• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

何をしても便秘が解消しない・・自分にあった食事方法の探し方

Date:2014.07.23

体の悩みでは、人に話しづらい、気軽に相談できないような悩みもいくつかあります。そういった悩みを抱える人は自分で解決策を頑張って探すか、自然に治癒するその時を待つしかないのでしょうか?

そんなのはつらすぎますよね。どんな悩みも必ず解決策があります。そんな「人に話しづらい悩み」の一つ、便秘の解消法について紹介します。

便秘にも種類があることをまず抑えよう

女性が便秘になった時、体には何が足りていないのでしょうか?「水分?食物繊維?」この二つがまず浮かびます。ではこの二つをしっかり大量に摂れば便秘は必ず治るのでしょうか?

いいえ違います!便秘にも種類があり、種類によって解決方法は違います。まずはその種類を抑えましょう。

① 弛緩性便秘

このタイプは固くて太いバナナ状の便が出る症状の便秘です。腸の動きが鈍くなっている為に便を押し出す力も弱まっている為、残便感があります。原因は一つではありませんが、その一つとして運動不足が挙げられています。

② 習慣性便秘

固い便が出るので、排便の際に苦労する習慣性便秘はトイレを我慢したりするうちに、便意を感じる神経が衰えてしまうことが原因の一つにあるようです。便秘を改善しようと便秘薬を常用している人に多くみられるタイプです。

③ けいれん性便秘

コロコロとしたウサギのフンのような便が出たと思ったら、軟便が出るという症状を繰り返すのがけいれん性便秘の特長。このタイプはストレス等が原因で腸の動きが強くなりすぎている状態の時に起きやすくなります。

タイプを抑えて便秘をスッキリ治そう

あなたはどのタイプの便秘でしたか?これまで様々な便秘薬を試したり、食物繊維、水分を摂っても治らなかったという人はタイプが違っていたのかもしれません。

それでは解決方法を紹介します。


弛緩性便秘の場合、便を押し出す際の腹筋が弱まっていることが大きな原因なので、まずは腹筋を鍛えることが大事です。食事の面では食物繊維をたっぷりと摂ることが有効とされています。

就寝前と起床後にコップ一杯の水を飲むことで腸の動きが良くなることも期待できますので、上記の方法に加えて実行してみるとより効果がありそうです。


習慣性便秘の人は、朝食を抜くダイエットやバタバタと忙しい朝の過ごし方をしている人に多いのではないでしょうか?便秘薬を常用している人も多いので、まずは朝食をしっかりと摂って、朝食後に排便を促す習慣をつけることが大事です。


けいれん性便秘の人は食事に注意です。あてはまる人は刺激的な食べ物や便秘薬で腸を刺激してはいけません。こんにゃくや海藻など、水溶性の食物繊維を摂ることで改善が見込めます。

また、市販の便秘薬も一概に効果があるとは言えず、タイプによって向き不向きがあります。市販の薬を使用する場合は自分の便秘のタイプを見定めてから購入することをお勧めします。

この記事をシェアする

関連記事