• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美容液の正しい使い方。適切な順番と使い方で美肌を作る!

Date:2017.07.20

スキンケアアイテムとして美容液を使っていますか?美容液は美容成分が多く配合されているので、使っていれば美肌になれるはず、と思っていませんか?

美容液には適切な使い方があるのですよ!それを守らずに使っていると美容液の効果が半減してしまいます!

美容液を使っている、これから使おうと思っている方、美容液の正しい使い方をしっかりとマスターしましょう!

あなたは大丈夫?美容液の間違った使い方

美容液を使っているのに期待するほどの効果が得られない、それは美容液の使い方や選び方が間違っている可能性が考えられます。

まずは、よくありがちな間違った美容液の使い方についてまとめてみました。

▼美容液の効果を知りたい方はコチラ!

よくばりはNG、いくつも重ねづけする

美容液について調べてみると効果が期待できそう!浸かってみたいと思う美容液がいくつも見つかることが出てきます。

また肌の悩みがたくさんありすぎて、悩みごとに美容液を選んでしまうと使う美容液の数が多くなったりします。

美容液の重ねづけは基本的にNGです。いくつも使えばその相乗効果が期待できると考えてしまいますがその逆になる可能性が高いからです。組み合わせによっては肌に刺激やトラブルを起こす危険性も高くなります。

しかも、美容液をたっぷりとつけても肌に吸収できる量は決まっていますのでたくさん重ねづけしてもあまり意味がないのです。

どうしても複数の美容液を使いたいときは

  • 朝と夜で使い分け
  • 部位ごとで使い分け
  • 一定サイクルで美容液を変える
  • 肌の状態で使う美容液の種類を決める

などして同じ部分に二種類以上の美容液を一度に使わないように工夫してみましょう。

つけるときとンパンたたいてパッティングはお肌を傷めるもとに!

美容液をつけて浸透力をアップさせるためにパンパンお肌をたたいてパッティングしていないでしょうか?

これは他のスキンケア製品を使用するときにも言えることですが肌を確実に傷めます!

肌を適度な力でパッティングすると肌の血行を良くして美容液の浸透を高めてくれるメリットが期待できます。しかし力が強すぎると逆効果。肌の毛細血管が切れてしまいます。

それよりも顔全体に美容液をつけて手のひらで顔全体を覆って温めて浸透させるほうが肌に優しくしかも美容液をしっかりと浸透させるのに有効なのですよ。

つけすぎ注意!適量を使用すること!

早く美容液の効果を実感したい!肌の悩みを早く解決したい!と考えるとつい多めに美容液をつけてしまうことがあります。

しかし肌が栄養を吸収できる量には限りがあります。当然それ以上美容液やスキンケア製品を使用しても肌に吸収されずムダになります。

美容液を無駄に使ってコスパも悪くなりますね。

そしてもう一つ、つけすぎのデメリットが肌を乾燥させる危険性。もともと肌は自ら皮脂を分泌させて肌を潤わせようと働いてくれます。その働きが美容液の影響で弱くなることもあるのです。

さらにはつけすぎで酸化がすすむ危険性も!潤い効果の高い美容液には油分が多く含まれていることがあり、それが紫外線に触れて酸化を起こすと大変!

  • シミ
  • くすみ
  • ニキビ

といった肌トラブルを引き起こす原因を作るのです。

肌荒れしているのに美容液で改善しようとする

何かしらの原因で肌が荒れること、ありますよね。そんなときは栄養たっぷりの美容液で肌コンディションを改善しようと考えるかもしれません!

肌荒れしているときは美容液の使用を控えた方がいいのです。肌が荒れているときは肌のバリア機能が低下しています。

それなのに美容液が肌にとって刺激となり、さらに肌荒れを悪化させる危険性を高めてしまいます。

また美容液が肌荒れやトラブルの原因になっていることがあります。肌荒れが治ってから美容液を使用して再度肌荒れを起こしてしまったときは美容液があなたの肌似合わなかったと思ったほうがいいですね。

面倒だから他の化粧品と混ぜて使う

化粧水、美容液、クリームなどの機能を持ち合わせている多機能化粧品。スキンケアの時間短縮アイテムとして人気がありますよね。

それと同じように美容液もオールインワン化粧品や乳液、クリームと混ぜて使えば時間短縮になると思って混ぜて使っていませんか?その使い方、NGですよ!

