• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

本当に効果あるの?バストアップにいいと言われる食べ物を調査

Date:2012.11.13

よくテレビや雑誌などで芸能人の方々が「○○を食べて私はバストが大きくなりました!」と言っていることがあります。それは本当なのでしょうか?誰もがその方法でバストが大きくなるのでしょうか。今回はバストアップにいいと言われている食品を調べてみました。

鶏肉

鶏肉がバストアップに効くと言われているのはたんぱく質を含んでいるからと言われています。たんぱく質は胸を大きくするのに必要な栄養素です。なので鶏肉がいいと言われるのは理にかなっています。

しかし鶏肉には脂肪分の多い鳥皮やもも肉もあるので本当に良質のたんぱく質を摂取したい場合はむね肉やささみを選んで摂取することをオススメします。他にも魚や牛肉にも上質のたんぱく質は含まれているのでオススメです。

乳製品

乳製品がバストアップに効くと言われているのは鶏肉同様、たんぱく質を含んでいることと、乳製品は美容にいい成分も含まれていると言われているので特にオススメ食品として紹介されています。カルシウムも含まれているのでイライラも軽減できいいのですが難点が1つ。

乳製品は脂肪分が高いというところです。特にダイエットしているけれども胸は落としたくないという場合にはあまり向いていません。ですので、たんぱく質をうまく摂取したい場合は鶏肉と乳製品の割合を考えて摂取するようにすることをオススメします。

大豆製品

よく女性は豆乳を飲むといいと言われていますが、それは大豆イソフラボンが含まれており、その中に女性ホルモンに似た成分と言われているからだと言われいます。

これは豆乳に限らず大豆製品に言えることで、豆乳が苦手という人は他の大豆製品を食べるころで大豆イソフラボンは摂取することができます。毎日の食事の1食に納豆を取り入れるなど簡単にできるところから始めてみましょう。

キャベツ

女性芸能人が「キャベツを1日1玉食べてたら胸が大きくなった」とテレビで発言してから話題となり、一般の女性でもキャベツを食べるようになった人が増えたそうですが、これはキャベツに含まれるポロンという成分がエストロゲンの働きを促すと言われていることから、効果はないとは言えません。

しかし毎日1玉のキャベツを食べることはかなり難しく、栄養に偏りも出てしまいます。そこでポロンを含む食品は他にないかを調べてみました。

キャベツ以外でポロンを含む食品は、りんご・ぶどう(果物類)、アーモンド・ピーナッツ(ナッツ類)、わかめ・ひじき(海藻類)、レーズンなどがあります。キャベツだけでなく、こういったものを食事に取り入れていくのもオススメです。

バストアップによいと言われている食品はどれも必要な食品であることは分かりました。しかし同じものばかりを摂取しても効果はありません。上記のような食品をバランスよく摂取し、バストアップに心がけましょう。

この記事をシェアする

関連記事