• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

いつもポッコリ腹に悩んでいませんか?便秘改善によく効く簡単な方法

Date:2012.05.22

あなたは2、3日お通じがなく苦しくなっていませんか?2、3日お通じがなくても、すっきり排便できていて、不快感がなければ問題はありません。毎日お通じがあるのに、便が残っているような不快感がある人は便秘です。

便秘は、肩こり・イライラ(不快感)・むくみ・肌荒れなど、体に多くの不調を引き起こします。便秘に悩み、市販の薬にたよってしまうと、体は自然に排出する習慣がなくなってしまい、より便秘がひどくなってしまいます。

1週間お通じがなく苦しみ、救急車で運ばれるといったケースもあるようです。女性は筋力が弱いため、男性より便秘になりやすいのです。便秘の改善には、筋力をつけることが効果的です。

ですが、女性は筋力をつけるのは難しく、時間がかかります。運動する時間がなかったり、内勤で同じ姿勢でいることが多かったりと、女性は筋力をつけることが難しく、薬に頼ってしまいます。

そこで、便秘にお悩みの女性におすすめの、入浴方法があります。便秘改善に効果的な「座浴の方法」をご紹介致します。

座浴の仕方

まず、浴槽に20~30センチ位のお湯をためてください。5~10分間お尻をつけて温まりましょう。大きめの洗面器にお尻だけつける入浴方法も、簡単でおすすめです。

浴槽と同様に、5~10分間お尻をつけて温めてください。湯船にエッセンシャルオイル1滴たらしよく溶かしてつかると、鎮静作用があります。

座浴で「温冷交互浴」をする場合は、洗面器を2つ用意して、お湯と水をそれぞれにそそぎ入れ、お湯は3分位、水は20秒程度、交互に座ってください。交互入浴を10分程度行います。血管とリンパ管の拡張を促す温冷刺激で、体液の循環が活発になります。

注意点

「座浴」は、デリケートな下半身のみをお湯につける入浴法です。使うエッセンシャルオイル(精油)の量は1滴、多くても2滴までに留めて、よくかき混ぜてから入浴してください。

入浴剤を使用して入浴した場合は、入浴後はよく洗い流してください。人によって、かゆみなどが起きる場合があります。パッチテストを行ってから、使用してください。

座浴の効能

「座浴」は女性にお悩みの方が多い便秘、膀胱炎、月経不順痔疾の改善に効果的です。発汗作用を良くし、女性特有の疾患に効きめがあります。

エステでは漢方よもぎ蒸し座浴が人気です。美容やダイエットとしても効果があります。また、おしりのケアとしてもおすすめです。

おしまいに

薬に頼らず日々の運動を心がけ、注意点を守りながら「座浴」を習慣化し、便秘改善して健康的な日々をおくってください。

この記事をシェアする

関連記事

コメント