• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

しわ治療に強い味方ボトックス!治療前に知っておきたい知識と副作用

Date:2014.11.22

私たちの肌は実年齢と一緒で、日々年を取っていきます。その肌の老化の代表がしわです。しわもいきなりできるのではないのですが、ある朝ふと鏡を見たら目元にカラスの足のようなしわが…なんて、まるで一晩のうちに起こってしまったような錯覚を受けます。

そこで焦ってしわ取りクリームを使ってみたり、アンチエイジングの美容液を足してみたりと色々とするものの、一晩でしわが消えてしまうなんてことにはなりません。

でも今すぐにでもどうにかしたい…そうなったら、まず整形、つまりリフトアップの手術があります。でも、メスを使ったりする手術は勇気がいますよね。そんな時、候補に挙がるのが「ボトックス」です。

ボトックスはメスを入れたり、縫合したりするのではなく、注射でしわをなくす美容法です。そう聞くと「なんて素敵な方法なのだろう」と思いませんか?そうですね、ボトックスをしわ治療法の一つとして候補に入れてみるといいでしょう。

でも、まずボトックスについて知識を得て、ボトックスはどういうものなのか、副作用はどうなのか、代わりとなるものはないのかなどを知ってから決めませんか?

ボトックスとは?

ボトックスとはボツリヌス菌から抽出されるたんぱく質の一種です。人体に無害だということで、アメリカのFDAで認可を受けており、安全性は保障されています。元は医療目的で作られたものですが、現在は美容目的にも使われています。

これは表情で出来るしわに効果的で、目じりのしわ、眉間のしわなどに注射で注入し、筋肉をリラックスさせ、しわが作られないようにするものです。肌のきめも細かくなり、肌年齢、見た目年齢が10歳ほど若くなります。

効果が表れるまで通常2-5日ほどかかり、3-6か月持続します。また、この他にも小顔や多汗症、エラ張りの治療としても使われています。

ボトックスのメリット

1. メスがいらない

美容整形手術とは違い、メスを使ったり、縫合をしません。

2. 短時間で出来る

注射で液を注入するだけで、注入自体は5分から10分程度で終わり、その後すぐに化粧もできます。

3. 効き目が表れるのが早い

アンチエイジングクリームを塗るのとは違い、一般的に、早ければ数時間、大体2日から5日、長くて2週間くらいで効果が見えます。

4. 人に気づかれない

傷跡が残ったりもせず、ゆっくりと効果が表れていくため、人にも気づかれにくいです。

5. 元に戻すことができる

整形手術と違い、ボトックスは3か月から6か月の効果持続のため、万一出来上がりが気に入らなくても、時間とともに施術前の状態に戻ります。

6. 持続できる

適切なタイミングで注射を打ち続ければ、そのまま効果が延長されていきます。

デメリット

1. 続けて打たなくてはいけない

ボトックスは一回注射すればずっと持続するわけではなく、3-6か月でしわがもとに戻ってきます。持続させるためには、打ち続けるしかありません。

2. 金額が高い

施術するクリニックや注入する場所にもよりますが、一回、一か所につき3万円から5万円くらいは少なくともかかるようです。続けて打っていくと、かなりの痛手になり、とはいえ、効果が良いことから、中毒的にやめられなくなる方が多いようです。

3. 副作用の可能性も否めない

安全性は認められていることは間違いありませんが、どうしても副作用はあるものです。確率的には低いですが、打った部分周辺(まぶたなど)の筋力低下を起こったケースも報告されています。しかしながら、大体は1-2週間ほどで改善するようです。

4. 医者を慎重に選ぶ必要がある

良心的な金額で綺麗に施術してくれるクリニックも沢山あります。でも、一方で、施術が下手な医者もいることは事実です。量と注入する場所を間違えたら、仕上がりが変になってしまいます。

あくまでもボトックス注射も「美容整形」の一つなのです。しっかりとコンサルティングを受けて、慎重に医者選びをしましょう。

塗るボトックス?

塗るボトックスというものを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?でも、これはボトックス注射とは違い、しわを改善させてくれるアルジルリンという成分が含まれているもののことです。

塗るだけのもので、副作用もなく、1か月くらいからしわが薄くなり始めるといった効果が出始めます。金額も高くないので、続けやすいのが特徴です。

じっくり考えて決断を

いかがでしょうか?ボトックス、貴女にとって魅力的でしたか?それとも、気が変わってやめたくなりましたか?もしボトックスをやめても、他にも方法があるのです。こちらでご紹介したことを参考に、是非自分自身、そして医師とじっくり相談し、決められてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事