• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ポイントは4点!ダイエットにも効果的な「美人になれる姿勢術」

Date:2013.07.16

10代や20代前半くらいまでは、体重を落とせば自然とスタイルが良くなったものですが、年齢を重ねるにつれて、体重を減らすこととボディラインを整えることの間に距離ができてきますよね。

美しいボディラインを目指す上で欠かせないのが、「美しい姿勢」。今回は、スタイルアップのための立っているときの姿勢についてご紹介します。

背筋をのばす

「猫背でスタイルがいい人」ってなかなかイメージしにくいですよね。また、背中が丸まっていると、バストがどんどん下がっていってしまいます。

必要以上に胸を張る必要はありません。肩甲骨を内側に寄せるようなイメージで、背筋をピンと伸ばして立ちましょう。

お腹をひっこめる

下腹のポッコリは多くの女性が抱えている悩みではないでしょうか。全体的に痩せているのに、お腹だけ出ている、という方もいらっしゃいますよね。

立つときは、常にお腹をひっこめるようにしてみてください。「内側にひっこめる」というよりも「上に引き上げる」イメージを持ってやると、なおいいと思います。

ひざをくっつける

立ち姿を美しくするために、脚にも注意をはらいましょう。とても簡単で、ひざをくっつける、ということをやってみてください。これだけで女性らしく上品に見えますし、O脚の防止にもなります。

お尻をしめる

パンツスタイルの後姿をかっこよく見せるには、きれいなお尻が必要不可欠ですよね。立っているときは、常にお尻をしめるようにします。

電車の中で立っているときなどは、お尻をキュッとしめて10秒キープ、リラックスして、またしめて10秒キープ、という風に簡単なエクササイズをするともっと効果的です。

この記事をシェアする

関連記事