• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

メイク崩れ防止スプレーが使えない敏感肌さんのケアテク!

Date:2014.06.10

季節の変わり目になると、体調も変化についていくため調整しはじめますので、その調整についていけなくて体調がすぐれない事があります。お肌も汗を季節に向けて皮脂の量を調整しはじめるため、メイクもちの時間が短くなってくるものです。

皮脂は余分なもの脂を出してくれるわけですから、とても大切な分泌物です。今話題のメイク崩れ防止スプレーは、メイク前にスプレーするだけで皮脂のコントロールをしてくれ保湿するため、メイクが崩れにくくしてくれる夏には欠かせないマストアイテムです。

メーカーによってはリフトアップ効果のある成分を含ませているので、メイク崩れ防止と共にリフトアップまでしてくれます。

ですからほうれい線など気になりだす30代から40代の女性の間でも人気商品となり、コストパフォーマンスは良いとは言えないものの他のメーカーと比べると少し高めでありながらしっかりリフトアップさせるため注目されています。

メイク崩れ防止スプレーの成分

メイク崩れ防止スプレーはメーカーそれぞれによって特徴となる成分がありますが、共通して多いのがローズ水、カミツレエキス、アロエエキスなどです。ただこれらの植物成分のみだと日持ちしないため、添加物が入ります。例えばエタノールやグリセリンなど。

健康的なお肌をお持ちの方には何の刺激もないので他の化粧水のように使用できます。しかし、敏感肌な方の場合、肌に化粧水すらつけられない…化粧水をつけるとピリピリして刺激になってしまうものです。

刺激があるため化粧水が付けられないという事で戸惑ってしまうものですが、私が敏感肌だった時に相談に乗ってもらっていた某メーカーの美容アドバイザーの方は、化粧水をつけたことで肌が酸化を始めていることによるピリピリ感ではないかと言われていました。

結局、ピリピリしない液体は…美容オイルのみでした。それでしばらく化粧水をお休みしてオイルをつけていました。ただ…メイクが持たないのですぐにメイク崩れしていました。

それで、敏感肌がマックスにひどかったころは肌を保護する程度にファンデーションをつけていました。

しかし不必要にオイルを使い続けると肌に負担になるのでいつまでもオイルに頼っているのは良くないとアドバイスしてもらい、朝のパックで敏感肌を少しずつ克服しました。その後よくなったもののメイク崩れ防止スプレーは使えなくなりました。

スプレーは使えなくても朝のひと手間で!

敏感肌であろうと、健康な肌であろうとメイク崩れはするものです。メイク崩れ防止をするには肌にしっかり水分を補給しておき、保湿される状態を作る事!そして肌が脂でてかってきたらまめにあぶら取り紙でとることをしないこと!

皮脂がなくなったと勘違いしてさらに脂分を分泌し毛穴が開いてしまいます。ですから日中は脂をとり過ぎないこと。そして朝のメイク前に保湿をしっかりさせれるように、パックする事!ではパックとはどのようにできるでしょうか?

敏感肌な方におすすめなのが高保湿洗顔料です。きめ細かな泡を作って優しく洗いましょう。それから蒸しタオルで肌を柔らかくするかのようにパックしていきます。温かいので毛穴も開いてきます。

そのあと…ご自分が使用されている美容液をつけていき軽くたたきながら肌を冷却していきます。ここがポイントです!しっかり美容液成分が柔らかくなった肌に浸透した後毛穴を閉じさせてふたをします。

敏感肌こそ強みに!

スプレーは使えなくてもメイクの下地つくりである肌を整える事でメイク持ちを長くすることができますメイクを直したい時は、軽くティッシュで余分な皮脂をとり、美容液を少量はたいた上に洗ってきれいなパフで(水分を含ませて)ファンデーションをつけるときれいな仕上がりになります。

朝のひと手間で、敏感肌だからこそきれいな素肌を強みにして肌に合わせたナチュラルメイクを楽しんでいきましょう♪

この記事をシェアする

関連記事