• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

辛い便秘に試したい7つの便秘改善方法!

Date:2012.12.14

女性は便秘になる機会が多いといわれています。便秘は辛いもので、精神的にも嫌になりますし、健康を害す可能性もあり、美容にも悪影響がでたりします。そんな頑固な便秘を、薬に頼らず、まずは家庭で治療してみませんか?

便秘って何?

家庭療法をご紹介する前に、まずは便秘の定義というものを考えてみましょう。毎日お通じがなければ便秘と考えていらっしゃる方も多いかと思いますが、実は人によって違い、毎日お通じがあるという方もいれば、週に3回だけという方もいるのです。

そのため、頻度が少なくても、便秘とは限りません。でも、もし週3日未満で、硬くて、乾いた便が出る、排便困難がある、といった場合は、便秘と見ていいでしょう。

便秘は膨満感や不快感を引き起こし、排便時に突っ張り感がでることもあります。便秘は女性や65歳以上の高齢者に多く見られ、そして妊娠中、産後、手術後、一定の薬等でも引き起こされます。

便秘の家庭療法

ではこれから自宅で気軽にできる家庭療法をご紹介していきます。天然のものを利用するので、身体に悪い影響が出ることはまずないと思いますよ!

1. 繊維
繊維の少ない食事は便秘に繋がる可能性があります。不溶解性の繊維は、ほぼ形を変えないで身体を通り、便を一まとめにし、質を柔らかくして、通りをよくするのです。全粒粉、フルーツ、野菜等が不溶解性繊維を多く含みます。

ブランや玄米、全粒粉のパン等を試してみましょう。プルーンを朝ごはんに食べたり、おやつに食べるのも効果的です。または、フラックスシード(亜麻の種)をスプーン一杯ほど食事にふりかけるのも効果的です。

これは健康食品店等で手に入ります。ナッツのような味がしますよ。サプリメントもあるので、利用してもいいでしょう。繊維を食事に取り入れることで、膨満感やガスを少しずつ防げるようになります。また、同時に十分水分を摂ることも忘れないでください。水が少ないと、逆効果です。

2. 水分
水などの水分を十分に摂ることを忘れないでください。水分は腸の動きをよくし、便の質を柔らかくすることで、お通じを浴するのです。アルコール飲料やカフェインの消費は脱水を引き起こすので気をつけましょう。

3. 便通刺激剤
ダイエット用のお茶などのハーブ系の便通剤を利用するのも効果的です。ルバーブ、アロエ、センナ、カスカラサグラダ、クロウメモドキ(オオバコ)などが上げられます。

センナなどはよく便秘薬として売られていますが、これらは皆あくまでも短期間の使用が推奨されています。長期の使用は慢性的な下痢を引き起こしたり、筋肉を弱くしてしまったり、不整脈、腎臓や肝臓を悪くしてしまう可能性もあります。

4. バイオフィードバック
バイオフィードバック(生体自己制御)セラピーは骨盤底の不機能から来る便秘に効果があるかもしれません。この不機能は肥満や出産後に起こります。

バイオフィードバックセラピーでは排便に使用される筋肉を調整するための方法が教えられます。約70パーセントもの人々がバイオフィードバックトレーニングの後に症状が改善したとの結果も出ています。

5. プロバイオティクス
抗酸性乳酸桿菌のようなプロバイオティクスは、消化管に自然に存在している微生物です。これは外がある可能性があるバクテリアの成長を妨げたり、免疫機能を向上させたり、消化管の保護障壁を強くしたり、ビタミンKの生産に貢献したりといった、健康を促進するものと考えられています。

プロバイオティクスが便秘に効果があるというような結果も出ています。一例として、プロビオティック飲料は重症の便秘を著しく改善させたという研究結果も出ているのです。ヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれている製品も多く出回っているので、是非利用してみましょう。

6. 指圧
指圧はご存知、指を身体のポイントに置き、押すことで、体調を整える治療法です。海外ではラージ・インテスティン4と呼ばれる、親指と人差し指の付け根の骨と骨が交わる所の内側にある、合谷のつぼを押すことが推奨されています。

親指または中指を肌と90度の角度になるように置き、ゆっくりと押す力を増やしていきながら押していきます。3分間押したままとめましょう。痛すぎたり、不快感を感じるのは強すぎです。

7. マグネシウム
ミネラルが多く含まれる、マグネシウムは便秘に効くといわれています。マグネシウムは緑の葉の野菜、ナッツ、種類、全粒粉等に自然と含まれています。マグネシウムは正常な筋肉機能に必要で、それは腸の筋肉も含まれます。

近年3835人の便秘で悩む女性のマグネシウム摂取の研究が行われ、マグネシウム摂取が少ない場合は便秘を伴うという結果が出たのです。是非積極的にマグネシウムを摂りましょう。食物からの摂取がたりない場合、サプリメントで補うのもよいでしょう。

日常生活でちょっとしたことに気をつけることで便秘の解消は可能です。特に、食事には気をつけましょう。なお、ハチミツやバジルも便秘に効果があるといわれていますので、これも食生活に取り入れてみてもいいでしょう。

また、是非日常的に身体を動かすことも忘れないでください。適度な運動は便秘解消に役立ちます。なお、家族と住んでいて、トイレにすぐいけないという方も居るかもしれませんが、便意を感じたらすぐトイレに行くということも大切です。

便意を感じているのに我慢をしてしまうと、水が便から吸収されてしまい、硬くなり、出にくくなるのです。大変かもしれませんが、すぐにトイレにいける環境を作ることも大切です。薬に頼らず、自然に便秘を治す努力をまず始めてみましょう!

この記事をシェアする

関連記事