• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

甘い食べ物は便秘の原因!解消するなら砂糖よりもハチミツで代用

Date:2014.09.09

便秘というのは、何も毎日お通じがない事を言うのではありません。たとえ3日に一度のお通じでも、スルッと快便で特にお腹が張ったりするような感覚がなければそれは便秘とまでは言えません。

便秘の原因は、何といっても水分不足やストレスが大半のようです。もちろん食生活の乱れは便秘の大きな原因ですが、その中でも意外なもの、砂糖などの甘味料も便秘症状を発症しやすいという事が判明しているのです。

水分は摂れていますか?

例えば体重が50Kgの人が1日に必要な水分量をご存知でしょうか。実は、2リットルもの水分が必要となります。

体重1Kgに対しての必要量が40ミリリットルですから、さらに体重がある人はもっと水分摂取が必要となります。普段の食事からでもある程度の水分摂取は可能です。しかし、それ以外の水分はやはり意識して摂取する必要性があるのです。

しかも水分だったら何でもいいわけではなく、アルコールやコーヒー・紅茶などカフェインを含むものは利尿作用により体外に排出されてしまいますので、やはり飲むならミネラルウォーターやお茶になります。

一度にたくさん飲むのではなく、少しずつ摂取して常に腸に水分を補給するのが理想です。便秘症の人の多くが水分補給が不足していたり、飲み方を間違っている傾向があるのです。

甘い物を摂り過ぎていませんか?

砂糖の過剰摂取は、便秘の元になります。これにはれっきとした理由があります。甘いスイーツなどは疲れた身体には最高の特効薬になります。

これは、甘いものには身体全体の緊張感をほぐす効果があるためです。しかし、実はお腹の緊張感も奪ってしまうため腹筋が必要な排便を妨げてしまう事になるのです。

また、お腹が緩んでしまうと便を溜めやすくしてしまうため、数日間排便しなくても平気になってしまうのです。

同じ甘いものならハチミツを!

同じ甘いものなら、砂糖の変わりにハチミツを使う事をお勧めします。ハチミツにはオリゴ糖がたっぷりです。このオリゴ糖は、腸内環境を整えてくれる善玉菌のエサになる成分です。

善玉菌が優位になると、整腸作用が働き便通も整えてくれるからです。但し、やはりハチミツも一種の糖分です。過度な使用は逆に胃腸の働きを狂わせ、逆に下痢症状などを引き起こしますのでほどほどに。

煮物に使う砂糖を、ハチミツに変えてみてはいかがでしょうか。砂糖の過剰摂取を防ぐ事ができます。

また、朝食にはヨーグルトのハチミツがけなどを食べると便秘解消にはとても有効なはずですよ!

この記事をシェアする

関連記事