• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

敏感肌さんがスキンケアを買い替える時に気を付けるべき事、すべき事

Date:2013.09.16

今のスキンケアに納得はしていなくても、「まぁ、肌のダメージになることはないから」「新しいスキンケアが肌に合うかどうかが分からないから」と今までの商品を使い続ける敏感肌さんは多いようです。

敏感肌の方にとって、スキンケアを買い替えるのはギャンブルのようなもの。ダメージを受けるかどうかは、使ってみるまで分かりませんから。

でもスキンケアを一新したくなったら?
肌環境が変わって新しい悩みが増えた時、スキンケアを変えたくなることってありますよね。この記事では、敏感肌さんがスキンケアを買い替える時のポイントや方法を紹介します。スキンケアを変えたい気分になった時は、参考にしてくださいね。

スキンケアを変えるタイミング

女性のお肌の調子は、ホルモンバランスによって左右されがちです。
特に生理前や生理中は普段よりも特に刺激に対して敏感になっており、お肌もダメージを受けやすい状態になっています。この時期に新しいスキンケアにチャレンジするのは、避けた方が無難です。

逆にお肌の調子がよくなる生理後は、新しいスキンケアにチャレンジする絶好のタイミング。スキンケアを一新する時や、試供品を試してみる場合は、この時期に行うようにしましょう。

購入したら、まずやるべき事

「面倒くさいから」とついついサボりがちですが、パッチテストの結果はそのスキンケアが肌に合うか合わないかを判断する重要な材料になります。新しいスキンケアを手に入れたら、まずはパッチテストを行いましょう。

パッチテストの方法は、以下の通りです。

1. 使用したい化粧水や乳液を皮ふの柔らかい部分(二の腕や太ももの内側)に
塗る。範囲は、10円硬貨くらいの大きさで。

2. こすったりしないように気を付けて、24時間様子を見る。

3. 24時間経過しても異常がなければ、スキンケアの使用を開始します。

24時間以内であっても、塗布した部分に異常を感じた場合はすぐにパッチテストを中止しましょう。

逃げ場を用意しておきましょう

パッチテストでは問題がなかったとしても、使用していくうちに異常が表れはじめることも少なくありません。お肌に異常を感じた時に、すぐにでも今まで使用していたスキンケアに戻せるように、「これは大丈夫」という安心できるスキンケアを一式準備しておきましょう。

簡単なのは、今まで使用していたスキンケアをある程度の量を残しておいてから、新しいスキンケアを使い始める方法。ついつい古いものを使いきってから新しい商品を使い始めたくなりますが、敏感肌さんの場合は、新しい商品で肌荒れをおこした時のために“逃げ場”を作っておくことも大事です。

今まで使用していたスキンケアに戻してからもなかなかお肌の調子が戻らならいほど肌荒れが深刻な場合は、皮ふ科医を受診しましょう。
肌荒れ対策は、早めの対応が重要です。対応の遅れは肌荒れを長引かせる原因になりかねませんので、「おかしいな」と思ったら相談できる信頼のおける皮ふ科医を見つけておくことも大事ですね。

この記事をシェアする

関連記事