は、比較的スリムな体型の方が多いはずです。ご存知の通り、バストのほとんどは脂肪でできているので、適度に脂肪を増やすことも必要です。

お肉や魚、大豆食品に含まれる植物性タンパク質をバランスよく接種して、バストアップに必要な脂肪分を身体に補給してあげましょう。

もちろん、ただ脂肪をつけるだけでは、全体的にたるんだ身体になるだけなので、同時進行でバストの土台「大胸筋」を鍛えるトレーニングを行い、きれいなお椀型のバストを目指します。

脂肪をつける行程、大胸筋を鍛える筋トレ、どちらがかけてもバストアップは難しいことを、まず理解してください。

バストアップを本気で目指す!ダンベルを使った筋トレ方法

バストアップに有効な、ダンベルを使った筋トレ方法を3つ紹介いたします。

その1 仰向けで行うダンベル押上げ運動

1.マットをしいた床に仰向けに寝て、ダンベルを胸の横に構えます。ヒジは二の腕までを床につけた形で90度に折り曲げ、胸を張った状態を意識しましょう。

2.息をゆっくりはきながら、ダンベルを押し上げるようにヒジをのばしていきます。二の腕が床から離れて、腕全体が身体に対して垂直になるまでヒジをのばしきりましょう。

3.息をはきながら元の状態までダンベルをおろします。

その2 直立して行う開閉運動

1.足は肩幅、背筋をのばして直立し、胸の高さまでダンベルを持ち上げ構えます。ダンベルを持って「前習え」をするイメージです。

2.腕を真っ直ぐのばしたまま、両手を横に広げていきます。ヒジが曲がらないように意識して行うと大胸筋に効果的です。

3.最初の「前習え」の状態まで、ゆっくり腕を戻しましょう。

その3 座って行うダンベル押上運動

1. 背もたれのあるイスに浅めに腰掛け、両手にダンベルを持ちヒジを曲げ、肩の高さで構えます。座ったまま「ガッツポーズ」をするイメージです。

2.ゆっくり息をはきながら、ダンベルを真上に持ち上げましょう。空に向かって拳をつきあげるような動きです。

3.元のガッツポーズの状態まで、ゆっくり腕を戻します。

3つの運動は、1〜3を10回繰り返すことで1セット、1セット終わったら1分間休憩をはさみ、1日に3セットが目安です。

3つの運動を試してみて、「ギリギリ10回頑張れる」位のレベルの運動を選んで継続するのがおすすめ。もちろん、同じ動きばかりだと飽きる、という方は、「今日はその1、明後日はその2」とローテーションしながら実践しても大丈夫です。

普段使っていない筋肉を動かすので、最初のうちは、筋肉痛になるはず。1日やったら1日お休み、負荷をかけた翌日は筋肉をしっかり休ませてあげる時間が必要です。

どれくらい継続すべき?バストアップ効果が出るまでの期間

スポーツジムに通っていた時、トレーナーさんに聞いた話しですが、どんなにハードなトレーニングをしたとしても、目に見える効果が分かるのは<<2〜3ヶ月目から>>と言うのが定説だそうです。

大切なのは、効果がでない時期も諦めないで継続すること。だまされたと思って2ヶ月続けていると、多少なりともバストアップ効果を実感できると思います。そこでやめずに、気持ちをふるいたたせて3ヶ月目に突入すると、1カップ以上のバストアップも夢ではなくなります。

ダンベルを部屋に置くるのに抵抗を感じる方は、ペットボトルに水を入れたもので代用することも可能です。1Lもしくは500ml、自分に無理のない大きさのものから始めて、少しずつ負荷をかけていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事