美容液と他の化粧品を混ぜ合わせると成分によっては分離してしまう、美容液の浸透が悪くなってしまうことがあるからです。基本的には分けて使いましょう。

その美容液大丈夫?時間が経過した美容液を使う

高価な美容液を購入するともったいなくてちびちび使う、いくつもの美容液を使い分けているので美容液のへりが遅い、なんてことありませんか?

美容液も鮮度が大切であまりにも時間が経過している美容液は使わないことをおすすめします!特に有効成分としてビタミンC誘導体を使用している美容液は要注意!

ビタミンC誘導体は酸化に弱いのです。酸化した状態で使用しても期待する効果は得られませんよ。

美容液は開封してから1~3か月で使い切るのが理想です。また未開封の美容液ですが購入してから3年以内に使うようにしてくださいね。

美容液の鮮度を保つためにも保管場所にも注意が必要ですよ。直射日光のあたる場所や温度の低すぎる場所、高すぎる場所には保存しないようにしてくださいね。

基本に忠実に!美容液の正しい使い方とは

美容液は正しく使用することで高い効果を実感しやすくなりますよ。美容液の正しい使い方について説明していきますね。

いつ使うのがベスト?美容液を使用する順番

美容液はスキンケアのいつに使用していますか?スキンケアの基本的な順番は下記の通りです。

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 化粧水
  4. 美容液
  5. 乳液orクリーム

クレンジングと洗顔で肌の汚れをしっかりと落とすとスキンケアアイテムの浸透力が高くなります。

そして化粧水で肌に水分を与えると肌が柔らかくなってその後の美容液の浸透を助けてくれるのです。

美容液の前にクリームや乳液を塗ってしまうとそれらに含まれる油分が美容液の有効成分浸透を妨げるように働いてしまいます。

製品によってはスキンケアの化粧水の前につけたりするものがあり一般的な美容液と使う順番が異なることがあります。その場合は商品説明に従ってください。

つけすぎはNG!美容液をぬるときのコツ

美容液をつけるときの基本、気を付けたいポイントについてまとめました。

適量を使う
美容液をつけるときは適量を肌にぬります。適量は各美容液の商品説明に従ってください。1,2プッシュ程度が適量という商品が多く見られます。
小分けにして塗る
一種類の美容液を使う場合、一か所にまとめて付けるとそこから顔全体に美容液を伸ばすため肌に必要以上にダメージが加わります。

おでこ、小鼻、頬、あごといった顔の部分に美容液を分けて伸ばしていくのがコツです。こうやって小分けにしてつけるとぬりムラも抑えられます。

気になる部分は指の腹で優しく抑える
乾燥しがちな目の下、ほうれい線など特に気になる部分は美容液を集中して浸透させたいですよね。

そんなときは気になる部分を指の腹で優しくプッシングするのが効果的。ゴシゴシこすり込むのは絶対NGですよ!

仕上げは熱で浸透
美容液を付けたら手のひらで顔全体を覆って美容液を浸透させましょう。顔を温めると毛穴が開いて有効成分の浸透力がアップします!

一度使い方をマスターすればそれほど難しくはありませんよ!

正しく使って美容液効果アップ!美肌作りに役立てよう

美容液の選び方や使い方で間違っていた点、ついやってしまっていたような習慣、該当しませんでしたか?

せっかくお金を払って美容液を購入しているのですからそれなりの効果を得たいですよね。

美容液は正しく使うことで高い効果を実感しやすくなりますよ!美容液を使っている方は自分の使い方を見直して正しい使い方で使うようにしてみてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事

コメント