• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

バストアップ効果のある食べ物・飲み物。胸を大きくしたいなら食生活から!

Date:2017.01.16

shutterstock_340087790もう少しバストが大きかったら。そう悩む女性は少なくありません。男性は基本的にバストの大きい女性が好きです。

バストが大きければ女性としての魅力もアップするし、今より男性にモテるのにと思ってしまいますよね。

バストを大きくするためにマッサージや谷間を作るブラなどを使っている方も多いのではないでしょうか。

豊胸手術を受けるお金も勇気もない、サプリメントを飲むのにもちょっと抵抗がある、という方は食べ物や飲み物に頼ってみませんか。

バストを大きくする効果のある食べ物や飲み物について紹介していきますので参考にしてみてくださいね。


食べ物、飲み物でバストアップ!必要な栄養素とは?

私たちの体は毎日食べている物、飲んでいる物から作られています。髪や肌、体の状態を決めるのは食べたり飲んだりしている物だと言っても過言ではありません。

バストを作るのも食べ物や飲み物です。そのためにはどういった栄養素を積極的に取るべきなのかを理解しましょう。

イソフラボンで女性ホルモンを活性化!

バストの構造を見てみるとバストには乳腺という腺が張り巡らされていて、その乳腺の周りに脂肪が存在します。

バストは約9割が脂肪で構成されていますので、脂肪の量が増えるとバスとが大きくなるというわけですね。

しかしバストの部分だけ脂肪の量を増やすにはどうしたらよいのでしょうか。

たくさん食べて体脂肪の量が増えればバストも大きくなるかもしれませんが、他の部分にも余計な脂肪がついてしまったら困りますよね。

バストの脂肪量だけを増やす方法があるのです!それが女性ホルモンのエストロゲンです。

女性ホルモンのエストロゲンの働きによって乳腺が発達するとそれに伴って脂肪の量も増えるのです。

ホルモンの分泌は私たち人間が意識してコントロールできる働きではありません。そこでエストロゲンと似た働きをするイソフラボンを補うことでエストロゲンを活性化させるのです。

イソフラボンは主に

  • プエラリア
  • 大豆製品

に多く含まれています。

体を作る元になる!たんぱく質を補う!

私たちの体を作っているのは主にたんぱく質です。

バストの構成成分は脂肪がメインですが、たんぱく質は骨や筋肉、皮膚を作ってくれる大切な成分ですからしっかり補うことでバストアップにも働きかけてくれますよ。

またたんぱく質は私たちの体を作るもとになるだけでなく、ホルモン分泌を促す働きも持ち合わせています。

先ほど女性ホルモンのイソフラボンがバストアップを促すのに効果的だと述べましたが、たんぱく質が女性ホルモンの分泌を助けてバストアップに働いてくれるのです。

たんぱく質は主に

  • 乳製品
  • 大豆製品

に多く含まれています。

バストアップの鍵、エストロゲンを増やすボロン

ボロンという栄養素はあまり聞きなれないかもしれませんが、バストアップには大変効果的な栄養素なんですよ。

ボロンの効果は女性ホルモンのエストロゲンを増やしてくれることです。

エストロゲンが増えることで乳腺が発達して脂肪量が増えてバストアップが期待できるようになります。

ボロンを多く含んでいる食べ物はキャベツが有名です。

バストアップに効果的に働くビタミン類

ビタミンにもいろいろな種類がありますが、バストアップに特に効果的に働いてくれるビタミンについて紹介していきますね。

ビタミンE
若返りのビタミンとして有名ですね。ビタミンEには血流を良くする働きと女性ホルモンのバランスを整える効果が期待できます。

血流が良くなるとバストの成長に必要な栄養が届きやすくなりますし、女性ホルモンのバランスが整ってエストロゲンの分泌量が増えるとバストアップ効果が得られやすくなります。ナッツ類や緑黄色野菜に多く含まれていますよ。

ビタミンA
ビタミンAには皮膚を丈夫にする働きがあります。バストにもハリやツヤを与える効果が期待できるようになりますよ。

いくらバストサイズがアップしてもバスト自体にハリやツヤがないと魅力的なバストとは言えませんね。レバーやうなぎ、緑黄色野菜全般に含まれています。

ビタミンB1
代謝を促進するのに働いてくれます。代謝がアップすると血行が良くなりバストの発育にも効果的に作用してくれますよ。玄米やゴマ、豚肉に多く含まれています。
ビタミンB2
細胞の活性化を促す働きがあり、バストの発育にも働いてくれます。にんじんやほうれん草、レバーや卵に多く含まれています。
ビタミンはバストアップだけでなく美肌作りにも役立ちますので、普段から積極的に取りたい栄養素ですね。

積極的に食べたい、バストアップに効果的な食べ物

shutterstock_216337204
バストアップに効果的な栄養素が理解できたら、それが含まれている食べ物を積極的に食べるようにしてみましょう!

大豆製品の中でも納豆がおすすめ!

