• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

スタイルの良し悪しは関係ない!美人の条件は○○を美しくすること

Date:2014.01.19

日本の女性は美意識が高い人が多く、自分の体型に自信が持てなかったり体型を常に気にする人も多いですね。しかし他国の女性を見ると日本人はスタイルが良い方なのです。果たして美人の条件にスレンダーな体型は必要なのでしょうか?

痩せた体は本当に魅力的?

私は学生時代、美大を受験する友人に頼まれて、絵の練習のためにモデルをしたことがあります。友人は私をモデルに絵を描き、先生に見せて採点してもらうという方法で絵の練習をしていました。

最初に私が絵のモデルをしてから友人に絵を見せてもらった時驚いたのは、絵にされた自分の体が思いのほか太かったことです。友人は私に描き終わった絵を見せてこのように話してくれました。

「女性の絵を描く時は特に実物より太く描かなきゃいけないんだよ。女性の体は曲線が大事だから」

他の絵も見せてもらいましたが、確かにどの女性の絵も似たような体型になっていました。友人曰く、本来は絵のモデルに選ばれやすいのは痩せている女性よりも曲線美がある、いわゆるグラマーな体型の女性の方が多いそうです。

この例は美術の話なので参考になるかはわかりませんが、女性の美しさは体型だけでは決められないものなのではないでしょうか。

末端が美しい

美人と言われる女性は、体の末端に気を遣っている人がほとんどです。髪や肌、指先、足元に気を遣っていてキレイなのです。また、スカートやジャケットの裾にシワがありませんし、バッグなどの小物も傷みがありません。

おそらく美人と言われる女性は自分の体も持っているモノも丁寧に扱っているのでしょう。どちらも雑に扱っていると生活の仕方も雑であることが想像出来てしまいますよね。普段の生活の仕方や振る舞いは少なからず外見にも表れているのです。

そのため、自分を美しく見せたいのであれば髪や肌はケアをして、靴は丁寧に磨いておきましょう。そしてシワになりやすい服にはアイロンをかけて、バッグなどの小物は丁寧に扱うようにしましょう。

いくらブランド品やジュエリーを身につけて着飾っていても、あるいは体型がスレンダーでファッションモデルのようであっても、体の末端のパーツが汚ければ台無しです。必ずどこかは人に見られるところなので気を遣いたいですね。

汚い言葉は使わない

例えば誰かの悪口を言っているとき人の顔はどうなるでしょうか。全ての人がそうだとは限りませんが、大抵は少なからず眉間にシワが寄っているのです。

もしこの顔を10年、20年と続けていたらどうなるでしょうか。おそらく悪口や汚い言葉を言っていなくてもどこか不満そうな顔になっているでしょう。

美人のほとんどは悪口や汚い言葉は滅多に使わないので、このような表情を見せることは極端に少ないものです。できるだけ機嫌よく過ごすようにすることが美人の秘訣なのかもしれません。

今はメイクや整形、ダイエット、エステなどで外見を変えることは意外と簡単になっています。だからこそ、外見ばかりにこだわっていては見た目だけの美人になってしまうのです。本当に美人を目指すのであれば内面から磨きたいものですね。

この記事をシェアする

関連記事