• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

勘違い多数!ゲームが子供に与える影響は良いものが多かった

Date:2013.12.03

コンピューターゲームが子供達に与える良い影響とゲームへの誤解

子供を持つ親としたら、子供がゲームばかりしていると学校の成績が下がり、授業について行かれなくなるのでは…?!と心配になり、ついつい「勉強もしないで、ゲームばっかりしていると授業について行けなくなるわよ!」と小言も言いたくなります。

でも、コンピューターゲームをする事は本当に子供の脳の発育に悪い事ばかりなのでしょうか?

女の子には仮想空間ゲームがお勧め

学校の教科に関連しないゲームならやってもタダの時間の無駄だと思われがちですが、人間の脳の発達には空想したり、頭でイメージしたりする事で他の能力を伸ばす事も可能なのです。

実際に最近の発達心理学の研究では、「空間認知能力」が高いと理系の科学、工学、数学の分野での能力も高い事が明らかになったそうです。

そして、比較的に男の子が好んで遊ぶものに、この「空間認知能力」を用いる、あるいは養われる物が多い事も分かっているそうで、プラモデル作り等もこの能力を必要とする典型的な遊びの一つでも有ります。

なので、大学や大学院の化学・機械工学やテクノロジーを専攻する学生のほとんどは、男子で占められているのもこの性ではないかと言われているくらいなのです。

でも逆に言えば、子供のうちから空間認知能力を高めるビルや街を作り上げる3D空間ゲームなどを遊びながら取り込んでおくと、語学や文系に強いと言われる女の子でも数学や科学の成績を上げる事も可能だという事になります。

ゲームが子供に与える影響は良い事も多いのです

ゲーム中毒やコンピューター脳などと言われ、やはりゲームを子供にやらせるのは抵抗も有るという親は私を含め多いと思います。でも、時間を決め、遊ぶゲームも年齢に合ったものを選んであげれば、子供の能力を伸ばす事も多いのです。

ゲーム機を使いこなす事により、動体視力や目と手先の連係動作も磨かれ、教材の一部として上手く使用すると、幼児期からの語学やコミュニケーション能力も発達します。その他、身体能力、情報処理能力、問題解決能力など使うゲームソフトやゲーム機により様々な能力を高める事が可能なのです。

最大の悪影響として挙げられる、暴力性とゲーム中毒は本当にゲームの性?

確かに、暴力や犯罪行為を助長するような内容のゲームもたくさん店頭に並んでいて、子供が暴力や犯罪に寛容になるのではと心配になります。でも、バイオレンス性の高いゲームと人間の暴力性についての研究も色々とされているのですが、未だその関係は明白には証明されていないのです。

というのも、暴力性の高いテレビ番組や映画などの影響も拭えずまた、家庭や学校で実際の暴力を目の当たりにしている可能性もあり、一概にゲームだけが悪いとは言い切れないからなのです。

ゲーム中毒にしても、中毒になる理由がただ単にゲームに夢中になるからと言うよりは、学校や家庭に問題を抱えている子供達が多いという事も指摘されています。

例えば、学校でイジメに合っている、あるいは家庭内暴力がある等の問題を抱えている子供達はゲームに没頭することで現実逃避をする傾向が強く、また、暴力行的になったりします。

問題を抱え、ネットゲーム内でのみ本当の自分をさらけ出すことが出来ていた子供達から、ゲームを取り上げてしまい、状況が悪化したという前例も海外では報告されているのです。

今や一大産業となったゲーム業界、ゲームに精通していると就職にも有利になるので、これからは「ゲームをすると勉強の妨げになる」という固定概念は捨て、ゲームを使いこなし、上手に利用して自分の能力を磨きチャンスをつかむ時代なのかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事