• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

おやつに食事に。毎日食べたい美肌に効く食べ物で若見え潤い肌に!

Date:2014.11.15

化粧品やエステなどで、外側からのお手入れをばっちりしている人は多いはず。外側からのケアをより効果を出すためには、体の内側からのお手入れも大切です。毎日食べるものでより美しく輝く美肌を実現できたら、嬉しいですよね!

今回はそんな願いを手軽に叶える美肌食材9つをご紹介します。

①かぼちゃの種

スペインではペピートという名前で誰でも大好きなおやつである、かぼちゃの種。実はものすごい美肌成分を持った隠れたヒーロー食材なのです。

美肌ビタミンのビタミンE、亜鉛、マグネシウムが豊富に含まれているほか、肌の再生に必要なたんぱく質も入っています。

おやつやちょっと小腹がすいたときにつまむのにもおすすめ。小さいから、持ち歩きにも便利ですね。できれば塩や油などが使われていない素焼きのものを食べましょう。

②人参

生でも食べられる人参は、お手軽な美肌食品の代表選手。人参に含まれるベータカロテンは、体内でビタミンAに変換され、肌の調子をノーマルに整えてくれます

そのままぽりぽり食べる他、りんごやミントと一緒にジューサーにかけて朝食のラテの代わりに飲んでも。よりヘルシーに一日を始めることができますね。

③サーモン

日本食に欠かせない、サーモン。美肌に欠かせないオメガ3オイルをたっぷり含んでいます。オメガ3は体の炎症を抑え、体や肌の老化を防いでくれる効果があります。

新鮮なサーモンにレモンジュースをかけ、アルミホイルで包んでオーブンで20分から30分焼けば、クイックでおいしいディナーのできあがり。玉ねぎやきのこ類を一緒に包んだら、もっと健康的でおいしいごはんになります。

④ブルーベリー

輝く瞳にお役立ちの、このフルーツ。実は美肌にもうれしい効果がたくさんあります。抗酸化物質、ビタミン、ミネラルがつまったこのブルーベリーを食べることで、絶えず刺激に晒されている私たちの肌を癒してくれますよ。

生でもジャムでも美味しいですが、生のブルーベリーを冷凍庫で凍らせて食べると、シャーベットのような食感で暑い夏の涼しいおやつになります。

⑤枝豆

ビールのお供にぴったりの、枝豆。言わずと知れた女性お助け成分のイソフラボンがたっぷり含まれています。イソフラボンはシワや肌の硬化を予防して若々しい肌を保ってくれます。また、女性特有のガンや糖尿病を防いでくれる効果もあるとか。

ビールの飲み過ぎはだめですが、その分枝豆をたくさん食べちゃいましょう。

⑥いちご

カップ1杯のいちごは、一日に必要なビタミンCのなんと130%ぶんに相当するそう。ビタミンCはお馴染みの美肌成分。体内でコラーゲン生成に役立つ成分と言われ、肌の弾力となめらかさ、透明感を保つのに大切な役割を担っています。

⑦アボカド

たっぷりの脂肪酸とビタミンE、抗酸化物質を含んだアボカドは、美肌を目指す全ての方におすすめしたい食材です。

アボカドに含まれる良質の油分は、細胞の潤いを守り、健康にも大いに寄与することができます。また細胞壁の強化にもつながるので、良いものは取り入れ、悪いものは出すという代謝の改善にも役立ちます

アボカドサラダや、ツナと合わせたサンドイッチなど、お弁当にクイックランチにどんどん登場させましょう!

⑧お茶

日本の伝統的飲料、お茶。食べ物ではありませんが、その美肌効果には無視できないものがあります。

緑茶に含まれるポリフェノールは抗酸化作用が強く、またその香りと成分が心を落ち着かせ、体をリラックスさせてくれます。心と体がゆったりとほぐれることで、精神的にも炎症やストレス肌とは無縁の状態を作り出してくれるのです。

⑨カカオ

抗酸化作用たっぷりのカカオ。これを食べると食後二時間は体中の血流が増加するそうです。これは、即効で体を温め、若返らせてくれるということですよ、皆さん!!血流が増加することで、皮膚細胞に栄養が行き渡っていきいきとしてきます。

無糖のココアをヨーグルトに振りかけたり、お湯でといて頂きましょう。ほっとするおやつにぴったりのお供になりますよ。

毎日取り入れて美肌になりましょう

いかがでしたか?いつもスーパーでも見る身近な食材に、実はたくさんの美肌効果が隠れていたのですね!おやつに、おつまみに、毎日の食事にどんどん取り入れて、どんどんきれいになってしまいましょう。この記事がお役に立ちますように。

この記事をシェアする

関連記事