• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今のあなたは美人?歳を重ねると変わる美人の条件

Date:2013.09.13

質問です…あなたが思う美人とは?この質問をすると本当に千差万別な答えが返ってきます。中でも容姿的なお顔が小さい、目が大きい、鼻が高い、スタイルがいいなどの要素が多く挙がります。確かに若い頃はこのような悩みを多く抱える女性が、メイクやエステ、整形に興味を持ちます。

これは日本人女性が欧米の女性への憧れから出てきた願望だという説もあります。実際そんな女性がコンテストで選ばれ、女優さん、モデルさんなど人々の憧れとして活躍されています。

しかし、年齢を重ねるとそんな事関係なくなってきます。昔は美人だったのに…という言葉もよく聞かれます。では、年齢を重ねると美人と言われるために必要な条件は何になってくるのでしょうか?

50代以上の女性をたくさん分析しているとわかってくるかと思います。だんだんこのように変化してきます。

1つ目の要素・・・お肌

顔の造形がキレイ→肌がキレイへ。…目が大きく美人だった方もたるんでくぼんで…という事も。年齢を重ねて出てくるのは、長い年月お肌に気を配ってきた様子がよく現れます。きっと日頃の表情、生活習慣、食習慣の蓄積。透明感があり、色むらや凹凸の少ない美しいお肌。

笑いジワはOK。色んな女優さんを思い浮かべればよくわかると思いますが、昔は美人でも老けたな…という方と、年を重ねても品があってキレイだな…と思う方の違いは、間違いなく目鼻立ちではなく、肌が重要な要素になってきます。

2つ目の要素・・・姿勢

スタイルがいい→姿勢がキレイへ。すごく痩せている、足が細い、ウエストがくびれている、胸が大きい…そんなのは関係なくなってきます。

年を重ねてもなお、凛としている佇まいは美人にしかできないもの。今までの生き様、その方全体の雰囲気をかもしだす姿勢は美人の必須条件となります。着物を美しくきている女性が、若い子にはない美のオーラを纏っているのは姿勢にあるのではないでしょうか。

3つ目の要素・・・内面

外見的要素→内面の現れ。見た目にも関係しますが、年齢を重ねれば重ねるほど、本当に性格が顔や仕草に出てきます。どんなに美人であろうと意地悪な方は意地悪な顔に、マイナス思考な方は暗い顔に、がさつな方は雑なお顔に…。

若い頃は、人は見かけでは判断できないと言いますが、年齢を重ねると人は見かけ道理な場合が多いです。犯罪を犯す方をニュースで見ても、そんな雰囲気よね…と言われる方がほとんど。何年何十年もの自分の内面が表情に刻まれ、行動に現れ、人にも見えるほどになります。

一方、いつもニコニコ笑顔で、明るく穏やかに人に優しく生きてこられた方は、やはり豊かな美しい顔に変わってきます。清く正しくきちんとしている方はきちんと整ったお顔に変わってきます。

これまで80代までの多くの女性と一緒にお仕事をさせてもらいましたが、昔の写真を見せて頂いた時に20代、30代より60代80代の今の方が美しい、と言える方と多く出会いました。もちろんその逆もあります。

年代によって美人の条件が違うと改めて感じた、私が一番憧れているある女性は、出会った時すでに83歳。成人式の写真を見るとずんぐりした体形で、お顔立ちも何と言っていいかわからないほどでした。

その女性は私こんなだったのよ、と笑いながら話してくださるとても明るい方で、それから美しくなるために美容の勉強をし、何十年と気を抜かないように頑張ってこられたそうです。カラーやパーマ、ピアスもされていて、毎日お化粧やマッサージ、ウォーキングも欠かさないそうです。

話し方も字も仕草も女性らしくゆったりとしていて、たくさんの方に囲まれ新しい事に常にチャレンジして、楽しんで毎日を過ごされていました。そして、私に、年をとればとるほどモテるようになったのよ、おかしいでしょ。と笑いながらお話されていました。

今は今の美の追求の仕方があり、美しい女性は努力を惜しまないと思います。しかし30代になり外見より上回る美の要素を感じるようになり、また内から出る美しさが結局外見にもつながっていく事を感じ、改めて自分を見つめ直していきたいと思うのでした。

本当の美人を目指す方は今は何が大事なのか、今までの自分とこれからの自分、ゆっくり見つめ直していきましょう。

この記事をシェアする

関連記事