• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

意外と知らない美白方法!?1日1杯のコーヒーが重要な理由とは

Date:2012.10.30

素肌をさらしたい夏が来る前に…本格的な美白&シミ対策をしたいところ。方法はいろいろありますが、なんと意外な研究結果、毎日コーヒーを飲むことがシミ予防に直結します。

コーヒーに多く含まれるポリフェノールの1種クロロゲン酸の働きを知って「美味しく飲んで、夏の準備」。これなら続けられそうですね。

ポリフェノールとは

ポリフェノールとは、緑色植物の光合成によってつくられる「渋み」や「色」の成分です。なので、自然界の多くの植物に含まれています。その種類は5000種以上で、例えばお茶に含まれる「カテキン」、赤ワインの渋みを出す「タンニン」などが代表的。

実は日本人の場合1日に摂取する必要量のポリフェノールの約半分を「コーヒー」からとっていた。ふつうポリフェノールと言うと、まっさきに、赤ワインが思い浮かぶでしょう。しかし、ワインを日常的に飲むか、というとそうでもありません。

その点、コーヒーは朝に、ブレイクタイムに、仕事帰りにと手軽に飲めるアルコールを含まないポリフェノール含有飲料です。このポリフェノール、女性に嬉しい効能がいっぱいです。

ポリフェノールの威力

ポリフェノールの一種でコーヒーに多く含まれるのが、「クロロゲン酸」です。このクロロゲン酸は、効率的に、紫外線などで引き起こされる肌の黒化(つまりシミ)を抑えてくれます。

1日に3杯ほどのコーヒーと、普通に食事や飲み物をとることで、「美白&シミ予防」ができるというわけです。

他にもクロロゲン酸の作用としては抗ガン作用、抗肥満作用、口臭抑制作用、血圧抑制作用、花粉症対策にもなります。

またクロロゲン酸だけに限らずポリフェノール全体の力はそれだけではありません。老化を促進させる「活性酸素」を除去する働きもあるのです。この活性酸素とは、普段の呼吸から体内で生成されるもので、病気やシミ、シワの原因になるものです。

また活性化酸素は呼吸からだけでなく、ストレス、飲酒、喫煙、過度の過労、紫外線からも多量に発生します。つまり、「悪い生活習慣からくる悪いもの」なのです。

この活性化酸素を除去するには、抗酸化作用の高いものを食べることが何よりも効果的です。抗酸化作用の高い、つまりポリフェノールを多く含む食材を摂取することが重要になります。ポリフェノールを取ることで、シミ、シワも防げる結果となるのです。

ポリフェノールの種類

コーヒーポリフェノールと呼ばれるのが「クロロゲン酸」です。含有量はカフェインよりも多く、糖尿病予防などにも効果が期待されています。

「イソフラボン」・・・実はポリフェノールです。大豆や大豆加工製品に多く含まれていて、女性ホルモンエストロゲンと同様の働きをします。女性らしい体のラインを整えてくれる、美肌効果など、積極的にとりたいポリフェノールです。

「カテキン」・・・りんごや緑茶に多く含まれる馴染みのあるポリフェノールです。こちらは体脂肪を燃えやすくしてくれます。また口臭抑制作用も強いので飲酒の後には最適です。

「エラグ酸」・・・イチゴやラズベリーに含まれる最強の美白ポリフェノール。メラニンの生成を防ぐ作用が驚くほど高く、美白成分として医薬部外品の指定を受けています。

などポリフェノールの種類とその効用は語りつくせません。渋みのあるもの、独特の風味のあるものには、ほぼ必ずと言っていいほど含有されています。

ポリフェノールのとり方

素晴らしいポリフェノールですが、弱点があります。その有効成分は2,3時間ほどしか持続しないのです。そのため、ポリフェノールが多く含まれる飲料や食材を工夫して、こまめに摂取する必要があります。

ですから、コーヒーはおすすめです。昼間はカフェインの作用でシャキッとさせてくれますし、シャキッとしながらシミ予防まで。そして何よりもリラックスさせてくれるあの香り…。思い出すだけで、飲みたくなりますね。

この記事をシェアする

関連記事