• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ボデイクリームより数倍しみこむ。お風呂上りの体には絶対化粧水

Date:2014.12.17

乾燥の季節。お風呂上りがボデイしっとりのチャンスなのです。

少しずつ気温が下がり、空気も乾燥してきています。お肌が乾燥しているのに気がついている方も多いと思います。フェイスはちゃんとケアしていてもボデイはちょっと気を抜いていませんか?

素敵な香りのボデイクリームもたくさんありますが、今回はボデイクリームよりべたつかず、しかもしっとりとよくしみ込んで、さまざまな効果が期待できる「化粧水」をお風呂上りにお使いになることを是非おすすめしたいと思います。

お風呂上り10分以内にしっとりしみこませてください

お肌がしっとりするボデイソープなどを使っても、お風呂からでてタオルで水分をふくと外気にふれていきなりシューっと水分の蒸発を感じます。

お風呂上り10分以内、まだお肌がしっとりとしているうちに化粧水を手のひらにとり、ボデイにすーっとのばしていきましょう。

しっとりとしみこみ、しかもオイルやクリームのようにべたつきません。

化粧水は安いものでOK

フェイス用に使っているものよりグレード的にも安いものでかまいません。たくさんたっぷりとお風呂上りの柔らかい肌に水分を補給して潤いを閉じ込めます。

ドラッグストアなどには、あまり高くないたっぷりサイズの化粧水が何種類も売られています。化粧品メーカーからでているものでなくても大丈夫です。

洗剤メーカーや、製薬メーカーからたっぷりサイズで実質的なラインもでています。詰め替え用のものなどはたっぷり使える安心感がある気がします。

また、昔懐かしいヘチマコロンのような大き目ボトルのものなどフェイス用に成分がアッサリしているように思えても、ボデイ用でしたら満足感ありです。

追加でボディクリームを

さらにケアをしたいなあと感じるようでしたら、化粧水がなじんだ後、ボデイクリームでさらに角質の気になる部分をマッサージしましょう。さらに、ピカピカボデイを目指せますよ。

フェイスでも、いきなりクリームや下地クリームをつけるより、まずは化粧水やトーニングローションなどで肌を整えてからクリームをのせたほうがしっとり整いますね。それと同じで、化粧水で整えられたボデイにボデイクリームは上手に浸透するのです。

首、肘、膝、踵など。お風呂上りがお手入れの絶交のチャンス

実は一番年齢がでるといわれている首筋は、フェイスほどお手入れしていない「盲点」なのです。首筋によく化粧水をなじませて簡単なマッサージをすると、効果ははっきりわかるくらい歴然です。

フット部分、踵が毎年鏡餅状態になる方も多いと思います。ボデイメンテナンスが行き届いているかどうかの目安でもある肘と膝も肌が乾燥で角質化しやすいです。特に冬は、白っぽくまたは黒ずんでカサカサしてしまうことはありませんか?

お風呂上りの皮膚が柔らかくなった時がチャンスです。化粧水で水分を補給したあと、クリームでよくマッサージしましょう。

ついでのリンパマッサージも

年齢とともに脇の下から二の腕へのライン…驚くほど柔らかい肉がついてしまいます。

化粧水をのばしながらリンパの流れに沿ってマッサージしてみましょう。

つまんで脂肪を揉みほぐしたり。

脇の下周辺のリンパマッサージですが、一週間やってみると効果がはっきりわかります。太もも同様、柔らかい脂肪は揉みほぐしたりストレッチで効果がでやすいのです。しっかりついた筋肉だとなかなか落ちないと悩んでいる方も多いようですが…。

脚も同様、踝から膝、太ももにかけて化粧水でリンパマッサージしてみましょう。

習慣づけて女子オーラをUPさせましょう!

一度習慣にしてしまえば、バスルームを出たところに大きな化粧水のボトルを置いて、タオルドライだけでは落ち着かなくなるはずです。

自分の体をチェックし大切にケアする気持ちと丁寧にボデイに化粧水を伸ばしてゆく時間は「女子力の高い時空間」です。そんな時間を持つことで、あなたの中の女子オーラが進化し始めるはずです。ぜひこの冬から始めてみてください。

この記事をシェアする

関連記事