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてくれるのが大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンは大豆製品に多く含まれています。

  • 豆腐
  • 油あげ
  • 味噌
  • 醤油
  • 納豆

などに多く含まれていますが、効率よく大豆イソフラボンを摂取するなら納豆がおすすめです。

納豆は大豆製品の中でもイソフラボンの含有量がトップクラスで、1パック食べるだけで十分な量のイソフラボンを摂取できます。

しかも納豆は発酵して作られていますので体への吸収力も高いのです。さらには血液サラサラ効果のあるナットウキナーゼも含まれていますので健康や美容にもおすすめですよ。

納豆を食べるなら朝ご飯よりも夜ご飯がおすすめです。それは寝ている間にバストが作られるからです。バストアップを期待するなら夜に食べましょう!

良質なたんぱく質、お肉を食べよう

お肉と聞くとカロリーが高くて脂肪も多く、太りそうなイメージがありますがバストアップのためには良質のたんぱく質を取る必要があります。

肉も種類や部位によって栄養素や脂肪の量も異なりますので、適切に選べばバストアップに効果的に働いてくれますよ。

鶏肉
鶏肉ならささみがおすすめです。脂肪分も少なくて値段もお手頃でしかもたんぱく質が豊富に含まれています。筋肉を作る目的でアスリートの方もよく食べていますよね。
豚肉
代謝をアップしてくれるビタミンB1を豊富に含んでいるのが豚肉です。豚肉もヒレの部分を選べば脂肪分も少なく摂取カロリーを抑えることができますよ。
牛肉
牛肉も良質のたんぱく源です。また他にも鉄分が含まれていますのでヘモグロビンの量を増やして血流を良くする働きも期待できます。牛肉を食べるときもヒレなどの赤身を意識して食べることで、脂肪の摂りすぎを防げますよ。
たんぱく質を摂取するときは偏ることなくいろいろな種類をまんべんなくとるといろいろな栄養素を取れるのでおすすめですよ。

アレンジもきいて価格もお手頃、卵を食べよう

卵も良質なたんぱく源のひとつですね。

さまざまな料理にアレンジがききますし、良質のたんぱく質を含んでいます。卵を調理するときは加熱してほうがたんぱく質の吸収率が高くなります。

ダイエットにもおすすめのおから

おからは豆腐を作る時に出てくるしぼりかす。これにも大豆イソフラボンが豊富に含まれています。おまけにお値段も非常にお手頃です。

おからは卯の花などの料理に使用できるだけでなく、ハンバーグやクッキーを作るときに混ぜることで、料理のカロリーを抑えるのにも効果的に働いてくれます。

しかも食物繊維も豊富ですから便秘の解消にも働いてくれますのでバストアップだけでなくダイエットや美容にもおすすめの食品ですね。

バストアップに必要なたんぱく質、ビタミンEがたっぷりのアボガド

アボガドは食べる美容液と言われるほど栄養が豊富につまった食べ物ですね。

アボガドには血流を促進してくれ、抗酸化作用を持つビタミンEが豊富に含まれています。

またたんぱく質も含まれていますので、バストアップに効果的な栄養素を効率よく摂れるのです。女性でアボガドが好きな方は多いので毎日でも食べたいですよね。

ボロンを豊富に含むキャベツ!

エストロゲンの分泌量を高めてくれるボロンを多く含んでいる食べ物はキャベツです。

バストアップ目的でキャベツを食べるなら生のまま食べるのがおすすめ。ボロンは熱に弱い特性を持っていて加熱すると有効成分が失われやすくなります。

生のキャベツを大量に食べるのは大変ですが、以前流行った生キャベツダイエットのようにダイエット効果も期待して食べてみると続けやすいかもしれませんね。

バストアップに効果的な間食、ナッツ類

ナッツ類全般にはバストアップに働きかけてくれるビタミンEが豊富に含まれています。

しかも固さがあるので少量でも満腹感が得られやすいのでおやつにおすすめ!

ナッツ類の中でも特におすすめしたいのがアーモンドです。アーモンドにはビタミンEだけでなくキャベツに多く含まれているボロンも含まれているからです。

意外!ボロンを多く含むとろろ昆布

ご飯やお吸い物、煮物にと幅広く使えるとろろ昆布ですが、それにもボロンが豊富に含まれているのです。

とろろ昆布には美肌や便秘解消効果も期待できますので、女性の美容のためにもバストアップのためにも積極的に食べることをおすすめします。

飲んでバストを大きくする!バストアップに効果的な飲み物!

shutterstock_486584749
食べ物だけでなく、飲み物にもバストアップに効果を発揮してくれるものがありますので紹介していきますね。

豊富な大豆イソフラボンを含む豆乳

大豆製品にはバストアップを促すエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれています。それを豊富に含んでいる飲み物が豆乳ですね。

豆乳はバストアップ効果だけでなく

  • 美肌作り
  • 不安やイライラを抑える
  • 骨や血管を丈夫にする

などの効果も期待できます。

また野菜や果物と混ぜ合わせて飲むなどしてアレンジも豊富ですから、毎日飽きなく飲むことができますね。豆乳を飲むタイミングですが朝一番がおすすめです。

朝起きて最初に食べる物、飲むものは体に吸収されやすいとされています。豆乳を一番に飲むことで豆乳の栄養吸収率を高められますよ。

エストロゲンを含むザクロジュース

ザクロジュースは中東やギリシャで昔からよく飲まれていた飲み物です。

果物の一種であるザクロを絞ったジュースなのですが、ザクロにも植物性のエストロゲンが豊富に含まれているんですよ。

エストロゲンにはバストアップを助ける働きがありますので、ザクロでもその効果が期待できます。他にもザクロには

  • ビタミンC
  • ポリフェノール

といった美肌成分がたっぷり。

女性の健康や美肌作りをサポートしてくれますよ。ザクロジュースを飲むタイミングですが、お風呂上りなど体が温まっているときがおすすめ。

血流がよくなっていると有効成分が体全体に届きやすくなりますよ。また女性ホルモンのエストロゲンは生理から排卵前に最も多く分泌されます。

その時期に併せてザクロジュースを飲むとエストロゲンの分泌量を増やして効率よくバストアップが狙えますね。

きなこ牛乳でエストロゲンを補給!

きなこは大豆を粉上にした食品で、消化吸収が非常に良いのが特徴です。お菓子に使用することが多いのですが、カロリーや糖分が気になるなら牛乳に混ぜて飲むといいですよ。

豆乳のように大豆イソフラボンを効率よく摂取できますし、牛乳に含まれているたんぱく質がバストアップに働いてくれます。

きなこ牛乳は腹持ちがいいですから朝ごはんやおやつの時間に飲むのがおすすめですし、冷やして飲んでも温めて飲んでもおいしいですよ。

飲むサラダ、マテ茶でバストアップ

マテ茶は主に南米で広く飲まれているお茶です。「飲むサラダ」と呼ばれるほど豊富な栄養と食物繊維を含んでいるのが特徴です。

マテ茶もバストアップに働いてくれる飲み物なのですが、それは亜鉛が含まれているからです。

亜鉛はホルモンバランスを整えてくれるお茶ですから、エストロゲンの分泌を高めてくれるのです。

さらには亜鉛にはたんぱく質の合成を助ける働きもあります。バストアアップを助けるたんぱく質と一緒にとることで、相乗効果が期待できますね。

ノンカフェインで体に優しいルイボスティー

ノンカフェインでしかも

  • ビタミン
  • ミネラル
  • ポリフェノール

が豊富なルイボスティー。

各種ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれていますのでバストアップを助けてくれます。

またポリフェノールは老化の原因である活性酸素を除去するのにも働いてくれますのでアンチエイジング効果もありますし、血流を良くして体を温める働きもあります。おかげでバストの成長に必要な栄養も届きやすくなりますね。

ルイボスティーはノンカフェインですからいつ飲んでも大丈夫です。

茶葉に含まれている有効成分をしっかりと取るためにも、10分ほど煮出してから飲むのがおすすめですよ。

市販ではなく手作りがおすすめ!りんごジュース

エストロゲンの分泌量を増やす働きがあるボロンはりんごにも多く含まれています。

りんごはそのまま食べてもいいのですが、少量でもお腹いっぱいになってしまうためジュースにして飲むのもおすすめですよ。

ボロンは熱に弱い特性を持っていますから市販のりんごジュースの場合、ボロンが多く含まれていないものがあります。

ミキサーで手作りして飲んだほうが確実にボロンを摂取できますよ。

食べ物、飲み物でバストアップを狙うときの注意点

サプリなどとは異なり、食べ物、飲み物でバストアップを狙うのは安全性の高いバストアップ方法だと言えますが、いくつか守るべき注意点があります。

過剰摂取に要注意

イソフラボンはバストアップに働いてくれる栄養素なのですが、過剰摂取には注意が必要です。

食べ物や飲み物から取るかぎり副作用はほぼないと言われているのですが摂りすぎによる弊害も心配されます。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 生理周期の乱れ
  • がんリスクの増大

といった危険性が高くなります。

食べ物や飲み物から摂取する場合でも食べ過ぎ、飲み過ぎには十分な注意が必要です。納豆なら一日1パック、豆乳ならコップ1杯で十分な量のイソフラボンが摂れますよ。

栄養バランスを重視すること!

バストアップに効果的な栄養はいくつもありますが、偏った物ばかり食べたり飲んだりするとバストアップ効果を弱めてしまいます。

それはいろいろな栄養をバランスよくとることで、相乗効果が生まれて吸収率が高くなったり、栄養価が高められたりするからです。特定の食品や栄養に偏るのではなく、いろいろな物をバランスよく食べましょう。

食べ物、飲み物で効果的にバストアップを狙おう

バストアップに効果的な食べ物、飲み物は美肌や健康作り、ダイエットにも効果を発揮してくれるものが多く見られます。

これを機会に食生活を変えることで、バストアップだけでなく美容健康効果も併せてえられるようになるかもしれませんね。

食べ物でのバストアップは他の方法と比べて副作用のリスクも低いですし、安全性も高い方法ですから安心してバストアップが狙えますよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント